健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
散策|尾瀬国立公園(福島県・栃木県・新潟県・群馬県) 春から秋がベストシーズン!

散策|尾瀬国立公園(福島県・栃木県・新潟県・群馬県) 春から秋がベストシーズン!

一面に湿原が広がり、春から秋までさまざまな表情を見せてくれる尾瀬。中心エリアの尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたといわれています。尾瀬ヶ原の散策ルートは何通りもあり、歩きやすいよう木道が整備されています。童謡「夏の思い出」の一節「夏が来れば思い出す はるかな尾瀬(中略)水芭蕉の花が咲いている 夢見て咲いている水のほとり」とは、尾瀬国立公園(福島県・栃木県・新潟県・群馬県)の様子を歌ったもの。水芭蕉は5月下旬~8月上旬、紅葉は9月下旬~10月上旬に楽しめます。


一面に湿原が広がり、春から秋までさまざまな表情を見せてくれる尾瀬。中心エリアの尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたといわれています。尾瀬ヶ原の散策ルートは何通りもあり、歩きやすいよう木道が整備されています。童謡「夏の思い出」の一節「夏が来れば思い出す はるかな尾瀬(中略)水芭蕉の花が咲いている 夢見て咲いている水のほとり」とは、尾瀬国立公園の様子を歌ったもの。水芭蕉は5月下旬~8月上旬、紅葉は9月下旬~10月上旬に楽しめます。

オススメ散策ルート

鳩待峠(はとまちとうげ)

徒歩約60分
山ノ鼻

徒歩約55分
牛首分岐(三又)(うしくびぶんき)

徒歩約45分
竜宮十字路(りゅうぐうじゅうじろ)

徒歩約40分
ヨッピ吊橋

徒歩約50分
牛首分岐(三又)

徒歩約55分
山ノ鼻

徒歩約1時間20分
鳩待峠

全長 17.0km
移動時間 約6時間30分
※ルートを通して標高に変化があり、帰りは標高差約200mの軽い登りのため、行きより時間がかかります。

鳩待峠からスタートして尾瀬ヶ原を歩くこのコースは、尾瀬を訪れる約4割の方が選ぶ人気のルート。ブナの原生林や尾瀬ヶ原の湿原を進み、尾瀬らしさを楽しめます。整備された木道が敷かれ、途中には休憩所やお手洗い、ベンチもあって、ハイキング初心者も気軽にチャレンジできるルートです。

鳩待峠からスタート

鳩待峠は尾瀬への玄関口のひとつで、最もポピュラーなスタート地点です。鳩待峠まではマイカー規制されているので、最寄りの戸倉にある駐車場から、バス・タクシーなどに乗り換える必要があります。

鳩待峠はブナ林に囲まれた峠で、緩急のある下り坂をおりていきます。木道になっていますが、雨が降ったあとは滑りやすくなっているのでご注意を。鳩待峠休憩所にはそばや舞茸ご飯が食べられる食事処やお土産処、公衆トイレがあります。公衆トイレは無料で利用できますが、多くの方は用意された募金箱に100円程度入れていくようです。

山ノ鼻から至仏山(しぶつさん)を望む

鳩待峠から、沢にかかる小橋を2つ渡ると小さな湿原が現れます。川上川(かわかみがわ)にかかる川上橋を渡ると山ノ鼻ビジターセンター前に到着です。山小屋やビジターセンターで食事や休憩をとることもできます。この先しばらくはお手洗いがないので、ここで行っておきましょう。

山ノ鼻は尾瀬ヶ原散策の始点です。日本百名山のひとつ至仏山を目前に、尾瀬ヶ原の大パノラマをのんびり歩いていきましょう。ここへ朝6時半~7時ごろに到着できれば、霧が立ち込める幻想的な風景を楽しむことができます。

ゆったりした風景が広がる牛首分岐

山ノ鼻から尾瀬ヶ原へ進むと、最初の木道の分岐点「牛首分岐」に到着します。時間に余裕がない方などは、ここで順路を逆に辿って鳩待峠へ戻ります。ここではぜひ、分岐点に立って、ゆっくり周囲を見回してみましょう。名前の由来になったとされる、牛の首のようなシルエットの山を見つけることができますよ。(画像の歩道の先にある、ゆるくM字を描いている低い緑の山)
いくつかベンチもあり、多くの方が休憩したり記念撮影をしたりしています。牛首分岐から次の竜宮十字路へ向かう湿原では、7月上旬には白い綿毛をつけたワタスゲを見ることができます。

