健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
間違いやすい日本語|「ジンクス」「たそがれる」実は反対の意味

間違いやすい日本語|「ジンクス」「たそがれる」実は反対の意味

言葉のイメージには、いいものと悪いものがありますね。そのイメージ、実は本来の意味と逆だったら……? ポジティブ、もしくはネガティブな思い込みのイメージが反転するかもしれない、よく間違われている言葉でもある、「ジンクス」と「たそがれる」をご紹介します。


言葉のイメージには、いいものと、悪いものがありますね。そのイメージ、実は本来の意味と逆だったら……? ポジティブ、もしくはネガティブな思い込みのイメージが反転するかもしれない、よく間違われている言葉をご紹介します。

実は「不吉なこと」が本来の意味「ジンクス」

「ジンクス」という言葉の正しい使い方は次のうちどちらでしょうか。

1. 2年目のジンクスどおり、彼の成績は振るわなかった
2. 監督の勝利のジンクスで、チームは3連勝した

一見、どちらも間違っていなさそうです。実際に「ジンクス」を辞典で調べてみると、「縁起のよい、または悪い言い伝え、縁起を担ぐ対象とする物事(出典 小学館デジタル大辞泉)」と書かれています。
ですが、ジンクスは実は本来「縁起の悪い物事」を指す言葉。1が正しく、2は本来であれば間違いなのです。

ジンクスは英語で「jinx」と書きます。日本大百科全書(ニッポニカ)によれば、「古代ギリシアで、魔術に使った鳥の名・jugxに由来し、不吉なことや人力の及ばない運命的な物事や定めを意味している」とのこと。よく知られているジンクスには「13日の金曜日は不吉」とか「黒猫が横切ると不吉」などがあり、根拠がないとされながらも、根強く存在し続けています。

現在の日本では、「幸運を呼ぶジンクス」「恋愛成就のジンクス」など縁起のよい意味にも使うことが増えているのですが、本来「ジンクス」は「縁起の悪い物事」を指す言葉ですから、間違った使い方は避けたいものです。縁起のよい物事についての表現には「縁起を担ぐ」「験を担ぐ」という言葉があります。先ほどの問題なら、「監督の勝利の験担ぎで、チームは3連勝した」と言い換えるといいですね。

「ジンクスを破る」という言葉には、根拠のない言い伝えを覆す爽快さ、困難を乗り越えた人への惜しみない賛辞が含まれているよう。スポーツ、学問、さまざまな分野で、今年も「ジンクスを破る」強い人たちの姿が見たいものですね。

夕方を指す言葉だが、別の意味合いも「たそがれる」

「たそがれ」とは、漢字で書くと「黄昏」。日が暮れて薄暗くなってきた頃を指す言葉です。江戸時代には「たそかれ」と言いました。夕暮れ時、人の顔の判別がつかなくなる時間帯を「誰そ彼(誰ですか?あなたは)」と言い表したのです。対になる「かわたれ(彼は誰)」という言葉もあり、こちらは夜明け時を指します。

では、「(人が)たそがれる」というとき、その正しい意味はどちらでしょうか。

1. 物思いにふける
2. 人生の盛りを過ぎる

答えは、2。「たそがれる」には、「盛りを過ぎて衰える。人生の盛りを過ぎる」という意味があるのです。ですが、実は近頃は、1の意味で誤用されることが多くなっているのです。

物思いにふけっている様子や、物憂げな様子でいる人を「彼が教室の窓辺でたそがれている」などと言うのが代表的な誤用。人生の盛りを過ぎた人の様子と結びつけてか、あるいは、1日が終わる夕方の物憂げな気分を反映してか、たそがれどきの気分を転じて、この言葉を「物思いにふける」という意味で使うようになったのでしょうか。現在は間違いとされている表現ですが、もしかすると、いずれ新しい日本語として認定されるようにもなるかもしれませんね。いずれにしても、老境とは程遠い若い人に「たそがれている」と言わないように気をつけたいですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。