健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|今こそ見直す「ぬか漬け」、失敗なしの進化版も

健康メニュー|今こそ見直す「ぬか漬け」、失敗なしの進化版も

ぬか床に漬けるだけで出来上がるぬか漬けは、さまざまある発酵食品のなかでも、ご家庭で作れるものの筆頭です。現代では開発が進んで、昔よりももっと簡単にぬか漬けが作れるキットが販売されています。今回は、おこもりで需要が高まっていると噂のぬか漬けの栄養や作り方をご紹介します。


ぬか床に漬けるだけで出来上がるぬか漬けは、さまざまある発酵食品のなかでも、ご家庭で作れるものの筆頭です。現代では開発が進んで、昔よりももっと簡単にぬか漬けが作れるキットが販売されています。今回は、おこもりで需要が高まっていると噂のぬか漬けの栄養や作り方をご紹介します。

せたがや日和 ぬか漬け

ぬか漬けは食物繊維と乳酸菌のゴールデンコンビ

ぬか漬けは納豆や味噌などと並んで、昔からある日本の発酵食品のひとつ。昨今の発酵食ブームではあまり注目されることがありませんでしたが、おこもり需要が高まったことで自家製ぬか漬けがじわじわと人気です。

実はぬか床の乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどとくらべて、腸内で生きる力が強いことが分かっています。さらに、野菜に含まれる食物繊維は乳酸菌のエサとなりますから、ぬか床と野菜はとても合理的な組み合わせなのです。

食物繊維と乳酸菌は相互に働きあって、お通じを促して肌荒れを改善したり、有害な悪玉菌を減らしたりして、腸内環境の改善をサポート。腸には体の7割近くの免疫機能が集まっていますから、ぬか漬けを日常的に食べることで免疫力アップも期待できます。

ぬかに漬けると、野菜のビタミンB1が大幅アップ

せたがや日和 ぬか漬け

ぬか漬けのよいところは、それだけではありません。ぬか床には乳酸菌はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富に含まれていて、漬けた野菜にはそれらの栄養が移るので、野菜の栄養価がぐんとアップします。例えば、ほとんどが水分といわれるキュウリは、ぬか漬けにすることでカリウムは約3倍、ビタミンCは約1.6倍、ビタミンB1にいたっては、なんと約9倍にもなります。

なかでも注目したいのはビタミンB1です。これは糖質をエネルギーに変えて人の活動を支える・疲労回復・皮膚や粘膜を健やかに保つといった働きをします。ビタミンB1は体内に蓄積しにくく、不足すると食欲減退や倦怠感を招きます。過剰分は尿として排出されるので、日々の食事で摂るべき栄養素です。また、ビタミンB1は熱に弱いので、加熱なしに食べられるぬか漬けはまさにぴったりな一品といえます。

キュウリの栄養については、以下の記事も参考にしてみてください。

初心者でも失敗しない、進化版ぬか床も登場

ぬか床をいちから作るとなると、ぬか・塩・昆布・唐辛子などに水を加えてぬか床を作り、いらない野菜を漬ける「捨て漬け」を経て、完成までに20日間から30日ほどかかります。さらに、ぬか床は毎日かき混ぜなくてはならず、夏に2日もさぼればアルコールのような刺激臭がする……というのも初心者あるあるです(ちなみに、このくらいなら表面を取り除けば復活することがほとんどです)。

このように、自作ぬか漬けにはぬか床の管理が必須だったのですが、今はそんな手間ひまを短縮できる、便利なぬか床がたくさん登場しています。例えば、すでに十分に発酵していて捨て漬けいらずの発酵ぬか床や、抗菌性の高い乳酸菌を用いることでかき混ぜを週1にしたタイプ、さらに、食べたい分だけ漬けられて、ぬか床の管理そのものを不要にしたチューブタイプのぬか漬けの素もあります。上手に使って、ぬか漬けを生活に取り入れてみてください。

ぬか床を管理し育てるのは面倒という方も、進化版ぬか床なら続けられるのではないでしょうか。お家にいる時間が増えた昨今、こうした昔ながらの知恵を見直し、楽しむのも有意義な時間になるはずです。アクや匂いのクセのない野菜なら、だいたいは上手に漬かります。まずはキュウリからはじめて、慣れたらあまり野菜も試してみましょう。意外な野菜がおいしい変化を遂げるという発見もぬか漬けの楽しみのひとつです。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。