健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|病院でのコミュニケーションを見直す

健康習慣|病院でのコミュニケーションを見直す

診察室で「今日はどうされましたか?」と訊かれて、自分の症状などの情報がうまく伝わらず、困ったことはないでしょうか。今回は、医療従事者はどんなことが知りたいのか、受診前に確認しておきたいことなど、上手に自分の情報を伝えるポイントを紹介しますので、病院・医師とのコミュニケーションの際に思い出してみてくださいね。


診察室で「今日はどうされましたか?」と訊かれて、自分の症状などの情報がうまく伝わらず、困ったことはないでしょうか。今回は、医療従事者はどんなことが知りたいのか、受診前に確認しておきたいことなど、上手に自分の情報を伝えるポイントを紹介します。

病院でのコミュニケーション、ちゃんと取れていますか?

「今」の状態だけを訴えていないか

例えば「胃のあたりがキリキリ痛いです」といった症状を伝えた際に「いつからですか?」や「ずっとですか?どんな時に痛みますか?」などと訊かれたことはありませんか?
診断や治療には、「今どこがどのような状態にあるか」といったことに加えて「その状態に至るまでに、どのような変化があったか」という経過も重要になってきます。

治してもらうことだけを考えていないか

痛みやつらさなどを感じている時は判断力も鈍りがちですから、つい「今ある症状を早く取り除いてほしい」と短絡的に考えて、すぐに結論を求めようとしてしまいます。しかし、まずは痛みやつらさの原因を突き止めなければ、根本的な解決は望めません。薬で痛みやつらさだけを抑えているうちに、原因となる部分がもっと悪化してしまっては、元も子もありません。

余計な事情まで話していないか/必要な情報が漏れていないか

体調は日常生活と切り離せませんから、症状や経過を説明しなければならない場面で、「私は大丈夫だと言ったのに、家族が病気を疑うので」、「痛みが引かないので心配で仕事が手につかない」などと、つい症状や経過から逸れたことまで話してしまいがちです。
一方で、それまでにどんな病気を抱えたことがあるかや体質的な特徴、症状が出る前に見られた兆候など、医療従事者が知りたいと思っている情報も、本人にとっては当たり前のことなので、つい伝え忘れてしまうことがあります。

「自分で調べたこの病気に違いない」と過信していないか

「こういう症状があるので調べたら、どうやら○○という病気のようなので受診しました」というのもよくある受け答えのひとつです。病気の診断は医師にしかできませんし、本人が先に「この病気だ」と思い込んでしまうと、症状の感じ方などにも無意識に影響を受けてしまいます。

これまでの受診経験で、思い当たることはあったでしょうか。次は、こういった問題を避け、病院で上手にコミュニケーションを取るためのポイントをご紹介します。

病院でのコミュニケーションのポイント4つ

「経過」を思い出し、事前にメモを作ってみよう

症状がひどくなければ、受診前にこれまでの「経過」を遡ってみましょう。「いつも片頭痛があるけれど、今回の頭痛は様子が違う」、「症状が出はじめる数日前から、なんとなく違和感があった」など頭の中で思い出してみるだけでも役に立ちますし、メモなどにまとめておけるとより安心です。余裕があれば最近の健康診断の結果や、おくすり手帳なども持参しましょう。

「原因を突き止める」ことを意識しよう

つらい症状がある時、病歴やこれまでの経過、生活などについて細かく訊かれるのはわずらわしいですし、早く終わらせたいと感じるものです。しかしこの「問診」も、原因を突き止めるための重要な医療行為のひとつですから、できるだけきちんと答えていきましょう。受付で問診表を記入する時も同様です。

診断に必要な情報をあらかじめ精査しよう

経過を伝えるにあたって、「心配だ」、「大丈夫だと思う」などといった自分の感情を隠す必要はありませんが、ことさらに主張すると余計な情報になって、診察の時間をいたずらに延ばしてしまいます。
家族の様子なども「歩き方がおかしいと心配された」など症状に関連しそうな内容は伝えたほうがいいものの、「受診しろとうるさいので」といった、ただの意見は余計な情報になってしまうかもしれません。事細かに伝えることは重要ですが、本当に必要な情報であるかはある程度判断して伝えることを心がけましょう。

説明に耳を傾け、自分で調べた情報はあくまで参考に

インターネットなどで自ら調べて「確からしい」と感じた情報はつい信じたくなりますが、専門家である医師の診察を待たずに、自分の判断だけで信じ込むのは、あまり好ましいこととは言えません。
自分で調べた内容は参考程度にとどめ、基本的には医療従事者の説明にきちんと耳を傾けるようにしましょう。どうしても納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを求めて別の医療機関へかかる方法もありますが、自分で調べた通りの診断が出るまで病院を転々とするようなことは、控えたほうがよいでしょう。

定期健診などであればある程度準備もできますが、つらい症状が出てからの受診となると、どうしても冷静さを欠いたり、判断力が鈍ったりしがちです。具合の悪い時ですから完ぺきではなくても、できるだけ適切な病院でのコミュニケーションが取れるように、今回ご紹介したポイントを頭の片隅においてみてください。

関連する投稿


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。