健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|泥亀汁 近江商人の夏バテ予防食(滋賀県)

郷土料理|泥亀汁 近江商人の夏バテ予防食(滋賀県)

泥亀汁(どんがめじる)は、滋賀県湖東地方に伝わるみそ汁。“日本三大商人”のひとつといわれる近江商人が、夏バテ予防のために食べていた郷土料理です。名前だけ聞くと少し驚きますが、もちろん泥や亀が入っているわけではないのでご安心を。今回は、泥亀汁の栄養やレシピについてご紹介します。


泥亀汁(どんがめじる)は、滋賀県湖東地方に伝わるみそ汁。“日本三大商人”のひとつといわれる近江商人が、夏バテ予防のために食べていた郷土料理です。名前だけ聞くと少し驚きますが、もちろん泥や亀が入っているわけではないのでご安心を。今回は、泥亀汁の栄養やレシピについてご紹介します。

郷土料理「泥亀汁」とは

泥亀汁は、滋賀県の湖東地方を中心に県内全域で食べられている郷土料理。ナスをだし汁でやわらかく煮込み、味噌とすりごまを加えて作ります。泥亀汁の名は、味噌とごまで濁った汁にナスが浮かぶ様子が、泥沼を泳ぐ亀(スッポン)のように見えることに由来するのだそう。ナスは、味が染み込みやすいよう表面に格子状の切れ目を入れるのがポイント。こうすることで、ますます亀の甲羅のように見えますね。

湖東地方は、近代商社の原型を作ったといわれる近江商人の発祥地として知られます。日本中を歩き回っていた商人たちにとって、汁物なので食べやすく栄養も摂れる泥亀汁は、暑い夏に欠かせないソウルフードだったようです。あたたかいままではもちろん、冷やして食べることもあるそうですよ。

泥亀汁の栄養

ナスを皮ごと食べるので栄養満点

夏に旬を迎えるナス。90%以上を水分が占め、実にも皮にもさまざまな栄養があります。特に、紫色の皮に含まれるポリフェノールの一種・ナスニンは、抗酸化作用があるといわれています。ナスニンは水溶性なので、栄養を逃がさずに食べるには汁物がよいのだそう。ナスを皮つきのまま使う泥亀汁なら、ナスニンをしっかり摂れますね。また、ナスに豊富に含まれるカリウムは、身体の熱を外へ逃がす作用があるといわれています。さらに、疲労回復の効果が期待できるアスパラギン酸も含まれているため、夏バテ対策におすすめです。

ナスの栄養については、下記の記事も参考にしてみてください。

ナスと味噌の組み合わせは相性抜群

ナスに含まれるβカロテンは、体内での必要量に応じてビタミンAに変換されます。ビタミンAは、目や皮膚などの粘膜を健やかに保つのに役立ち、たんぱく質と結合することによって体内で運搬されます。味噌にはたんぱく質が含まれるので、ナスと組み合わせるのにぴったりです。

ナスと味噌の組み合わせについては、下記の記事も参考にしてみてください。

たっぷりのごまが冷え性の改善をサポート

ごまは、植物性食品のなかでも栄養価がトップレベルといわれています。特に注目したいのは、ごまからしか摂取できない「ゴマリグナン」。よく耳にする「セサミン」は、ゴマリグナンに含まれる成分のひとつです。セサミンには血行を促進させる作用が期待でき、冷え性の改善に役立つと考えられています。ごまの栄養を効率よく摂るためには、粒のままではなく、すったものを使うのがポイント。泥亀汁ではすりごまを使うので、風味だけでなく栄養もプラスできます。

ごまの栄養については、下記の記事も参考にしてみてください。

泥亀汁の作り方

泥亀汁の材料は、ナス・味噌・ごまといたってシンプル。作り方も簡単なので、暑い日の食卓の一品に加えてみてはいかがでしょうか。

<材料(4人分)>
・ナス…2本
・味噌…大さじ3
・ごま…大さじ4
・だし汁…3カップ

<作り方>
1.ナスのガクとヘタを取り、縦半分に切る。亀の甲羅に見えるよう皮に格子状の切れ目を入れ、水にさらしてアク抜きをする。

2.鍋のだし汁にナスを入れて煮立たせる。沸騰したら火を弱め、ナスがやわらかくなるまで煮る。

3.ごまはすり鉢ですっておく。だし汁に味噌を溶かし、仕上げにすりごまを加えてかきまぜる。

参照:農林水産省Webサイト

みそ汁が染み込んだナスはジューシーで、香ばしいごまの風味がよく合います。泥亀汁のレシピは、地域や家庭によってさまざま。ナスをお好みで素揚げにしたり、ごま油で炒めたりするのもおすすめですよ。ぜひアレンジして作ってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。