健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|大さじ1杯 お通じを促す「飲むオイル」

健康法|大さじ1杯 お通じを促す「飲むオイル」

「オイル(油)=避けるべきもの」だと思っていませんか?油を主とした脂質は3大栄養素のひとつで、健康のうえで欠かせないもの。不調改善や肌づくりのために、極端に避けることなく、適度に摂ることが大切です。特に最近話題になっているのが、空腹時に飲むオイル。ティースプーン1杯でお通じを促すほか、美容と健康にうれしい効果が期待できます。 世田谷自然食品がお届けする、健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


「オイル(油)=避けるべきもの」だと思っていませんか?油を主とした脂質は3大栄養素のひとつで、健康のうえで欠かせないもの。不調改善や肌づくりのために、極端に避けることなく、適度に摂ることが大切です。特に最近話題になっているのが、空腹時に飲むオイル。ティースプーン1杯でお通じを促すほか、美容と健康にうれしい効果が期待できます。

せたがや日和 飲むオイル

良質のオイルが美容&健康をサポート

油と聞くと、揚げ物や炒めものなど「体に良くなさそう……」というイメージがあるかもしれません。しかし、油、つまり脂質は私たちの生命維持や運動に欠かせない重要なエネルギー源ですから、適切な摂取をこころがけることが大切です。

そして最近では、心身の健康維持に必要な「体によい油」として、えごま油や亜麻仁(あまに)油、オリーブオイルや青魚の油などが注目されています。これらの油に含まれる「オメガ3」「オメガ6」などの「不飽和脂肪酸」は、私たちの体内で作ることができず、外から摂取の必要がある必須脂肪酸です。

「オメガ6」はサラダ油やゴマ油に含まれていますから、極端に油を避けていなければ、普段から十分な量を摂取しています。一方、意識して摂るべきは「オメガ3」のほうで、前述したえごま油や亜麻仁油、青魚の油に豊富に含まれ、不足している方がほとんどといわれています。

調理油としても使い勝手のよい「オリーブオイル」は、「オメガ9(オレイン酸)」を主成分として、オメガ3や6系のリノール酸やリノレン酸が含まれています。「オメガ9」は体内でも作れますが、不足する方もいるため摂取が推奨されている脂肪酸です。

自然なお通じに「大さじ1杯のオイル」

せたがや日和 飲むオイル

実は、油(前述したような植物性の油を指します)は、ナチュラルな便秘薬としても役立ちます。お通じを促すための摂り方は「空腹時に、大さじ1杯程度を直接飲む」こと。そうすることで消化・吸収しきれなかった油が大腸まで届き、便を柔らかくしたり、すべりをよくしたりしてスムーズな排出を促してくれます。食事と油を一緒に摂ると、多くが小腸で消化・吸収されてしまうので、便秘改善の効果は期待できません。

便秘改善という効果だけならどんな油でもよいのですが、必ず一部は消化・吸収されるということを考えれば、体によい油を選ぶ必要があります。したがって、「飲むオイル」としては、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」を成分とした油がおすすめとなります。

飲むオイルが初めてならば、オリーブオイルがおすすめ。酸化しにくく、比較的安価で手に入り、調理油としても使えます。一方でえごま油や亜麻仁油は熱に弱く酸化しやすいことが難点ですが、不足しがちな「オメガ3」がたっぷり含まれていますから、飲む専用の油と割り切って購入するならばこちらがおすすめです。便秘改善に加えて、使い勝手ならオリーブオイル、美容効果ならえごま油や亜麻仁油を選んでみてください。

飲むオイルのはじめ方・続け方

飲むオイルは空腹時に摂取するのがポイントですが、なかでもベストなタイミングは朝の空腹時です。美容によいとは言ってもカロリーはしっかりあるので、朝に摂ることで日中にオイルのカロリーを消費してしまいましょう。

そしてカロリー過多を防ぐため、オイルを飲んだ日は食事で摂る油やカロリーは控えめを心がけましょう。頑固な便秘の時は数日続けて飲み、調子のよい時はお休みするなど、体調に合わせて試してみてください。

また、えごま油や亜麻仁油は熱・日光・空気に弱い油です。開封したら酸化を防ぐため冷蔵庫に保存し、1ヵ月を目安に使い切りましょう。オリーブオイルはそこまでデリケートではありませんが、冷暗所に保存します。新聞紙などで包んで遮光するとなお良しです。

毎日きちんとお通じがあれば、腸内環境が整いやすくなり、結果としてお肌や髪の調子も健やかになってきます。便秘薬ほど強い作用がないので、普段から便秘に悩んでいる方、一時的なストレスが便秘につながる方など、さまざまな方におすすめできる方法です。「飲むオイル」が美容ファンの間で注目されたことで、最近ではさまざまなオイルが出回っています。味や風味、栄養機能もそれぞれですから、お好みのオイルを探してみるのも楽しいですよ。

腸内環境を整える方法はほかにもありますので、ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね。

関連する投稿


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。