健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
日本のみそ|麦味噌(西日本) 麦の香りとやさしい甘みがうれしい

日本のみそ|麦味噌(西日本) 麦の香りとやさしい甘みがうれしい

西日本の農家で昔から作られてきた麦味噌。麦の香りとほのかな甘みが特徴で、同じく甘みに特徴があることで知られる九州の醤油や、大分、愛媛など柑橘類の産地で好まれるゆず胡椒、ゆず七味などの薬味ともよく合います。今回は、麦味噌の特徴や分布、麦味噌を使った郷土料理をご紹介します。


西日本の農家で昔から作られてきた麦味噌。麦の香りとほのかな甘みが特徴で、同じく甘みに特徴があることで知られる九州の醤油や、大分、愛媛など柑橘類の産地で好まれるゆず胡椒、ゆず七味などの薬味ともよく合います。今回は、麦味噌の特徴や分布、麦味噌を使った郷土料理をご紹介します。

「麦味噌」とは

麦味噌は、「大麦」または「はだか麦」を蒸し、種麹をつけた「麦麹」と、大豆、食塩を発酵、熟成させて作られます。塩分控えめで麹の割合が多いため、あっさりとした甘みが特徴です。
麦味噌は西日本の中でも中国・四国地方の一部と、九州地方全域で昔から食べられてきました。これらの地域の農家では、各家庭で麦味噌が作られていたことから、「田舎味噌」とも呼ばれます。
中でも愛媛県、山口県、広島県などで作られる、麦の香りが強い「瀬戸内麦味噌」、長崎県などで作られる淡い褐色で甘口の「長崎味噌」、鹿児島県で作られる淡色で甘口の「薩摩味噌」などがよく知られています。

麦味噌のお味噌汁は「味噌漉し」が必須!

麦味噌のお味噌汁の出汁は煮干し(いりこ)。具は、薄揚げと大根、豆腐とわかめ、えのきとねぎなど他のお味噌でも定番の組み合わせから、タマネギ、じゃがいも、サツマイモまでさまざまな組み合わせが見られます。あっさりとした甘みは、根菜やきのこなどを入れた具だくさんの豚汁にもぴったりです。
麦味噌は、お味噌汁に味噌を溶くときの様子にも特徴があります。米味噌や豆味噌はお玉にとった味噌を菜箸でかき混ぜてそのまま溶いていくこともありますが、麦味噌の場合は必ず味噌漉しを使って味噌をすりつぶしながら加えます。
というのも、麦味噌は味噌が溶けた後も残る大豆・麦の繊維、麹などの固形物、いわゆる「味噌かす」が多いのです。味噌漉しを使うことで、これらのかすは漉し取られ、味噌汁も口当たりがよくなります。

冷たい味噌汁も!?麦味噌の郷土料理

麦味噌を使った郷土料理には、大根やニンジン、ゴボウなどの根菜類と鶏肉(または豚肉)を出汁で煮込み、麦味噌を加えた具だくさんの「薩摩汁」(鹿児島県)、同じ“さつまじる”でも、焼いた麦味噌と焼きほぐした白身魚を合わせて出汁でのばす、漁師のぶっかけ飯「佐妻汁(伊予さつま)」(愛媛県)、そして練った小麦粉を平らにちぎった団子(だご)と根菜類を出汁で煮込み、麦味噌を加える「だご汁(だんご汁)」(熊本県・大分県)などがあります。
詳しくは、下記の記事を参考にしてみてください。

こうした郷土料理の中でも変わり種なのが、なんと麦味噌を“冷たい味噌汁かけご飯”に仕立てる「冷や汁(ひやじる・ひやしる)」(宮崎県)です。主な具は薄切りにしたきゅうりや白身魚、豆腐などあっさりとした食材中心で、ミョウガや大葉、すりごまなど香りのいい薬味が効いた冷や汁。暑さの厳しい南九州らしく、食欲の衰えがちな夏場にも食べやすい一品です。
詳しくは、下記の記事を参考にしてみてください。

合わせ味噌(調合味噌)といえば、全国では米味噌どうしの赤味噌と白味噌を合わせたものがよく見られますが、実は福岡県を中心とする九州北部では米味噌と麦味噌の合わせ味噌が主流です。このように、他の種類のお味噌と組み合わせてもおいしくいただける麦味噌。冬は身体を温めるのにぴったりな具だくさんの豚汁やさつま汁、夏は食欲のない日でもするするといただける冷や汁にして、召し上がってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。