健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
美容法|毎日のリップケア&リップメイクでマスクを外しても美しく

美容法|毎日のリップケア&リップメイクでマスクを外しても美しく

マスクが欠かせない生活が続くなか、口元が隠れるからとリップケアがおざなりになっていませんか?長時間マスクを着けていると、乾燥や摩擦によって唇が荒れてしまうことも。唇の状態は顔の印象を決める重要なポイント。唇がぷるんとしていると、表情がイキイキとして見えます。マスクを外した時、唇がガサガサしていると残念な印象に……。今回は、ハリのある唇をキープするためのリップケアとリップメイクについてご紹介します。


マスクが欠かせない生活が続くなか、口元が隠れるからとリップケアがおざなりになっていませんか?長時間マスクを着けていると、乾燥や摩擦によって唇が荒れてしまうことも。唇の状態は顔の印象を決める重要なポイント。唇がぷるんとしていると、表情がイキイキとして見えます。マスクを外した時、唇がガサガサしていると残念な印象に……。今回は、ハリのある唇をキープするためのリップケアとリップメイクについてご紹介します。

唇が荒れる原因とは

皮膚が薄くデリケートな唇。外気が冷たく乾燥した冬は唇の荒れが特に気になりやすいものですが、実は1年中過酷な環境にさらされています。さらに、日常的にマスクを着ける習慣によって、唇にはますます負担がかかっているといわれています。

唇は他の部分の皮膚よりも角層が薄く、皮脂腺や汗腺がありません。そのため皮脂膜をつくることができず、内部の水分が蒸発してしまいます。マスクをしていると、呼気によってマスクの中の湿度が保たれていると感じるかもしれません。しかし、マスクを外した時に水分が蒸発すると唇の水分も一緒に奪われ、乾燥が進んでしまいます。

また、唇には肌を紫外線から守るはたらきをするメラニン色素が少ないため、紫外線によるダメージを受けやすく乾燥や皮むけといったトラブルが起こりがち。リップケアをせずにいると、唇はどんどん荒れてしまうのです。

習慣にしたいリップケア&リップメイク

リップクリームや口紅がマスクに付かないようにと、唇に何も塗らずに過ごしてしまうことはないでしょうか。無防備になりやすい唇を荒れから守るためには、しっかりとリップケアを行うことが大切です。

基本のリップケア

基本のケアはリップクリームをこまめに塗って、唇を保湿すること。回数は1日3~5回が目安です。
リップクリームを塗る時は、唇の汚れを拭き取ってから塗りましょう。リップクリームを横方向にスライドして塗ってしまいがちですが、唇のシワに沿って縦方向に塗るのがポイント。こうすることで、唇のシワの溝にもリップクリームがしっかりと行き届きます。
油分を含むリップクリームは、気温が低いと固くなってしまうことも。そのまま唇に塗ると摩擦が起きるため、少しあたためて溶かしてから使うのがおすすめです。スティック型なら先端を指先であたためて、チューブ型なら指先に取って体温であたためてから唇に塗りましょう。

週に1度のスペシャルケア

唇のごわつきが気になる時は、リップスクラブでスペシャルケアをプラス。古い角質を落とし、やわらかな唇を保ちましょう。頻繁にやりすぎると皮膚の負担になるので、週1回程度にとどめてください。ここでは、スクラブケアの手順をご紹介します。

  1. 唇をぬるま湯で少し濡らします。
  2. リップスクラブを適量(上下それぞれの唇に米粒大ほど)取り、唇にのせます。
  3. 人さし指でくるくると円を描くように動かしながら、唇全体をやさしくマッサージ。
  4. 時間があれば、ラップで覆って10分ほどパックしましょう。
  5. リップスクラブをぬるま湯で丁寧に洗い流し、リップクリームで保湿をします。

リップメイクのポイント

リップカラー(口紅)を塗る前には必ず保湿を。リップクリームやリップバームなどを下地として塗りましょう。唇の表面がなめらかに整い、リップカラーのノリがアップします。
リップカラーを唇全体に塗ったら、上下の唇をやさしくこすり合わせるようにして全体になじませます。最後に折りたたんだティッシュでそっと唇を押さえ、表面の余分な油分をオフ。リップカラーが唇に定着するため色もちがよくなり、マスクへの色移りを軽減できます。

いつでもどこでも手元にリップクリームを

美しい唇をめざすためには、家の中はもちろん、外出時も常にバッグにリップクリームを入れておき、サッと塗れるようにしたいもの。目的や成分など、自分に合ったリップクリームを選びましょう。

色付きタイプで手軽にリップメイク

リップケアとリップメイクが同時にかなう色付きのリップクリームは、1本は持っておきたいアイテム。保湿をしながらツヤと色味をプラスできるので便利です。リップカラーよりも薄づきのものが多く、仕上がりもナチュラルになります。

UVカット効果のあるタイプで紫外線対策

紫外線が気になる季節には、UVカット効果のあるリップクリームを選ぶのがおすすめ。SPFが高すぎると唇に負担がかかるため、普段使いならSPF15~25程度で十分です。

荒れがひどい時は「医薬品」を

市販のリップクリームは、大きく分類すると医薬品・医薬部外品・化粧品の3つの種類があります。唇の荒れがひどく、ひび割れたりただれたりしている場合は、「医薬品」と表記されたタイプのリップクリームを使いましょう。

血色が良くうるおいのある唇は、表情をより豊かに演出してくれます。毎日のリップケアとリップメイクを行い、健康的な唇を保ちたいですね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。