健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|「ようかん/ういろう」 菓子にまつわる語源

語源・由来|「ようかん/ういろう」 菓子にまつわる語源

細長く作った和菓子の総称を「棹物菓子」といいます。その代表格が、ようかんとういろうです。「ようかん」は、小豆などの餡を寒天などで固めたもの。「ういろう」は、米粉と砂糖を練り混ぜて蒸したもので、もっちりとした口当たりに独特のおいしさがあります。今回は、羊羹とういろう、二つの棹物菓子のルーツに迫ります。


細長く作った和菓子の総称を「棹物菓子」といいます。その代表格が、ようかんとういろうです。「ようかん」は、小豆などの餡を寒天などで固めたもの。「ういろう」は、米粉と砂糖を練り混ぜて蒸したもので、もっちりとした口当たりに独特のおいしさがあります。今回は、羊羹とういろう、二つの棹物菓子のルーツに迫ります。

本当は羊肉のスープだった 「ようかん」

黒くつやのある外観がシンプルで美しいたたずまいのお菓子、ようかん。漢字では「羊羹」と書きます。羊羹は、餡に寒天を加えて練り固めた練り羊羹が有名です。そのほかにも、餡に小麦粉や葛粉を加えて蒸す、モチモチした「蒸し羊羹」や、水分が多く寒天で冷やし固める「水羊羹」があります。

さて、この「羊羹」、材料も形も羊は関係なさそうなのに、「羊」という文字が入っているのが不思議です。「羊羹」の名前はいったいどのようについたのでしょうか。

中国の詩集『楚辞』の中に、「羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」という諺があります。この諺は、熱々のスープ(羹)を飲んでやけどをしたことに懲りて、冷たい酢の物(膾)まで吹いて冷まして食べようとすることで、一度失敗したのに懲りて、度の過ぎた用心をすることのたとえとして使われます。このように中国では、熱い吸い物のことを「羹」といい、実は「羊羹」とは字の通り、羊のスープのことでした。

「羊羹」は禅宗の文化とともに、日本に渡来したのですが、僧侶は肉食が禁じられていたため、小豆で代用し、羊の肝の形に作って蒸し、汁に入れて供しました。のちに、蒸し物のまま茶菓子として供されるようになり、それが現在の蒸し羊羹の原型になったといいます。

また、羊のレバーによく似た見た目の、小豆と砂糖を使った「羊肝餅」「羊肝こう」という蒸し餅が中国にあり、この菓子が羊羹のルーツになったともいいます。「羊肝こう」が日本に伝わった際、「肝」と「羹」の発音と読み方が同じであることから、先のスープのほうの「羊羹」と混同され、菓子のほうに羊羹の字が使われるようになったというのです。

当初は、蒸して作る羊羹が主流でしたが、江戸時代には寒天の製法が確立したこともあって練り羊羹が全盛期を迎えます。現代でも、水分が少なく糖分が多く、日持ちがよい練り羊羹は贈答用にも好まれている和菓子です。

ところで、意外な分野で羊羹が高く支持されているのをご存じでしょうか。それは、マラソン、登山、自転車など、長時間の運動をする人たちです。手軽にエネルギーを補給できる携帯食料としてミニサイズのスティックタイプの羊羹は人気があり、スポーツシーン専用の羊羹も発売されているほど。とりわけ、自転車で走る人たちには、長時間のサイクリングにおけるエネルギー補給は必須。小さくて高カロリー、さらにしっとりしていて口の中の水分を奪わず、しかも気温が高くてもチョコレートのように溶ける心配もない羊羹は、重宝されているのです。コンビニエンスストアでも手軽に買えるミニ羊羹。旅行など、長時間のお出かけの空腹対策に、ひとつ、バッグに忍ばせておくのもよいかもしれませんね。

痰を切る薬の名前だった 「ういろう」

ういろうは、漢字では「外郎」と書き、正しくは「外郎餅」といいます。その名の由来は、なんと痰切りや口臭消しの薬の名前からつけられたもの。さらに由来を辿ると、中国の官僚の名前がもととなっているのです。

かつて中国には、「員外郎(いんがいろう)」という官僚名がありました。元王朝の員外郎であった陳宗敬が室町時代、日本に帰化した際に「透頂香(とうちんこう)」という薬を伝えます。陳宗敬は家名を「外郎」とし、その外郎家が透頂香を製造したために、「透頂香」は「外郎」という別名で呼ばれるようになったのです。

餅菓子が、ういろうと呼ばれるようになったいきさつには二つの説があります。ひとつは、この菓子はかつて黒砂糖で作るのが一般的で、色の黒さなど見た目が「外郎薬」とよく似ていたから、というもの。もうひとつの説は、この菓子が外郎薬を飲む時の口直しに用いられたから、というものです。

歌舞伎十八番の演目のひとつに『外郎売』があります。十八番の語源に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

さて、この『外郎売』の見どころは、外郎薬の行商人による長広舌です。特に、薬の効果を見せるために、外郎売が1粒口にして、すっきりするばかりか、舌がよく回るようになるといって、次から次へと早口言葉を繰り出し薬の効き目を盛大にアピールするところが非常におもしろい演目です。この台詞は、演劇やアナウンスを学ぶ時の滑舌練習のテキストとしても知られています。日本語のおもしろさ、洒落のうまさに脱帽させられる見事な長台詞ですから、機会あれば一度音読してみるのもよいかもしれません。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。


郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。