健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|「ゆず湯」清々しい香りで一陽来復、風邪知らず

健康法|「ゆず湯」清々しい香りで一陽来復、風邪知らず

1年で最も日が短い冬至。この日にゆず湯に入ると、風邪をひかないといわれています。季節ごとの薬湯はさまざまにありますが、ゆず湯は今でも親しまれる方が多い習慣です。今回は、清々しい香り高い旬のゆずを使ったゆず湯について、由来や入り方などをご紹介します。


1年で最も日が短い冬至。この日にゆず湯に入ると、風邪をひかないといわれています。季節ごとの薬湯はさまざまにありますが、ゆず湯は今でも親しまれる方が多い習慣です。今回は、香り高い旬のゆずを使ったゆず湯について、由来や入り方などをご紹介します。

ゆず湯に入って縁起良し

日本では昔から「冬至の日にゆず湯に入ると、1年中風邪をひかない」といわれてきました。これは、江戸時代の銭湯が集客のために、ゆず湯を入れたのがはじまりといわれています。ゆず湯には、「ゆず→融通→物事がうまく運ぶ」「冬至→湯治→湯に入って健康に」の2つの語呂合わせで縁起を担いでいます。

また、ゆずは冬に旬を迎えるため、この時期のゆずは香りがとても豊か。昔から「強い香りは邪気を祓う」と考えられていて、ゆず湯も入れば厄除けになるとされています。端午の節句に菖蒲を使った菖蒲湯に入るのも同じ理由です。菖蒲湯については、以下の記事も参考にしてみてください。

冬至は毎年12月22日頃に訪れます。1年のうちで最も日が短く、翌日から日が伸びていくことになぞらえて、「悪いことが終わり、運気が上昇していく“一陽来復(いちようらいふく)”」を願う日でもあります。良いことが訪れる前に、ゆず湯で身体を清めておこうというわけです。

ゆず湯の入り方

ゆず湯はご家庭でも作れます。お風呂にゆずを入れるだけ……ですが、いくつか入り方のポイントをご紹介します。

果汁を絞り出さない

ゆずの香りは成分「リモネン」によるものですが、お肌の弱い方には刺激が強すぎることも。ギューッとゆずを絞って香りを出すことは、おすすめできません。肌がピリピリする感じがしたら、すぐに入浴を中断してシャワーで洗い流しましょう。

まるごと入れるなら、3個以上が目安

まるごとのゆずを浮かべたゆず湯は、お肌の弱い方におすすめの入り方です。香りを感じるためには3個以上のゆずが必要です。湯船にぷかぷかと浮かぶゆずは、見た目にもかわいらしいです。

皮に切り込みを入れて、もしくは半分にカットして

少量でもゆずの香りが出やすい方法です。皮に何カ所か切り込みを入れてまるごと浮かべるか、半分にカットしてお風呂に入れます。カットしたゆずは、ガーゼや古布に包んでから使用すれば、後片付けも簡単です。浮かべるにとどめ、絞ったりしないようにしましょう。

食べて実感、ゆずの薬効

ゆずのような、強い香りと酸味があり、そのままで食べることに向かない柑橘類は、香酸柑橘類と呼ばれています。すだちやかぼす、レモンなども香酸柑橘類です。

ゆずには、免疫力を高めるビタミンC、それから、疲労の回復を助けるクエン酸が豊富に含まれています。どちらも、風邪をひきやすい時期や、疲れて体力が落ちている時に、積極的に摂りたい栄養素です。

また、ゆずの爽やかな香りは主に「リモネン」という成分によるもので、匂いを嗅ぐとリラックスするうえ、眠気を覚まして気分をスッキリさせてくれる優れもの。免疫力アップ、消化促進、食欲増進なども期待できます。

冬至の頃は、日照時間が短くてすぐ暗くなりますし、年末年始の慌ただしさもあいまって、気分がすぐれない方も多いよう。寒さゆえ、身体も縮こまってこわばりがちです。ゆずを浮かべたお風呂にゆったりとつかれば、冬にさらされた身体も心もほぐれていきます。この時期にぴったりのゆず湯で、一陽来復の準備を整えましょう。

関連する投稿


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。