健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|ちまき 端午の節句のお菓子は地域色豊か

郷土料理|ちまき 端午の節句のお菓子は地域色豊か

端午の節句の行事食といえば「かしわ餅」に「ちまき」などを想像します。しかし、このちまきは地域によって材料も形も違っているのをご存じでしょうか。お雑煮のレシピと同じように、ちまきにも“地域差”があります。今回は、さまざまな地域のちまきについてご紹介します。


端午の節句の行事食といえば「かしわ餅」に「ちまき」などを想像します。しかし、このちまきは地域によって材料も形も違っているのをご存じでしょうか。お雑煮のレシピと同じように、ちまきにも“地域差”があります。今回は、さまざまな地域のちまきについてご紹介します。

そもそも「ちまき」とは

もち米を材料とし、茅(ちがや)や笹の葉、竹の皮で包んだ餅菓子

粽(ちまき)は、もち米を材料とした餅菓子の一種。昔、茅(ちがや)の葉で餅を巻いたことからこの名前になったとされます。中華料理でちまきといえば、もち米を肉や野菜と一緒に醤油味で炒めて蒸し、竹の皮で包んだものが知られていますが、この餅菓子のちまきも中国から伝わったとされています。

武士の携帯食であったことから端午の節句の行事食に

水に浸して保存しておけば2~3日食べられるなど、保存に優れ持ち運びしやすいちまきは、戦国時代の武将たちに携帯食として食べられてきました。このことから、端午の節句に男の子のお祝いをする慣習が生まれた江戸時代に、「武将のようにたくましく」という願いを込めてちまきを食べるようになったといわれています。

地域色豊かな各地のちまき

ちまきは、地域によって材料や作り方などにさまざまなバリエーションが見られます。いくつかご紹介しましょう。

笹の葉を用いる新潟県のちまき

新潟県で食べられているちまきは、笹の葉を2枚使って三角形に巻くもので、「三角ちまき」や「トンボちまき」といわれています。包んだちまきを縛るのには、昔から雨をしのぐ蓑(みの)や菅笠(すげがさ)などにも使われてきた植物「菅(すげ)」の茎が用いられます。新潟県で笹を使うお菓子といえば、戦国武将の上杉謙信が兵糧にしたという「笹団子」が知られていますが、そのルーツはちまきにあるのではないかという説もあります。ちなみに三角に包まれたちまきは、東北地方の南部などでも食べられているそうです。

長野県ではちまきに朴葉(ほおば)が使われる?

朴葉焼きや朴葉寿司などの郷土料理が有名な長野県の一部では、米粉と砂糖を練った皮で餡を包み、朴葉で細長く包んで蒸すというお菓子「朴葉巻き」が見られます。朴葉巻きのルーツは朴葉に米を包んでゆでる「朴葉飯」だといいますから、ちまきとかしわ餅の両方の特徴を持っているといっていいでしょう。

関西地方のちまきは細長い円すい型

関西地方で食べられているちまきは、笹や葦の葉で餅菓子を包んでイ草で縛ったものが主流。特徴的なのはその形で、ひょろりと長い円すい型になっています。中身のお菓子も、他の地方のように砂糖やきな粉をまぶして食べるものだけではなく、餅自体に砂糖を練り込んだものや、くず菓子、小豆あんなどが入ったものもあるようです。

鹿児島県のちまきは切り分けるほど大きい!

鹿児島県、宮崎県、熊本県南部など南九州のちまきといえば、別名「あくまき」のこと。一晩灰汁に漬けたもち米を竹の皮で細長い枕のような形に包み、灰汁で数時間煮込んで作ります。新潟のちまきが真っ白なのに対して、こちらのちまきはべっこう飴のような色。水分が多くもちもちで、冷めても固くなりません。1本は羊羹ひと棹よりも一回り大きいほどのサイズで、切り分けて砂糖やきな粉をまぶしながらいただきます。実はこのちまきも、薩摩藩の猛将こと島津義弘が関ヶ原の戦いに兵糧として持参したといわれています。

ひとくちに「ちまき」といっても、その姿や材料、いわれなどは地域によってさまざま。今年の端午の節句は、地元の味だけでなく、遠い地方の食べたことがない「ちまき」を用意してみるのも楽しいかもしれませんね。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。