健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|緑茶コーヒー 一緒に飲むと思わぬ相乗効果が

健康習慣|緑茶コーヒー 一緒に飲むと思わぬ相乗効果が

緑茶もコーヒーも多くの方に愛好される飲み物ですが、なんとこの2つを一緒に飲むと、互いのデメリットを抑えつつ、両方の健康効果を得られるといわれているのです。今回は、それぞれ同時に飲んでも、混ぜて飲んでもOKの「緑茶コーヒー」の栄養などについてご紹介します。


緑茶もコーヒーも多くの方に愛好される飲み物ですが、なんとこの2つを一緒に飲むと、互いのデメリットを抑えつつ、両方の健康効果を得られるといわれているのです。今回は、緑茶コーヒーの栄養や飲み方についてご紹介します。

コーヒーと緑茶、それぞれのメリットとは

コーヒーには若々しさを保ち、脂肪燃焼を促すクロロゲン酸が

コーヒーにはカフェインに加えて、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。このクロロゲン酸には若々しさを保つ抗酸化作用や、脂肪の燃焼を促す働きが期待できるといわれます。

緑茶には脂肪燃焼に加えて腸内環境を整えるカテキンが

緑茶にも抗酸化作用に優れ、脂肪燃焼を促すといわれるポリフェノール、カテキンが多く含まれています。このカテキンには、腸内の悪玉菌を減らし、腸内環境を整える働きもあるとされています。

一緒に飲むとデメリットを抑えて相乗効果に

血糖値の急激な上昇を抑える

コーヒーと緑茶に含まれるカフェインには自律神経のうち活動をつかさどる「交感神経」を刺激する働きがあり、飲んだ直後は一時的に血糖値や血圧が上がるといわれています。一方、緑茶のカテキンには急激な血糖値の上昇を抑える効果があるため、カフェインの働きを食い止め、腸からの糖の吸収をおだやかにしてくれるのです。

自律神経のバランスを整える

コーヒーと緑茶のカフェインが交感神経を刺激するのに対して、緑茶に含まれるうま味成分アミノ酸の一種、テアニンにはストレスを和らげる効果があり、リラックスをつかさどる「副交感神経」の働きを高めます。つまり自律神経のバランスを整え、活動的になり過ぎるのを抑えてくれるのです。

ペットボトルやインスタントもOK、ただミルクは控えて

おすすめのタイミングは「運動の1時間前」、「食前」

カテキンもクロロゲン酸もポリフェノールの一種ですが、ポリフェノールは体内に入るとすぐに吸収・排泄されます。そのため、体内に入って1時間ほどで、両者の脂肪を燃やす働きはピークを迎えるとされています。緑茶コーヒーの脂肪を燃やす効果に期待するなら、運動中にピークを迎えられるよう、運動を始める1時間前に飲むか、食後にピークを迎えられるよう、食前にカップ1杯飲むのがおすすめというわけです。

インスタントやペットボトルでも成分が変わらなければOK

お茶は茶葉で、コーヒーはドリップで淹れなければ……ということはなく、カテキンやクロロゲン酸が含まれているものであれば、インスタントやペットボトル飲料のものでも構いません。また、カフェインレスコーヒーにもクロロゲン酸は含まれていますから、カフェインの苦手な方はカフェインレスコーヒーを使っても良いでしょう。

ミルクはクロロゲン酸の吸収を妨げてしまう

「コーヒーはミルクと砂糖がないと飲めない」という方もいらっしゃるかもしれません。ただ、ミルクのたんぱく質とクロロゲン酸は結合しやすく、吸収を妨げてしまいますので、控えるか、豆乳を使うようにしましょう。砂糖は直接の影響はありませんが、糖分ですから摂り過ぎには注意したいところです。

緑茶とコーヒーはそれぞれ同時に飲んでも、混ぜて飲んでもOK。「混ぜる」と聞くと、双方の風味が損なわれるのでは?と考えるかもしれませんが、1:1だとコーヒーの風味が強く、さほど違和感はありません。逆に、コーヒーの苦手な方にも飲みやすいすっきりとした味になるともいえます。好みに合わせて比率も工夫しながら、自分なりの緑茶コーヒーを見つけてみてください。

関連する投稿


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。


健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

「夏野菜の○○」と銘打ったメニューが登場するなど、季節ごとの野菜の中でも特に注目されることが多い夏野菜。手ごろな価格で出回る時期になると、つい手に取ってしまっていつも冷蔵庫が一杯に……なんて方もいるのではないでしょうか。今回は、これから旬を迎える夏野菜の栄養や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

湿度も気温も高くなる梅雨。急激な気候の変化は、体調にさまざまな不調をもたらし、食欲もなくなりがち。そんな時は、体をいたわりながらさっぱりと味わえる健康メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。おいしく食べて、梅雨に負けない体作りを目指しましょう。


健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

ジメジメとした雨の日が続き、気分まで憂うつになりがちな梅雨の時期。今回は、過去にご紹介した湿気対策に関する記事のなかから、特に読み返していただきたいものをまとめました。健やかな心と体で過ごすためのポイントを、ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。