健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|頭皮を守る髪の洗い方

健康習慣|頭皮を守る髪の洗い方

入浴をサッと済ませたかったり、ヘアケアに特別興味がなかったりと、これまで、髪の洗い方はあまり意識してこなかったという方も多いのではないでしょうか。ただ、ちょっとしたポイントを押さえることで、洗髪が頭皮を守ることにもつながるのです。今回は、頭皮を守るための髪の洗い方、拭き方、乾かし方などをご紹介します。


入浴をサッと済ませたかったり、ヘアケアに特別興味がなかったりと、これまで、髪の洗い方はあまり意識してこなかったという方も多いのではないでしょうか。ただ、ちょっとしたポイントを押さえることで、洗髪が頭皮を守ることにもつながるのです。今回は、頭皮を守るための髪の洗い方、拭き方、乾かし方などをご紹介します。

頭皮を守る髪の洗い方は?

濡らす前にまず髪をといておく

洗髪となれば、とりあえずお湯をかぶって髪を濡らしてしまうという方は多いでしょう。でも頭皮を守るためには、髪を濡らす前に、まずはブラシをかけて、髪をといておくようにしましょう。髪の短い方なら手ぐしでも構いません。髪が絡まったまま洗髪すると効率も悪くなりますし、ブラッシングには頭皮や髪の汚れを浮かせて取れやすくする効果もあります。

シャンプーをつける前に30秒以上お湯洗いを

次は、髪を濡らす……だけではなく、30秒以上かけてじっくりお湯で髪をすすぐようにしましょう。髪表面の皮脂や汗、ホコリなど、シャンプーを使わずともお湯だけで落ちる汚れも多いのです。また、熱いお湯は皮脂を落とし過ぎて頭皮が傷みやすくなりますから、38℃前後のややぬるいお湯で洗うのがおすすめです。

シャンプー中は「頭皮を洗う」ことを意識し、すすぎにも時間をかけて

髪を使ってシャンプーを泡立てていると、ついついよく洗った気になってしまうものです。シャンプー中は、髪よりも頭皮を洗うことを意識して、指の腹で頭皮をマッサージするように洗っていきましょう。爪を立ててゴシゴシとこする洗い方は、直接頭皮を傷めかねませんから避けるようにします。
すすぎも、ぬめりがなくなるまで時間をかけてしっかりと。シャンプーやコンディショナーが残ってしまうと、頭皮の肌荒れにつながることもあります。首筋や耳の後ろ、生え際など、シャワーの角度によって洗いにくくなるような場所は特にしっかりとすすぎましょう。

頭皮を守る髪の拭き方、乾かし方

ゴシゴシ拭くのではなく、タオルで揉むようにして水分を取る

髪を洗う時もそうですが、タオルで拭く時もゴシゴシは禁じ手。乾いたタオルとの摩擦で髪が傷みやすくなりますし、あまり力が強いと頭皮への影響も心配です。タオルで頭をふわっと包み、髪や頭皮をやさしく揉むようにして水分を取っていきましょう。

ドライヤーで髪を乾かさないと頭皮環境にも影響が

「髪の美容には興味がないから、ドライヤーは必要ないし、自然乾燥でいい」と考えていないでしょうか。髪や頭皮を濡れたまま長時間置いておくと、雑菌が繁殖しやすくなるなど、頭皮環境にも影響を及ぼしかねません。そのまま寝てしまうと、さらなる悪影響も……。また、ドライヤーで髪を乾かすことで、濡れ髪で体が冷えるのを防ぎ、風邪予防にもつながります。

ドライヤーは1ヵ所に長く当て過ぎない、時には冷風に切り替えても

ドライヤーで髪を乾かすことは大事ですが、ドライヤーの熱風もまた当て過ぎると乾燥で髪や頭皮を傷めてしまうことがあります。ドライヤーは髪から20センチ程度離すようにし、1ヵ所に長く当て過ぎないよう意識して、時には冷風とも切り替えながら乾かしていきましょう。

浴用石けんで髪を洗ってもいいの?

浴用石けんでも製品によっては洗ってOK

銭湯などでシャンプーを用意するのを忘れて、浴用石けんで髪を洗ってしまった……という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただ、浴用石けんの全てが体を洗うための専用品で洗髪に向かない……ということはなく、製品によっては「髪や顔を洗っても問題ない」としているものもあります。

髪質、頭皮との相性にもよるので浴用石けんを使う時は慎重に

浴用石けんには特に髪や頭皮のための成分は含まれません。また、製品によって洗髪に向かない可能性はありますし、洗髪してもよいという製品でも、使う方の髪質や頭皮との相性がよいとは限りません。浴用石けんを洗髪に使う、特に常用したいという場合はメーカーや販売店に確認するなど慎重に製品を選び、異常が見られたら控えるようにしましょう。

これまでなんとなく習慣通りに済ませてきた洗髪も、あらためて見るとさまざまなポイントがあることに気付いたのではないでしょうか。頭皮を守るのはもちろん、お風呂でリラックスしながらきちんと洗髪すると、それだけで身も心もすっきりしますから、ぜひ試してみてくださいね。

関連する投稿


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。