健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
日本のみそ|東海豆味噌(愛知県) 煮込めば煮込むほどおいしくなる

日本のみそ|東海豆味噌(愛知県) 煮込めば煮込むほどおいしくなる

「豆味噌」は、大豆と食塩を主な原料とする味噌のことで、濃厚な旨みと独特の香り、そしてかすかな渋みが特徴です。愛知・岐阜・三重の東海三県を中心に作られており、郷土料理をはじめとするご当地グルメにもよく用いられています。今回は、豆味噌の特徴と歴史、豆味噌が主役の名物料理をご紹介します。


「豆味噌」は、大豆と食塩を主な原料とする味噌のことで、濃厚な旨みと独特の香り、そしてかすかな渋みが特徴です。愛知・岐阜・三重の東海三県を中心に作られており、郷土料理をはじめとするご当地グルメにもよく用いられています。今回は、豆味噌の特徴と歴史、豆味噌が主役の名物料理をご紹介します。

米味噌や麦味噌にはない特徴を持つ豆味噌

豆味噌の特徴のひとつが、赤みがかった焦げ茶色のような濃い色。この色から、豆味噌は赤味噌とも言われています(赤味噌には、米から作られるものもあります)。他にも、八丁味噌、三州味噌、名古屋味噌など、さまざまな名前で呼ばれています。

豆味噌は、米こうじと大豆で仕込む米味噌や、麦こうじと大豆で仕込む麦味噌とは違い、主に大豆と食塩のみで作られます。蒸した大豆を丸めて「味噌玉」を作り、種こうじと香煎※(こうせん)を混ぜたものを加えて仕込む独特な製法が特徴です。
煮立てると風味が飛んでしまう米味噌や麦味噌と違って、豆味噌は煮込んでも香りが変わりにくく、煮込めば煮込むほど風味が増します。

※香煎…大麦を煎って粉にしたもの。麦焦がしともいう。

現在の「赤だし味噌」は、豆味噌に鰹節などの出汁を加えたものですが、もともとは、豆味噌を使って作られたおみそ汁が「赤だし」と呼ばれていました。
その「赤だし」には、あさりやしじみ、わかめといった水産物、白ネギ、じゃがいも、里芋、かぼちゃ、ほうれん草といった野菜類、豆腐や油揚げ、なめこなどさまざまな具材が用いられています。

豆味噌の歴史は1200年以上

豆味噌の最古の記録は、西暦730年、尾張国(現在の愛知県西部)が豆味噌の一種である末醤(まっしょう)を朝廷に納めたというもの。平安時代の中期には、平安京に未醤(みしょう・当時は味噌がこのように呼ばれた)の店があったとされています。

東海地方といえば、戦国三大武将に数えられる、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の出身地。豆味噌は、戦国武将たちが戦に持参する食糧にも用いられました。
徳川家康が江戸へ移ると、共に多くの愛知の人々が江戸へ移り住み、愛知から江戸へ豆味噌が送られるようになります。こうして、豆味噌は全国に知られることになったのです。

全国で食べられるようになった今でも、豆味噌の産地といえばもっぱら東海地方。特に愛知県岡崎市は、八丁味噌の名前の由来となった八丁村(現在の岡崎市八帖町)があり、当地では今なお、伝統的な天然醸造を続けている老舗があります。

味噌煮込みうどん、味噌カツ、土手煮など……名物料理の宝庫!

豆味噌は、その独特の香りや味、そして煮込めば煮込むほど風味が増すことから、多くの名物料理に使われています。
豆味噌と鰹だしのきいた汁とうどんを土鍋で煮込む「味噌煮込みうどん」、牛すじを豆味噌たっぷりの煮汁で煮詰める「土手煮」、豆味噌をベースにした甘いだし汁で煮込む「味噌おでん」などの煮込み料理はもちろんのこと、トンカツに豆味噌のたれをかけて味わう「味噌カツ」も、いまや全国に知られる名物になっています。

おみそ汁にしてよし、煮込み料理によし、かけだれに使えば肉も、魚も、野菜もおいしくいただける豆味噌。独特の濃厚な風味は洋食や中華との相性もよく、隠し味に使われたり、豆味噌を使ったご当地ハヤシライス「名古屋ハヤシ」なども登場しています。

東海地方で人気の豆味噌を使った味噌だれ製品などは、東海地方以外の大型小売店などで取り扱われることも増えてきました。スーパーで見つけたら、食卓に豆味噌を取り入れてみてはいかがですか?

関連する投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。


健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

朝食は、1日のスタートを切るための大事な栄養源です。できるだけ栄養バランスのとれたヘルシーメニューを摂りたいものですが、毎朝続けるのはなかなか難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。今回は、少しの工夫で朝食をヘルシーにするコツをご紹介します。


最新の投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。