健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|マスク、正しく使えてる?

健康習慣|マスク、正しく使えてる?

風邪やインフルエンザの予防にはマスクをする……マスクをするのは「ウイルスを吸い込まないため」などと考えている方も多いかもしれません。今回は、マスクの効果をおさらいしながら、間違いがちなマスクの付け方、正しい効果が得られる付け方についてご紹介します。


風邪やインフルエンザの予防にはマスクをする……マスクをするのは「ウイルスを吸い込まないため」などと考えている方も多いかもしれません。今回は、マスクの効果をおさらいしながら、間違いがちなマスクの付け方、正しい効果が得られる付け方についてご紹介します。

マスクをする「効果」をおさらいしよう

鼻や喉の周りを保湿することで抵抗力を保つ

マスクというとフィルターのイメージが強いのか、つい「異物を吸い込むのを直接防ぐ」ものだと考えがちです。花粉症の場合はその通りですが、風邪やインフルエンザのウイルスは一般的なマスクの編み目よりもずっと小さく、直接侵入を防ぐことはできません。
実は、マスクの大事な効果のひとつは「保湿」なのです。空気が乾燥すると、鼻や喉が本来持っている、異物を外へ出す働きが弱まり、抵抗力が落ちてしまいます。そこで、マスクを使って鼻や喉の周りを覆うことで湿度を保ち、抵抗力をキープするのです。また、ウイルスは湿気に弱いため、その点でも効果が期待できます。

他の人への感染を避ける

風邪やインフルエンザに感染した方がマスクをしていないと、つい自分の鼻や口を手などで触ってしまい、その手でさまざまなところに触れてウイルスを広げてしまうといった危険性が高まります。また、マスクをしていないと咳やくしゃみでウイルスが飛んでしまうので、ウイルスから感染する「飛沫感染」の危険性も高まります。

間違えがちなマスクの使い方

鼻を出したまま口だけに当てる

口だけにマスクを当てていても、咳やくしゃみのしぶきを抑えることはできますが、鼻の抵抗力を保つ効果はなくなってしまいます。息苦しいのを嫌って、鼻を出す付け方がよく見られますが、自分自身の風邪、インフルエンザ予防としてはおすすめできません。

ワイヤーを鼻の形に合わせていない

一般的な不織布マスクの上部(鼻側)にはワイヤーが入っていますが、これは息苦しくならないようにすき間を作るためではありません。鼻の突起に沿って、ぴったりとマスクを付けるための仕様なのです。ここにすき間があると、保湿の効果が下がりますし、咳やくしゃみから発生するウイルスを抑える効果も弱まります。

ゴムを耳にかけたままマスクを下げて顎にかける

飲食する時や会話をしづらい時などに、ついやってしまいがちな付け方ですが、短時間でもおすすめできません。もし、顎の付近にウイルスなどがついていた場合は、マスクの内側にもそれがついてしまいます。マスクをかけ直したはずが、密閉状態で内側についたウイルスを吸い込んでしまうかもしれないのです。

正しい使い方でマスクの効果を引きだそう

サイズを合わせ、なるべく顔にフィットさせる

マスクの付け方の基本は「周囲を顔にフィットさせ、すき間を作らない」ことです。サイズの合わないマスクは、大きすぎても小さすぎてもすき間ができやすくなります。また、ワイヤーが入っている場合は鼻の形に合わせて、マスクの上部を顔から浮かせないようにすることも重要なポイントです。

顎を出さず、包むようにかける

プリーツ(ひだ状に折りたたまれた部分)があるマスクの場合は、顔とのすき間を作らない意味でも、顎からウイルスがつくのを防ぐ意味でも、マスクで顎までしっかり覆うのがおすすめです。プリーツを広げ、顎を包むようにして付けるようにしましょう。

ウェットティッシュを挟んで2枚使いするアレンジも

「正しい使い方」というよりもアレンジ法ですが、保湿効果を高めるために、ウェットティッシュなどを挟んで2枚重ねしたマスクを付けるというのも、おすすめの付け方です。ポケットに濡らしたパーツを入れるタイプのマスクに近い状態を作ることができます。

マスクの効果に「保湿」があることに、驚いた方もいるのではないでしょうか。乾燥しがちの季節、加湿器が苦手な方などは、寝る時にマスクを付けるのもおすすめです。正しい付け方で、風邪やインフルエンザを寄せ付けないようにしましょう。

関連する投稿


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。