健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|バチッとくる静電気を対策しよう

健康法|バチッとくる静電気を対策しよう

冬になると悩まされる静電気。「バチッ」とくると「ああ、もうそんな季節か……」と感じる方も多いのではないでしょうか?実は、静電気が起こるのは「乾燥」と「摩擦」によるもので、この2つを避ければあの「バチッ」という現象も抑えることができます。今回は、静電気を抑える具体的な対策をご紹介しますので、ぜひ今日から実践してみてください。


冬になると悩まされる静電気。「バチッ」とくると「ああ、もうそんな季節か……」と感じる方も多いのではないでしょうか?実は、静電気が起こるのは「乾燥」と「摩擦」によるもので、この2つを避ければあの「バチッ」という現象も抑えることができます。今回は、静電気を抑える具体的な対策をご紹介しますので、ぜひ今日から実践してみてください。

せたがや日和 静電気

静電気の発生は「乾燥」がカギ

そもそも静電気とはどういうものなのでしょうか。その仕組みを知れば、解決のヒントが見つかるはずです。ここでは特に、ドアノブを触った瞬間にバチッとくる“人と物”の間で起きる静電気について説明します。

そもそも人や物は、電気を帯びています。電気にはプラスとマイナスがあり、通常はバランスがとれています。しかし、人と物・物と物の間で「摩擦」が起こることで、プラスとマイナスがどちらかに偏って、その場に留まる(帯電)ことがあります。これが「動かない電気」=「静電気」の正体です。

そして、人や物に留まった静電気は、水分を介して出ていく性質(放電)があります。したがって、湿気が十分にある夏や、湿度が保たれている部屋では静電気が起こりにくく、乾燥した秋冬や湿度の低い部屋の中では、静電気は逃げることができず体に留まります。そして金属製のドアノブのような電気を通しやすいものを触った途端に、一気に静電気が流れて「バチッ」となるのです。

静電気が平気な方、そうでない方の違い

せたがや日和 静電気

静電気は湿気があると起こりにくく、乾燥すると起こりやすくなります。それでは、静電気が起こりやすいのはどんな方でしょうか。

肌と衣類がこすれることで溜まった静電気は、通常なら肌の水分が逃してくれます。しかし、乾燥肌の方は水分が不足しているため、静電気が逃げられずに蓄えられていく傾向があります。反対に、肌にうるおいが十分にある方は、静電気が起こりくい体質といえるでしょう。

肌の乾燥はさまざまな原因が考えられますが、なかでも季節(秋冬)や加齢は代表的です。肌がカサつきやすいと感じる方は、静電気対策も兼ねて保湿ケアを見直してみるとよいでしょう。以下の記事では、お肌と髪それぞれの保湿対策をご紹介しています。

すぐにできる静電気対策5つ

ここでは今日からでもできる静電気対策をご紹介します。肌の保湿もしつつ、実践できそうなものはどんどん試してみてください。

部屋を加湿する

湿度が上がることで帯電しにくくなるため、加湿器をつけたり、部屋に洗濯物を干したりして、室内の湿度を上げるようにしましょう。適度に湿度がある環境は、鼻や喉の粘膜が乾燥して痛くなるのも防いでくれます。

衣類に「柔軟剤」や「静電気防止スプレー」を使う

柔軟剤は衣類の表面をなめらかにして、静電気の原因となる摩擦を抑えます。洗濯ができない衣類には、静電気防止スプレーをかけてみてください。柔軟剤と同じように摩擦を抑える効果があります。特に、布同士がこすれ合う腕、ヒザの裏、内ももなどの場所を中心にスプレーすると効果的です。

静電気が発生しにくいコーディネート

布には「プラスに傾きやすい素材」と「マイナスに傾きやすい素材」があり、この性質の異なる2素材がこすれ合うことによって、大きな静電気が発生しやすくなります。重ね着するならば、「プラスとプラス」「マイナスとマイナス」のように、同じ性質の素材が重なるように着るのがコツです。

プラスに傾きやすい素材…アクリル、ポリエステル、アセテートなど
マイナスに傾きやすい素材…ナイロン、ウール、レーヨンなど
せたがや日和 静電気

そして、静電気が起こりにくい素材は、麻・綿・絹の3つ。「アクリルと綿」「ポリエステルと絹」のように、帯電する素材を組み合わせると静電気を抑えるコーディネートができます。

突然「バチッ」とくると、びっくりしますし痛いし不快ですよね。まめにハンドクリームを塗ったり衣類に気をつけたり、できることからはじめて、この冬こそはあの静電気を攻略しましょう。

関連する投稿


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。