健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
ヘアケア|髪を切って気分一新 春らしく若々しいショートヘアに

ヘアケア|髪を切って気分一新 春らしく若々しいショートヘアに

おしゃれが楽しくなる春、ヘアスタイルを軽やかにチェンジしてみませんか?春らしく若々しい印象を与えてくれるショートヘアは、年齢を重ねた大人の女性におすすめの髪型。今回は、髪のお悩みに応じたショートヘアスタイルのポイントと、美容室でオーダーする時に失敗しないためのコツをご紹介します。


おしゃれが楽しくなる春、ヘアスタイルを軽やかにチェンジしてみませんか?若々しい印象を与えてくれるショートヘアは、年齢を重ねた大人の女性におすすめの髪型。今回は、髪のお悩みに応じたショートヘアスタイルのポイントと、美容室でオーダーする時に失敗しないためのコツをご紹介します。

大人の女性をより魅力的に見せてくれるショートヘア

幅広い年齢層に人気のショートヘア。一度やってみたいと思うものの、自分には似合わなそう、顔の大きさが目立ってしまいそう……と抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。また、これまでずっとロングヘアだった方にとっては、バッサリと切る勇気はなかなか出にくいものです。

しかし、上品さがありながら生き生きとした印象に見せられるショートヘアは、大人の女性にこそ挑戦してほしいスタイル。シルエットを工夫すれば、ボリューム不足や広がりといった髪質の悩みだけでなく、顔のたるみやシワなどのエイジングサインも自然にカバーできるのです。

お悩み別・おすすめのショートヘアスタイル

自分に似合うショートヘアスタイルを見つけるには、今の髪の毛の状態やカバーしたいパーツを知っておくことが大切です。大人の女性に多いお悩み別にポイントをチェックしましょう。

毛量が少なく髪の毛がつぶれやすい

毛量が少ない方のショートヘアのポイントは、トップから後頭部はふんわりとボリュームが出るようにカットを施すこと。襟足はタイトにしてシルエットにメリハリをつけると、後頭部の丸みが強調されます。立体感を出したい部分にだけパーマをかけるのもおすすめ。

毛量が多く広がりが気になる

毛量が多いと、髪の毛がふくらまないようカットで毛量を減らしたいと考えるかもしれません。しかし、ショートヘアの場合、毛量を減らしすぎず適度に重さを残したほうが広がりを防ぐことができます。そのため、ほどよく長さのあるショートボブのようなスタイルが似合います。

うねりやクセが強い

ミディアムヘアやロングヘアだと扱いにくい、うねりやクセはショートヘアならそのまま生かすことができます。うねりが内向きになる部分でカットすると、毛流れに自然なカールをつくれます。トップにボリュームを出したマッシュショートは、クセ毛の方でもチャレンジしやすいスタイルです。

顔のたるみやシワを隠したい

顔のたるみが気になる場合は、トップを強調したスタイルに。視線がフェイスラインから逸れ、頬や顎のラインが引き締まって見えます。おでこや眉間のシワが気になる場合は、前髪を長めにつくると自然にカバーできます。ただし、前髪を厚くしすぎるとトップとのバランスが悪くなるので、全体のシルエットを見ながら調整するのがポイントです。

丸顔や面長顔など輪郭が気になる

丸顔の方は、耳あたりの高さにボリュームが出るよう全体をひし形のシルエットにすると、すっきりと見えます。前髪をセンターパートにすると、縦のラインが強調されて小顔効果がアップ。前髪ありの場合は、おでこが見える隙間をつくり、ふんわりと流すようなスタイルがよいでしょう。
面長顔の方は、トップとサイドにボリュームを出し、襟足はコンパクトに抑えることで顔の長さをカバーできます。顔の重心が下がって見えやすいので、前髪を長めに重くつくるとバランスが取りやすくなります。

美容室でショートヘアをオーダーする時のコツ

せっかくイメージチェンジをするなら、できれば失敗はしたくないですよね。ショートヘア成功のカギを握るのは、美容院でのオーダーの仕方です。最後に、ショートヘアをオーダーする時のコツをいくつかご紹介します。

美容院に行く時はいつも通りのファッション&メイクで

ファッションやメイクは、美容師さんがその人の好みや雰囲気をつかむうえで大切な要素のひとつ。美容院に行く時はおしゃれをして出かけたくなりますが、いつものイメージと違いすぎると、せっかくのヘアスタイルがしっくりこなくなってしまいます。できるだけ普段と近いファッションやメイクで行くと、好みや雰囲気が伝わりやすくなりますよ。特に、初めて訪れるヘアサロンの場合はご注意を。

理想のヘアスタイルに近い写真を2~3枚持参する

満足のいくショートヘアスタイルを叶えるためには、なりたいイメージをできるだけ美容師さんと共有することが重要です。そこで、オーダーしたいヘアスタイルの写真を2~3枚持っていくのがおすすめ。頭の形や顔立ちは人それぞれ違うので写真とまったく同じにすることは難しいかもしれませんが、希望の長さやデザインが分かるものを準備しておきましょう。

髪の毛の悩みを伝える

なりたいイメージを共有したうえで、髪質や毛量、顔型など、ヘアスタイルでカバーしたい悩みもあわせて伝えましょう。解消したい点がより具体的なほうが、美容師さんは対処法を考えやすくなります。

春は新しい出会いが多い季節。思い切ってショートヘアにチェンジして、素敵な第一印象をつくってみませんか。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。