健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|泥亀汁 近江商人の夏バテ予防食(滋賀県)

郷土料理|泥亀汁 近江商人の夏バテ予防食(滋賀県)

泥亀汁(どんがめじる)は、滋賀県湖東地方に伝わるみそ汁。“日本三大商人”のひとつといわれる近江商人が、夏バテ予防のために食べていた郷土料理です。名前だけ聞くと少し驚きますが、もちろん泥や亀が入っているわけではないのでご安心を。今回は、泥亀汁の栄養やレシピについてご紹介します。


泥亀汁(どんがめじる)は、滋賀県湖東地方に伝わるみそ汁。“日本三大商人”のひとつといわれる近江商人が、夏バテ予防のために食べていた郷土料理です。名前だけ聞くと少し驚きますが、もちろん泥や亀が入っているわけではないのでご安心を。今回は、泥亀汁の栄養やレシピについてご紹介します。

郷土料理「泥亀汁」とは

泥亀汁は、滋賀県の湖東地方を中心に県内全域で食べられている郷土料理。ナスをだし汁でやわらかく煮込み、味噌とすりごまを加えて作ります。泥亀汁の名は、味噌とごまで濁った汁にナスが浮かぶ様子が、泥沼を泳ぐ亀(スッポン)のように見えることに由来するのだそう。ナスは、味が染み込みやすいよう表面に格子状の切れ目を入れるのがポイント。こうすることで、ますます亀の甲羅のように見えますね。

湖東地方は、近代商社の原型を作ったといわれる近江商人の発祥地として知られます。日本中を歩き回っていた商人たちにとって、汁物なので食べやすく栄養も摂れる泥亀汁は、暑い夏に欠かせないソウルフードだったようです。あたたかいままではもちろん、冷やして食べることもあるそうですよ。

泥亀汁の栄養

ナスを皮ごと食べるので栄養満点

夏に旬を迎えるナス。90%以上を水分が占め、実にも皮にもさまざまな栄養があります。特に、紫色の皮に含まれるポリフェノールの一種・ナスニンは、抗酸化作用があるといわれています。ナスニンは水溶性なので、栄養を逃がさずに食べるには汁物がよいのだそう。ナスを皮つきのまま使う泥亀汁なら、ナスニンをしっかり摂れますね。また、ナスに豊富に含まれるカリウムは、身体の熱を外へ逃がす作用があるといわれています。さらに、疲労回復の効果が期待できるアスパラギン酸も含まれているため、夏バテ対策におすすめです。

ナスの栄養については、下記の記事も参考にしてみてください。

ナスと味噌の組み合わせは相性抜群

ナスに含まれるβカロテンは、体内での必要量に応じてビタミンAに変換されます。ビタミンAは、目や皮膚などの粘膜を健やかに保つのに役立ち、たんぱく質と結合することによって体内で運搬されます。味噌にはたんぱく質が含まれるので、ナスと組み合わせるのにぴったりです。

ナスと味噌の組み合わせについては、下記の記事も参考にしてみてください。

たっぷりのごまが冷え性の改善をサポート

ごまは、植物性食品のなかでも栄養価がトップレベルといわれています。特に注目したいのは、ごまからしか摂取できない「ゴマリグナン」。よく耳にする「セサミン」は、ゴマリグナンに含まれる成分のひとつです。セサミンには血行を促進させる作用が期待でき、冷え性の改善に役立つと考えられています。ごまの栄養を効率よく摂るためには、粒のままではなく、すったものを使うのがポイント。泥亀汁ではすりごまを使うので、風味だけでなく栄養もプラスできます。

ごまの栄養については、下記の記事も参考にしてみてください。

泥亀汁の作り方

泥亀汁の材料は、ナス・味噌・ごまといたってシンプル。作り方も簡単なので、暑い日の食卓の一品に加えてみてはいかがでしょうか。

<材料(4人分)>
・ナス…2本
・味噌…大さじ3
・ごま…大さじ4
・だし汁…3カップ

<作り方>
1.ナスのガクとヘタを取り、縦半分に切る。亀の甲羅に見えるよう皮に格子状の切れ目を入れ、水にさらしてアク抜きをする。

2.鍋のだし汁にナスを入れて煮立たせる。沸騰したら火を弱め、ナスがやわらかくなるまで煮る。

3.ごまはすり鉢ですっておく。だし汁に味噌を溶かし、仕上げにすりごまを加えてかきまぜる。

参照:農林水産省Webサイト

みそ汁が染み込んだナスはジューシーで、香ばしいごまの風味がよく合います。泥亀汁のレシピは、地域や家庭によってさまざま。ナスをお好みで素揚げにしたり、ごま油で炒めたりするのもおすすめですよ。ぜひアレンジして作ってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。


郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。


健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

イタリア料理やその食材が広まるにつれて、日本でも食べられることが多くなった「アクアパッツァ」。魚介中心なので、イタリア料理の中でもヘルシーなメニューです。今回は、アクアパッツァの定番具材とその栄養についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。