健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
おみそ汁|暑気払い&むくみ対策に「冬瓜のおみそ汁」

おみそ汁|暑気払い&むくみ対策に「冬瓜のおみそ汁」

名前に“冬”が付いていますが、冬瓜(とうがん)の旬は夏。冷暗所で保存しておけば冬まで保つということで、この名が付いたといわれています。冬瓜はそのほとんどが水分なので水分補給に適しています。さらに、むくみ対策など夏にぴったりの栄養素が含まれているので、暑気払いの食材として摂るのも良いです。 今回はそんな冬瓜の栄養や、おすすめの食べ方「冬瓜のおみそ汁」についてご紹介します。


名前に“冬”が付いていますが、冬瓜(とうがん)の旬は夏。冷暗所で保存しておけば冬まで保つということで、この名が付いたといわれています。冬瓜はそのほとんどが水分なので水分補給に適し、さらには夏にぴったりの栄養素が含まれています。今回はそんな冬瓜の栄養や、おすすめの食べ方「冬瓜のおみそ汁」についてご紹介します。

夏にぴったり、涼を呼ぶ「冬瓜のおみそ汁」

さっぱりした味わいと、涼しげな色あいが夏らしい冬瓜。昔から民間療法に用いられ、のぼせやむくみ、尿の出が悪い時に良いとされてきました。実際に、冬瓜には余分な水分・塩分を排出するカリウムが豊富です。また、冬瓜はその95パーセントが水分で、発汗時の水分補給に優れ、のぼせなどの熱感を伴う不調を沈めてくれます。

そんな冬瓜の食べ方でおすすめなのは、いつもの手順で気軽に作れるおみそ汁です。夏場はどうしても冷たいものが欲しくなり、胃腸を冷やしがち。温かいおみそ汁にすることで、胃腸を温めながら、体の余分な熱や水分を取り除いてくれます。

また、冬瓜は味がよくしみ込むので、おみそ汁や含め煮など、水分の多いメニューと好相性。水に流れ出てしまうビタミンCも、汁ごといただくことによって効率良く摂取できます。

冬瓜の栄養「カリウム」と「サポニン」に注目

冬瓜の約95パーセントが水分ということは前述した通りですが、残り5パーセントのなかに体を健やかに維持する栄養素が含まれています。ここでは、冬瓜の注目すべき2つの栄養素「カリウム」と「サポニン」についてご紹介します。

むくみや重だるさがある方に「カリウム」

カリウムは体内の塩分バランスを適切に維持したり、血圧を正常に保ったり、心臓や筋肉機能を調節したり、さまざまな調整機能を担う栄養素。ざっくりいえば、血や細胞内の水分など「水周りのバランス」を整える働きをしています。

体に余分な水分が停滞していると、むくみが辛い、体がずっしりと重だるいといった不調が出てきます。冬瓜に含まれるたくさんの水分と一緒にカリウムを摂取することで、効率良く余分な水分を排出して、これらの辛さを軽減してくれます。

中性脂肪が気になる方に「サポニン」

見逃せないもうひとつの栄養素がサポニンです。サポニンは糖分や脂肪の吸収を抑え、コレステロールや中性脂肪を減少する効果があることが分かっています。しかも、冬瓜は100グラムあたり16キロカロリーととてもヘルシー。体重が気になる方にもおすすめしたい食材です。

さらに、サポニンは免疫機能を担う細胞を活性化する働きがあるので、夏風邪予防にもぴったり。血行を促進する機能もあるので、クーラーによる冷えや肩こりの予防も期待できます。冷えがある方は、冬瓜のおみそ汁などの温かいメニューで摂るようにしましょう。

余りがちな冬瓜は、冷凍で1ヵ月保存OK

食べきりサイズの冬瓜も出回っていますが、最も入手しやすい冬瓜はその大きさが悩みどころ。余らせてしまいそうなサイズなため、なかなか手に取りにくいという声もよく聞きます。でもご安心を。冬瓜は冷凍保存に向く食材で、冷凍庫で1ヵ月程度の保存が可能です。

冷凍する際には、皮をむいて使いたいサイズにカットしてから、ラップや保存袋に入れてから冷凍庫へ。使う時は凍ったまま鍋へ投入して、おみそ汁などのスープ類や、煮物などに使えます。冷凍した冬瓜は、日持ちもするうえ、生のものより味しみがよく一石二鳥です。

冬瓜は暑さで調子を崩した体にぴったりで、夏の健康づくりやダイエットに適しています。冷凍野菜としても優秀なので、実は意外と使いやすい食材です。暑気払いの食材として、暑さが残る秋のはじめまで、ぜひ積極的に摂るようにしてみてください。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。