健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
間違いやすい日本語|「存亡の機」「足をすくわれる」 一字加えると誤用になる慣用句

間違いやすい日本語|「存亡の機」「足をすくわれる」 一字加えると誤用になる慣用句

付け加える必要のないものを「蛇足」といいますが、知っているつもりの言葉でも、いらない一文字を加えていることがあるかもしれません。今回は、漢字一文字で間違ってしまう、「存亡の機」と「足をすくわれる」の二つの日本語をご紹介します。


付け加える必要のないものを「蛇足」といいますが、知っているつもりの言葉でも、いらない一文字を加えていることがあるかもしれません。今回は、漢字一文字で間違ってしまう日本語をご紹介します。

大事なかなめか、危ない状態か 「存亡の機」

「存在と滅亡」を表した言葉、「存亡」について、まずはこの言葉の使い方のクイズです。

問. 「存続するか滅亡するかの重大な局面」を表す言葉はどちらでしょう

1. 存亡の機
2. 存亡の危機

答えは1「存亡の機」です。この問は、文化庁による平成28年度「国語に関する世論調査」で、実際に出題されたものですが、調査の結果、本来のいい方ではない「存亡の危機」を選んだ人がなんと8割を超えるという結果が出ました。

「存亡の機(き)」は、古代中国の戦国時代、遊説家の弁論や逸話をまとめた書物『戦国策』に出てくる言葉です。「機」には、「機を見る」などというように機会、時機といった意味があります。また物事の大事なところ、かなめ、といった意味もあります。「危機」という言葉は「極めて危ない状態」のことに限定されます。しかし「存亡」という場合、「存」の可能性もあるわけですから、存亡の機は、生き残るか、滅亡するかの「かなめ」や重大な「時機」を指すものとして、「機」を使うのが本来とされます。

とはいえ、「存亡の危機」も文脈に即していれば日本語として不自然ではなく、間違っているとはいい切れません。ただし、本来のいい方は知っておいたほうが良いでしょう。

「存亡の機」と同意の言葉に、「存亡の秋」があります。この「秋」は「とき」と読むのが正解。こちらは中国の三国時代、諸葛亮が蜀の皇帝に奏上した前出師表に記されている「危急存亡之秋」が基になっています。こちらの「秋(とき)」も「重大な時期」を指す言葉。同様の使い方をした言葉に、事件や問題が多く起こっている時期や、国家や社会が不安定な時のことをいう「多事之秋(たじのとき)」があります。「存亡の機」の本来のいい方とともに、「秋(とき)」の読み方もぜひ合わせて覚えておいてください。

払われるのは足か足下か 足をすくわれる

柔道や相撲などの技に、「足払い」があります。足や手で相手の足を払って重心を崩し、体を倒す技ですが、タイミングが合うと見事にスパッと決まります。このように、人は思いがけず片足の支えを失い、攻撃を受けると、たちどころに体を崩されてしまうものだということがよくわかります。

今回は、この「足払い」にまつわる慣用句からクイズです。

問. 「卑劣なやり方で、失敗させられること」を表す言葉はどちらでしょう

1. 足下をすくわれる
2. 足をすくわれる

答えは2の「足をすくわれる」です。辞書で「足をすくう(掬う)」を調べると、「(相手の足を払うようにして支えを失わせる意から)相手のすきに付け入って、思いがけない手段で相手を失敗、敗北に導く(精選版 日本国語大辞典)」と出ています。「足をすくわれる」とはまさに、タイミングを見計らって足払いをかけられた状況を例えに使った言葉なのです。


先ほどのクイズは、平成28年度の「国語に関する世論調査」で出題されたものです。どちらのいい方を使うか尋ねたところ、6割を超える人が、本来のいい方ではない「足下をすくわれる」のほうを選んでいました。

「足もと(足下・足元)をすくわれる」は慣用句としては間違いといわれているのですが、その理由としては、すくわれるのは足もとではなく、足であるからだといわれています。「足もと」を「足が地についている場所」と定義すれば、たしかに、すくうのは無理ですね。しかし、「足もと」には「足の下部」の意味もありますから、足もとをすくうといういい方は絶対に間違いだとはいい切れません。また、「足もとを見る」「足もとに付け込む」という慣用句もあるように、「足もと」は「弱点」を想起させる言葉です。こうした影響もあって、「足もとをすくわれる」といういい方を多くの人が使うようになっていったのではないでしょうか。

格闘技でもしていない限り、足のすくい技をかけられる体験はなかなかできるものではありませんが、支えを不意に失って倒される感覚というのは不思議と想像できるものです。「足をすくわれる」が「すきをつかれて失敗させられる」意味として誰にでも通じる慣用句になっていったのは日本語のおもしろいところですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。