健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
語源・由来|「水無月/あんばい」 梅雨の季節に気になる語源

語源・由来|「水無月/あんばい」 梅雨の季節に気になる語源

6月から7月にかけての雨の多い時期を「梅雨」といいます。 その名の由来は、梅の実が熟す季節と雨期が重なっているからとか、カビの生えやすい時期の雨が「黴雨(ばいう)」と名付けられ、のちに漢字が変わったなどの説があるそうです。今回ご紹介する、雨の多い6月の異称「水無月」や、加減・具合のことをいう言葉「あんばい」も、語源は「梅雨」の季節に関係するものです。


6月から7月にかけての雨の多い時期を「梅雨」といいます。その名の由来は、梅の実が熟す季節と雨期が重なっているからとか、カビの生えやすい時期の雨が「黴雨(ばいう)」と名付けられ、のちに漢字が変わったなどの説があるそうです。「梅雨」については、以下の記事もあわせてお読みください。

今回は、梅雨の季節に知っておきたい言葉の語源を探ります。

梅雨の時期なのに水が「無い」とは? 「水無月」

日本で昔から使われている、睦月、如月、弥生といった月の異称。6月の異称は「水無月」といいます。しかし、6月といえば雨の多い時期。それなのになぜ「水の無い月」というのでしょうか。

そもそも水無月は「陰暦」6月の異称です。陰暦は現在の暦と1カ月ほどのずれがありますから、陰暦6月の水無月にあたるのは、今でいう梅雨のあけた頃にあたります。では、梅雨があけて暑いから水無月なのでしょうか。実は、「水無月」の「無」は「ない」という意味ではなく、連体助詞の「な」であり、水無月とは「水の月」の意味で、陰暦6月は田に水を引く季節だから水無月というようになったといいます。ちなみに、神無月の「無」も同様で、神様がいない月という意味なのではなく、神をまつる月だから「神の月」という意味なのだそうです。

水無月の語源には諸説あり、そのなかには、梅雨明け後の暑さで水が枯れるから「水無月」となったという説もあります。また、平安時代の歌学書『奥義抄』では、農事がみな、しつきてしまうから「みなしつき」といったのを誤った、としています。

2018年の夏は猛暑で雨が少なく、各地で水源が乏しくなり、水田の水も足りなくなるのではと心配されました。その一方で、豪雨被害も深刻でした。陰暦6月の異称、水無月の由来には、諸説ありますが、水が気がかりになる時期であることは今も昔も変わりありません。

塩と梅酢から生まれた言葉 「あんばい」

加減、具合のことをいう言葉「あんばい」。大変便利な言葉で、「汁物のあんばいをみる」というように料理の味加減のことを指し、「お天気のあんばいも良いから出かけようか」といえば物事の具合や調子を指し、「最近、体のあんばいが今ひとつだ」などと体の健康状態をいう時にも使います。また、「適当にあんばいしておけば大丈夫だ」など、物事の具合、様子を考えて、程よく物事を並べたり、整え、処理したりする時にも使います。

漢字では、塩梅、按排、案配、按配などの字をあてます。そのうちのひとつ、「塩梅」のもともとの読み方は「えんばい」でした。「塩梅」とは調味料の塩と梅酢のことです。味の基本は、甘、鹹(塩味)、苦、酸、辛の五味であるといわれ、そのなかでも基本となるのは、塩味と酸味といわれます。この酸味を出すのに、よく使われたのが梅酢でした。そこから、食物の調味に使われる塩と梅酢を「塩梅」というようになり、また、味加減のことも「塩梅」というようになりました。

一方、程よく物事を並べたり、処理したりすることを指す「按排」という言葉はもともと別にありました。しかし、「塩梅(えんばい)」と「按排」は、どちらも「良い加減に整える」という似た意味をもっていて、音も似ていたために、2つの言葉は混同されるようになりました。近世には、「塩梅」は「あんばい」と読まれるようになっていたようです。そして現在、「あんばい」は、味加減から、物事の具合や調子、健康状態のことまで、さまざまな加減、調子を表す言葉となりました。

「塩梅」の言葉のもととなった「梅酢」。「あんばい」の語源を知ることで、この調味料のありがたみがいっそう感じられるのではないでしょうか。梅雨どき、空の「あんばい」を見ながら、梅仕事をされる方々のご苦労には頭が下がります。今年の梅仕事もどうか、うまくいきますように。また梅酢は市販品もありますから、時には梅酢を食事にとりいれ、健康増進をはかってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。