健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
平成特集|メンタルが話題になる時代の言葉

平成特集|メンタルが話題になる時代の言葉

言葉は時代とともに変わり続けます。昔からある言葉も意味が変わっていきますし、平成は、さまざまなメディアを通じて、新しい言葉が生まれ、拡散されるスピードが一気に上がった時代でもあります。今回は、「心が折れる」「上から目線 」と、平成の世に、変化した言葉・新たに生まれた言葉を見つめながら時代を振り返ってみませんか。


言葉は時代とともに変わり続けます。昔からある言葉も意味が変わっていきますし、平成は、さまざまなメディアを通じて、新しい言葉が生まれ、拡散されるスピードが一気に上がった時代でもあります。今回は、平成の世に、変化した言葉、新たに生まれた言葉を見つめながら時代を振り返ってみませんか。

骨でも、肉でもなく 「心が折れる」

「心が折れる」という言葉を使ったことはありますか?実はこの言葉、比較的新しい表現なのです。よく使うという方もいれば、そもそも聞いたことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。

「心が折れる」とは、苦難や逆境などで、その人を支えていたよりどころがあっという間になくなってしまうことや、心の支えを失い、意欲がなくなる、障害にぶつかってくじけることをいいます。
文化庁による平成28年度の「国語に関する世論調査」では、「心が折れる」について「聞いたことがない」と答えた人はわずか1割でしたが、年齢別に見てみると、70代以上では「聞いたことがない」人が2~3割に上りました。また「心が折れる」を「使うことがある」と答えた人は、10~40代では6~7割にも上るのですが、60代以上となると「聞いたことはあるが使うことはない」を選ぶ人が5割以上をしめました。「心が折れる」は世代によって親しみ度が大きく違う言葉なのです。

では、「心が折れる」は、いつからどのように使われる言葉になっていったのでしょう。デジタル大辞泉(小学館)は「心が折れる」について、“近年になって「心折れる」から意味が転じたとみられる。2000年代半ばからスポーツ選手が多用し、一般に広がった”と補説を入れています。
「心折れる」は、気持ちや考えを相手側に曲げるという意味です。気持ちが弱る意味にも使いますが、心がやわらぐ、気がなごむという意味でも使われる点が、現在の「心が折れる」の意味とは違う点です。

スポーツ選手が多用して広がったという「心が折れる」ですが、昭和から平成に変わろうとするまさにその時代に、元柔道選手にして女子プロレスラーの神取忍が語った言葉として「心が折れる」が登場します。1991年(平成3年)に第22回大宅壮一ノンフィクション賞を受けた井田真木子『プロレス少女伝説』で、神取忍は自身が柔道をやっていたことに触れ、「勝負に負けるときっていうのはさ、最初に、心が折れるってこと知ってたんだよ」と続けています。優れたスポーツ選手はイメージ力も強いといわれます。勝負師の鋭い感性には、目に見えないはずの「心」が感じ取られ、またその「折れる」音すら聞こえたのかもしれません。

「メンタル」という言葉がよく使われるようになったのは平成に入ってからではないでしょうか。精神的な強さや弱さが生きていくうえで問われる時代に、「心が折れる」は、見えないはずの心のありさまを誰にでもイメージできるようにしたからこそ、広まったようにも思えます。他者への共感を呼ぶ言葉が新たに生まれ、広まるというのは、いかにも平成らしいといえるかもしれません。

上司から後輩まで、汎用性のある言葉 「上から目線」

「上から目線」は、上の立場からものを言っているような言葉づかいや、人を露骨に見下した態度を取ることをいいます。文化庁の平成29年度の「国語に関する世論調査」で、「上から目線」について聞いたことや使ったことがある言い方かをたずねたところ、全年代においてよく知られた言葉であることがわかりました。その一方で、「使うことがある」と答えた人は、10~40代では7~8割に上ったのに対し、70代では「使うことがある」のは3割程度、「聞いたことはあるが、使うことはない」と答えた人が6割となりました。

「上から目線」という言葉は、基本的に、実際に上の立場の者が下の者に対して示す言動に使う言葉です。例えば、子どもが親や先生の注意や指導に反発するような場面で、「上から目線で言うのはやめて」などと使います。しかし近年、「上から目線」は、「後輩のくせに、上から目線だ」というような使い方もされてきています。この表現は、対等、または下の立場の人に、上から見下すような言い方をされた、ばかにされているような接し方をされたと感じて、その態度を非難するという意図で使われているようです。

「上から目線」という言葉に、ギスギスしたものを感じる方もいるかもしれません。しかし、よくよく考えてみると、実はユーモアのある言葉にも思えます。「目線」は、「消費者目線」「子ども目線」などと使うように、その立場におけるものの考え方やとらえ方をいう言葉ですが、「上司目線」や「上役目線」といった言葉でもなりたつところを、「上から」と位置だけ示して、目線の主は限定させていません。そのおかげで「上から目線」は汎用性があり、かつ、にやりと人を笑わせる、うまい言葉になっているとも捉えられる気がしますね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。