健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|新芽の季節 「よもぎ湯」ですっきり&ぽかぽか

健康法|新芽の季節 「よもぎ湯」ですっきり&ぽかぽか

3月・4月は新芽の季節。古くから薬草として世界中で用いられてきた野草「よもぎ」も、やわらかな葉が育つ時期です。爽やかな香りを放つよもぎは、食用としてはもちろん、お風呂に入れて薬湯にしても、うれしい効能が期待できます。 今回は、「よもぎ」の薬効や「よもぎ湯」の作り方についてご紹介します。 ※よもぎはキク科の植物です。キク科に対してアレルギーのある方はご注意ください。


3月・4月は新芽の季節。古くから薬草として世界中で用いられてきた野草「よもぎ」も、やわらかな葉が育つ時期です。爽やかな香りを放つよもぎは、食用としてはもちろん、お風呂に入れて薬湯にしても、うれしい効能が期待できます。
※よもぎはキク科の植物です。キク科に対してアレルギーのある方はご注意ください。

冷えや月経痛など、血の巡りに「よもぎ」

古くから薬草として用いられてきたよもぎは、アジアだけでなくヨーロッパの広い地域でその文献が残されています。薬としてそのまま飲んだり食べたりするほか、すりつぶしたよもぎは湿布にして神経痛や肩こり、ねんざや腫れ物にも使用され、一部地方では今でも民間療法として活用されています。

何にでも効くことから「万能薬草」の別名を持つよもぎですが、なかでも得意分野は「止血」や「血流改善」といった血にまつわる不調です。特に貧血になりやすい女性に対して効能があるため「ハーブの女王」とも呼ばれています。

貧血、痔出血、月経痛、冷えなどの予防や緩和のほか、殺菌・抗炎症作用のはたらきでアトピー性皮膚炎やあせもなど、皮膚の炎症にも効果が期待できます。

「よもぎ湯」の作り方

入浴剤としてよもぎを使うと、体の芯からあたたまって肩こりや腰痛を和らげるのはもちろん、止血・抗菌作用がはたらくので、切り傷やすり傷、かぶれなどの皮膚の炎症にも効果的。夏場のあせもにもおすすめです。

よもぎはさまざまな場所で自生していますが、よもぎに似た草のなかには毒草もあるため、野草摘みに詳しい方以外は、通販などを活用して手に入れるのがおすすめです。ここでは漢方薬局や通販などで入手できる乾燥よもぎを使用します。

乾燥したよもぎをひとつかみ(20グラムほど。お好みで増減してください)をガーゼやお茶パックで包んで、お風呂に入れて揉みだすようにします。もしくは、お鍋に入れて濃く煮出し、煮汁を入浴剤のように使ってもOKです。

冷えの季節に常飲したい「よもぎ茶」

よもぎはお茶にしても、その効能を取り込むことができます。カフェインが入っていないので妊婦さんにもおすすめですし、貧血・冷えのある方、コレステロール値が気になる方は、よもぎ茶を意識的に摂ると良いでしょう。

よもぎ茶は乾燥よもぎを鍋で煎じるか、急須に熱湯を入れて作ります。エキスが多く抽出できるので、鍋で煎じるほうがおすすめ。胃腸の不調・冷えによる関節などの痛み、婦人科系の症状の予防と緩和が期待できます。

口内炎や歯茎の出血が気になる方は、濃く煮出したよもぎ茶を冷まして、うがい薬のように使ってみてください。炎症の痛みを和らげて、出血を止めてくれるよもぎの効能がはたらきます。

ただし、鉄製またはステンレス鋼の調理器具は、よもぎの成分・タンニンと鉄が反応して変色・変質してしまいます。鉄やステンレス鋼以外のお鍋(ホーローやガラス)を使用するようにしましょう。

古くから薬用として用いられたよもぎは、今でも漢方薬の配合生薬や民間薬としてその効能が認められており、食材としても鉄分にカルシウム、ビタミンKをはじめ、栄養豊富な緑黄色野菜です。以下の記事でも紹介していますので、よもぎが旬である萌黄(もえぎ)の季節にぜひお試しください。

関連する投稿


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。