健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|いつものお鍋が変わる、“郷土の調味料”

郷土料理|いつものお鍋が変わる、“郷土の調味料”

地元の方には懐かしく、知らない方には目新しい“郷土の調味料”をご紹介します。土地に根ざしたお鍋に合う調味料で、いつもと違うお味はいかがでしょうか。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


熱々の湯気が立つお鍋が恋しくなる季節。スープや具材を変えてさまざまに楽しめますが、タレはいつも変化なしという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、地元の方には懐かしく、知らない方には目新しい“郷土の調味料”をご紹介します。土地に根ざしたお鍋に合う調味料で、いつもと違うお味はいかがでしょうか。

せたがや日和 郷土の調味料

「かんずり(新潟)」唐辛子の辛味と柚子の香り

画像提供:有限会社かんずり

「かんずり」は新潟県で広く親しまれている唐辛子ベースの調味料。雪深い山間地域の各家庭で作られる自家製唐辛子漬けがその発祥で、唐辛子の辛さと柚子の香りがミックスされた辛味噌のような風味があります。お鍋や汁物をはじめとして、地元では寒い季節には欠かせません。想像よりも辛くなく、食べるにつれて鼻の頭にじんわりと汗をかくような、冬にぴったりの調味料です。

「かんずり」は地元産の唐辛子に、麹、塩、柚子を加え、3年~6年かけてゆっくり熟成発酵させて作ります。仕込み年の大寒は、塩漬けした唐辛子を雪上に撒く「雪さらし」が行われます。雪が唐辛子のアクと塩を抜いてくれて、まろやかな唐辛子になるといわれています。真っ白な雪に真っ赤な唐辛子が並べられた様子は、地元の冬の風物詩です。

お鍋で食べる時は少量をお皿に取り、具材にちょんと乗せるか、少しずつ溶かしていただきます。そのほかにもそばやうどん、納豆の薬味にしても美味です。野菜炒めやきんぴらごぼうの隠し味にもおすすめ。唐辛子の辛さと柚子の香りは、多くの家庭料理にマッチします。

「ごまだし(大分)」お湯で溶けばうどんスープに

せたがや日和 郷土の調味料

画像提供:佐伯市観光案内所

地元の家庭で冷蔵庫に常備されている「ごまだし」は、魚・ごま・醤油・みりん・砂糖が原材料の甘辛な郷土調味料。一年中とれる白身魚「エソ」の身を焼いてほぐしたものとすりごまがたっぷり入っています。大漁の時に魚を保存するために考えられたのがはじまりで、今では、タイやアジなどを使った、風味の異なる「ごまだし」もあります。焼き魚の味と香り、すりごまの風味が食欲をそそる調味料です。

「ごまだし」を手に入れたならぜひ試していただきたいのが、地元の定番料理「ごまだしうどん」です。レシピはゆでたうどんに大さじで山盛り1杯「ごまだし」を乗せて、うどんが浸かるくらいのお湯を注ぐだけ。全体をよく混ぜて召し上がってください。とにかくすぐに作れてしまうのがありがたい一品です。ほかの調味料は必要なく、「ごまだし」だけで魚とごまの風味豊かなスープが出来上がります。

甘辛いペースト状の「ごまだし」は、うどん以外にも、お茶漬けに入れたり、チャーハンの味の決め手にしたり、使い方はさまざま。野菜スティックのディップ代わりにしてもおいしいですよ。

「柚子こしょう(九州ほか)」

せたがや日和 郷土の調味料

「柚子こしょう」は柚子の皮と、唐辛子・塩を混ぜ合わせた調味料で、九州地方や徳島県・高知県などで作られています。「こしょう」とはいうものの、そのなかには胡椒(ペッパー)は入っていません。九州地方では唐辛子を「こしょう」と呼んでいたことから、この名がついています。

通常使用される唐辛子は青唐辛子なので「柚子こしょう」も緑色をしていますが、赤唐辛子を使った赤い「柚子こしょう」もあります。鳥のささみ肉や豆腐のようなあっさりしたものから、豚バラ肉や揚げ物などのこってりしたものまで合う、とても万能な調味料です。

また、マヨネーズやポン酢、お酢といった、酸味のあるほかの調味料と相性がよいのも特徴。酢の物やピクルスの調味液に少し加えると、香りと辛味が加わってぐっと奥深い味わいになります。単品でスライスしたきゅうりやカブと和えても、上品な一品に仕上がります。

その土地でとれる身近な食材だけで、手間暇かけて作られる……昔ながらの郷土系調味料にはそんな特徴があります。そして、もともと食材の保存を目的に作られているので、日持ちするものが多いのです。この冬には1つ2つ、郷土の調味料を加えてみてはいかがでしょうか。アンテナショップやインターネット販売のほか、スーパーで企画販売が行われていることもあります。新しい我が家の定番調味料が見つかるかもしれません。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。