もぐった水が再び現れる、竜宮十字路

竜宮は、流れてきた川がいったん湿原の下に吸い込まれ(伏流水・ふくりゅうすい)、木道を隔てて反対側へ湧き出す、尾瀬独特の不思議な場所です。竜宮という名は、伏流水の通り道が竜宮に通じているという言い伝えからきたという説、増水時に渦を巻きながら吸い込まれる水の様子が竜の口に似ているからという説などがあります。

ここは文字通り十字路になっており、休憩ベンチがあります。広々した草原に点在する白樺が見え、秋には草が紅葉し、黄金のじゅうたんの中を木道が続くような美しい光景が見られます。

ヨッピ吊橋 5つの川が集まって下流へ

ヨッピ川にかかるヨッピ吊橋。ヨッピという不思議な言葉はアイヌ語で「呼び」「別れ」「集まる」といった意味があるとされています。ヨッピ川はその名の通り、川上川、猫又川(ねこまたがわ)、上ノ大堀川(かみのおおほりがわ)、下ノ大堀川(しものおおほりがわ)、沼尻川(ぬしりがわ)と、尾瀬を流れる多くの川が集まったもの。集まった川はヨッピ川となり、下流の只見川(ただみがわ)へと続いていきます。ここまできたら、折り返し。牛首分岐、山ノ鼻、鳩待峠へと戻りましょう。

尾瀬を楽しむポイントは「ゆっくり歩く」こと。脇に咲く小さな花や、小さな虫や鳥など、ゆっくり歩けば歩くほどさまざまな発見ができます。じっくり自分のペースで楽しむためには、できれば連休などの混雑時を避けるのがおすすめです。有名な夏の水芭蕉もさることながら、9月中旬~10月はじめにかけて湿原の草原が色づく「草紅葉」の時期には、針葉樹の緑・広葉樹の赤・草紅葉の黄色と絶妙な自然の色バランスを堪能できますよ。

〜尾瀬保護財団からのメッセージ〜
尾瀬に入山される皆さまへ
多くの人が訪れる尾瀬は特定の時期・特定の入山口に利用が集中することで、自然への影響が心配されています。
尾瀬の貴重な自然を子供たちに伝えるためにも、また大自然のすばらしさに出会うためにも、余裕のある平日に訪れることをおすすめします。
尾瀬の自然のために、湿原に入らないなどのマナー守っていただくよう、ご協力をお願いいたします。
なお、尾瀬はそのやさしいイメージとは異なり、標高の高い山岳地帯であり、遭難事故も起こります。十分な事前の学習や準備をお願いします。
尾瀬に関するご質問等は(公財)尾瀬保護財団までお気軽にお問い合わせください。


尾瀬でのマナー ・湿原や森林内には立ち入らずに、木道や登山道を歩きましょう。
・動植物を採取しないようにしましょう。落枝を杖にするのもやめましょう。
・自分のゴミは家まで持ち帰り、気がついたゴミも拾いましょう。
・野生生物を守るため、犬などのペットの持ち込みはやめましょう。
・木道は右側通行です。また、木道ではたばこは吸わないようにしましょう。たばこを吸う人は、必ず携帯灰皿を利用しましょう。


【服装・装備は万全ですか?】
・尾瀬は山の中です。服装は一般登山の支度で出かけましょう。
・尾瀬は登山です。ゆとりのある計画を立て、睡眠不足や飲酒などに注意し、体調を整えてから入山しましょう。
・足元はしっかり、軽登山靴や足首を守ってくれる運動靴を履きましょう。特にミズバショウシーズンは登山道に残雪があり、大変滑りやすいので、登山靴がよいでしょう。
・尾瀬の天気は変わりやすいので、カッパや折りたたみ傘などの雨具を必ず持ちましょう。また、尾瀬には医療機関がないので、簡単な救急セットも持ちましょう。
・春先や秋は、セーター、ジャンパーなどの防寒具を必ず用意しましょう。
・荷物は、ザックに入れて背中に背負いましょう。疲れないし、両手が使えて安全です。


【尾瀬へは平日に】
・土・日・祝日は大変混雑します。出来るだけ平日を利用しましょう。


公益財団法人尾瀬保護財団
電話:027-220-4431
FAX:027-220-4421

※掲載されている情報は平成28年8月現在のものです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


健康メニュー|「柳川風」 ゴボウ、卵、もう1食材で健康メニュー

健康メニュー|「柳川風」 ゴボウ、卵、もう1食材で健康メニュー

ドジョウとゴボウを卵とじにした東京のご当地料理「柳川鍋」は、ドジョウを別の具材に置き換えて、「柳川風」の料理としても味わえます。そこで今回は、柳川風の料理で摂取できる栄養とアレンジレシピをご紹介します。


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。