健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|不調を寄せ付けない、梅雨の時期の過ごし方

健康習慣|不調を寄せ付けない、梅雨の時期の過ごし方

ジメッとした梅雨は、気分もなんだかじっとり落ち込みがち。この時期には、特有の体の不調が現れる方も多いのではないでしょうか。梅雨の次には夏の暑さが待っていますから、体調を崩すのは避けたいところです。今回ご紹介する梅雨の養生をチェックして、少しでも快適に乗り切りましょう。


ジメッとした梅雨は、気分もなんだかじっとり落ち込みがち。この時期には、特有の体の不調が現れる方も多いのではないでしょうか。梅雨の次には夏の暑さが待っていますから、体調を崩すのは避けたいところです。今回ご紹介する梅雨の養生をチェックして、少しでも快適に乗り切りましょう。

梅雨の不調、特徴は「ずっしり重い」

梅雨は湿度・気温がどちらも高く、その一方で雨に濡れたり、エアコンで屋内は涼しかったりと、めまぐるしく変わる環境にさらされる時期です。このような環境下で過ごしていると、普段は問題ない方でも不調が出てきたり、もともと不調があった方はさらにつらくなったりします。

梅雨に起こる不調の主な原因は、余分な水分と冷え。例えば、冷たい飲食物や甘いものの摂りすぎ、湿気、エアコンなどがさまざまに重なり合って、体が重だるい・頭重(頭が重い、だるい、ぼーっとする)・おなかが張る・おなかがすかない・便が泥状・頻尿または尿の出が悪いなど、「ずっしりと重たい」イメージの不調が現れるのです。
また、ジュクジュクとした湿疹、関節の痛みなどが梅雨になるとひどくなる場合は、こちらも余分な水分と冷えが影響していると考えられるでしょう。

外側から体を守る

梅雨期の不調から心身を守るためには、体の外と内の両方で「余分な水分と冷え」が溜まらないようにするのがポイント。まずは体の外の環境から対策をみていきましょう。

まず体の外、つまり環境面の対策は、除湿機やエアコンの除湿機能を活用して、室内の湿度を下げること。晴れや曇りの日は積極的に窓を開けて空気を入れ替えるとよいでしょう。室内で洗濯物を干す場合には、扇風機や除湿機を使ったり、浴室乾燥機などを用いたりして、早く乾くよう工夫します。

あまり寒いと感じていなくても、この時期は意外と体が冷えているもの。汗をかいていなくても、寒いと思っていなくても、シャワーではなく湯船にお湯を張って入浴しましょう。めんどうな時には足湯もおすすめです。お風呂に浸かると、じんわり体がほぐれて、冷えていたことを実感するはずです。

また、汗かきの方は、靴下や下着をこまめに替えたり、体が重だるい場合には、寝間着を長袖長ズボンにして体を外気にさらさないようしたりすると不快感が軽減されます。

体をあたためる記事については、以下も参考にしてみてください。

内側から体を守る(食養生)

次に、体の内側の対策について、食の面からご紹介します。余分な水分の排出をうながす食材には、玄米やハトムギ、きのこ、海藻、ナス、かぼちゃ、じゃがいも、こんにゃく、しょうが、ネギ、バナナなどが挙げられます。玄米は消化に時間がかかるので、胃が弱っている時には白米のほうがおすすめです。

利尿作用のある小豆や大豆などの豆類や、豆腐、味噌などの大豆由来の食品もおすすめです。冷たいものは避け、作り置き惣菜などもほんの数十秒でよいので電子レンジであたためるようにしましょう。

反対に控えていただきたい食材は、ベーコンなどの加工肉を含んだ脂肪の多い肉、いくらなどの魚卵、高脂肪食品、味の濃いもの、揚げ物、甘いもの、炭酸飲料、冷たい飲み物です。体がだるく食欲がない場合には、肉や濃い味付けのいわゆる「スタミナ料理」は避けて、あたたかくて消化のよいものを食べるようにしましょう。

おすすめの食材・控えたい食材の両方をご紹介しましたが、どちらかと言えば「控えたい食材を摂らない」ほうが、手っ取り早く改善に向かいます。ぜひ「冷たい・濃い・甘い・生食・脂っこい」の5つを避けることを心がけてみてください。

体の内と外はつながっていますから、季節が違えば体の具合も変化します。それぞれの季節の特徴を捉え、そのときどきで工夫して過ごすのが1年を通して元気でいるコツです。とはいえ、難しいものではなく、こちらで紹介したちょっとした工夫で構いません。上手に梅雨を乗り切るために、心身の環境を整えていきましょう。

関連する投稿


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。