健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|寝る前5分、幸福感がアップする「良いこと日記」

健康習慣|寝る前5分、幸福感がアップする「良いこと日記」

寝る前に不安や焦りがわいてきて、気持ちよく眠れない。そんなことはありませんか? 「良いこと日記」は、そんなネガティブな気持ちに区切りをつけて、ポジティブに向かう手助けをする習慣。幸福感がアップする「良いこと日記」を、寝る前の5分間で、まずは試してみてください。


寝る前に不安や焦りがわいてきて、気持ちよく眠れない。そんなことはありませんか? 「良いこと日記」は、そんなネガティブな気持ちに区切りをつけて、ポジティブに向かう手助けをする習慣。寝る前の1日5分、まずは試してみてください。

幸福度を上げるコツは「失敗より成功を数えること」

私たちは「良いこと」よりも「悪いこと」のほうに気持ちが向きがちで、しかも「悪いこと」を繰り返し思い出して強化してしまう傾向があります。うれしかったことは過ぎてしまえば忘れてしまうのに、嫌なことや悲しかったことを細かいことまで思い出せてしまうのは、そうした人間の考え方のクセによるものです。

今回ご紹介する「良いこと日記」は、1日の終わりに、良いことをどんな小さなことでもよいので3つ探し出し、その良いことを軸に1日を見直すというポジティブ心理学(人々がどうしたらもっと幸せになれるかを研究する分野)を応用した習慣。すぐに忘れてしまう小さいけれど良かったことを書き留めることで記憶にしっかりと残り、また、読み返すことで「良いこと」を体験した時の気持ちを思い出すことができます。

良いこと日記の効果

ポジティブ心理学の研究では、「毎晩寝る前に良いことを3つ書くことを1週間継続するだけで、その後半年間にわたって、幸福度が向上し、抑うつ度が低下する(うつの症状が減る)」という結果が出ています。(マーティン・セリグマン. ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ. ディスカヴァー・ トゥエンティワン. 2014より)

良いことを3つ書いただけで、人はそんなにも前向きになれるものなのでしょうか。悪いことを思い出した時のことを振り返ってみてください。その時の状況や感情が、ほかの記憶と比べてやけに鮮明に浮かび上がってきませんか?これは継続のチカラともいえるもので、これまで悪いことに対して行っていたように、良いことを思い出していくことで、うれしい気持ちに注目できるようになり、良いことに気づきやすくなります。

「毎日3つも良いことなんて起きないよ……」と感じた方は、良いことを感じるアンテナが弱くなっているのかもかもしれません。「良いこと日記」はそんな時にこそ効果を発揮します。

まず1週間、3つの良いことを書き出そう

「良いこと日記」を効果的にするポイントは、「書き出すこと」と「見直せること」です。ノートでもスマートフォンのメモ帳でも構わないので、必ず文字に残すようにしてください。読み直せるように、ひとつのツールにまとめるようにしましょう。「3行日記」や「Three Good Things」で検索すると、「良いこと日記」にぴったりのアプリも見つかります。

書き残すことは、ほんとうに些細なことで構いません。例えば以下のような出来事を参考にしてみてください。

・面白いテレビをやっていて、声に出して笑っちゃった
・寒い日が続いたけど、今日はポカポカで気持ちよかった
・昔好きだった音楽がコンビニで流れていた、やっぱりいいなあ

上記のような、ちょっとした幸せを見過ごさないクセをつけることが「良いこと日記」の目的のひとつです。

「良いこと日記」を書きはじめると、自然と良いことを探すようになります。人が一度に注目できる範囲は限界があるので、ポジティブなことを考えている間は、ネガティブなことは気にすることができません。それでも落ち込んでしまった時は、「良いこと日記」を読み返してみましょう。ずらりと並んだ良いことが、「そんなに嫌なことばかりじゃないな」と気持ちを切り替えさせてくれるはずです。

1日の終わりはその日の反省になりがちですが、自分を認めたり褒めたりすることも大切です。「普段なんでもないことがわずらわしくなった」「些細なことで気持ちが暗くなる」、そんな自分に気づいたら、ぜひ良いこと日記を試してみてください。習慣のチカラを信じて、今日からスタートしてみましょう!

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。