健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|高カカオチョコレートってどう良いの?

健康習慣|高カカオチョコレートってどう良いの?

一般的なチョコレートよりもカカオの含有量が多い、高カカオチョコレート。「○○%」などと数字が大きく印刷されたパッケージのチョコレートに見覚えのある方は多いのではないでしょうか。今回は高カカオチョコレートの概要や、おすすめの食べ方、期待できる効果などについてご紹介します。


一般的なチョコレートよりもカカオの含有量が多い、高カカオチョコレート。「○○%」などと数字が大きく印刷されたパッケージのチョコレートに見覚えのある方は多いのではないでしょうか。今回は、高カカオチョコレートの概要や、期待できる効果などについてご紹介します。

高カカオチョコレートとは?

カカオ含有量70%以上のチョコレートを指すことが多い

「高カカオ」について、特に定められた規格はありません。ただ、一般的なビターチョコレートのカカオ含有量が40%~60%であることから、おおむねカカオ含有量70%以上のチョコレートを「高カカオチョコレート」と呼ぶようになったと見られています。

砂糖の量を控えている製品も

高カカオチョコレートでカカオの量を多くするのは、風味のためというよりも、カカオに含まれる栄養素を効率良く摂るためとされています。健康を気遣う方が食べることも多く、なかには、砂糖の量が一般的なチョコレートより控えめになっている製品も見られます。

高カカオチョコレートに期待できる働きとは?

ポリフェノールが血圧を安定させ、脂肪を燃焼させる

カカオには、苦みや色素の成分であるポリフェノールが非常に多く含まれています。ポリフェノールには、血管の炎症を抑えるなどして血圧を安定させたり、脂肪を燃焼させたりする働きが期待できます。

豊富な食物繊維や特有のたんぱく質でおなかを整える

高カカオチョコレートには食物繊維が豊富に含まれていて、お通じを促すなどおなかを整えるのに役立ちます。また、カカオ特有のたんぱく質は腸内の善玉菌のエサとなって善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるという研究も見られます。

テオブロミンが血流を促し、冷え性を改善

カカオの成分のひとつであるテオブロミンには、手先足先などの末梢血管を拡張して、血流を促す働きがあります。手先足先の血流が盛んになることで、冷え性対策にも効果が期待できるのです。

高カカオチョコレート、おすすめの食べ方は

1日約25グラム~30グラムを、約5グラムずつ5~6回に分けて

カカオの重要なポイントであるポリフェノールは、身体のなかに貯めておくことができません。つまり、一度にたくさん食べても、余ったポリフェノールは排出されてしまうのです。そこで、1日のうち何度かに分けて少しずつ食べると効率が良いとされます。カカオ70%程度のチョコレートであれば、1日に25グラム~30グラム程度を、1回あたりおよそ5グラムずつ、5~6回に分けて摂るのが目安です。

脂質が多いので、おやつの代わりに

高カカオチョコレートは一般的に脂質が多めだといわれます。食事や間食に加えて高カカオチョコレートを食べていると、脂質の摂り過ぎになりやすいのです。そこで、間食や甘い飲み物などの代わりに食べると良いとされています。おやつで砂糖を摂り過ぎるのも防げて、一石二鳥ですね。

料理に入れたり、純ココア(ピュアココア)を活用したりしても

チョコレートが苦手な方には、料理にチョコレートを入れる食べ方をご紹介します。カレーや赤味噌を使う料理など、味付けが濃いメニューとの相性はぴったりです。また、高カカオチョコレートだけでなく、カカオ100%のココア、いわゆる「純ココア(ピュアココア)」でも、高カカオチョコレートと同じ働きが期待できます。ホットココアにすれば身体もあたたまりますし、お料理にもより使いやすいでしょう。

甘味が少なく、苦みが引き立つ高カカオチョコレート。これまでは「仕事中の目覚ましに良いのかな?」などと思っていた方もいるかもしれませんね。これからは仕事中以外でも、毎日適量を上手に取り入れて、ぜひ、高カカオチョコレートを健康維持に役立ててみてください。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。