健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|「割り勘/銀行」 お金にまつわる言葉の語源

語源・由来|「割り勘/銀行」 お金にまつわる言葉の語源

今回は「お金」にまつわる言葉の語源をご紹介します。私たちが普段、気軽に行っている「割り勘」の意外な発案者や、他国での支払いのマナー。お金を扱う「銀行」に「銀」の字が使われた理由や貨幣としての「銀」についてなど、江戸から明治の歴史も合わせてお楽しみください。


今回は「お金」にまつわる言葉の語源をご紹介します。私たちが普段、気軽に行っている「割り勘」の意外な発案者、お金を扱う「銀行」に「銀」の字が使われた理由など、江戸から明治の歴史も合わせてお楽しみください。

人気作家・山東京伝が考案 「割り勘」

数人で食事に行き、支払いの際に、費用を各自が均等に分担することを「割り勘」といいます。「割り」は人数割りのこと、「勘」は「勘定」のことです。

割り勘は略語で、正しくは「割り前勘定」といいます。「割り」は割り当てや配分のことで、「前」は5人前、分け前など、名詞や動詞の連用形について、それに相当する分量や部分、金額などを表す接尾語です。「勘定」は数を数えることや支払いをすること。つまり割り勘は、支払いをそれぞれに割り当てて支払いをすること、となるのです。

この「割り勘」を始めたのは、江戸時代の後期に浮世絵師、戯作者として活躍した山東 京伝(さんとう きょうでん)といわれます。当時、仲間と飲食する時の支払いは、代表者が総額を支払うことが一般的でした。しかし、商売人でもあり、金銭勘定に細かかったといわれる京伝は、総額を参会者の人数で割って支払う方法を考案し、その方法は「京伝勘定」とも呼ばれるようになりました。

費用を頭割りする方法は、「兵隊勘定」ともいいます。これは明治時代、日露戦争の頃に流行した呼び方で、明日の生死はわからないから、あるいは同じ兵隊同士だから、互いに貸し借りなしで均等に負担するという考え方からできた言葉といいます。割り前勘定を略した「割り勘」という言い方が見られるようになるのは大正時代末期ごろからです。

現代日本の私たちからすると、割り勘は気兼ねなく飲食できる、効率のよい支払い方法と考えられます。しかし、食事の代金を割り勘にする風習が広まっている国は珍しく、他国では、代表者がまとめて支払う、自分が飲食した分を支払うなどの方法がとられます。とりわけ、中国や韓国では年長者や食事に誘った人が支払うことになっているため、割り勘を申し出ると失礼にあたるそうです。外国で食事をする際は国ごとの支払い時のマナーをよく確認しておきましょう。

「金行」とする案もあった 銀行

Bankの訳語として作られた言葉である「銀行」が、訳語として登場するのは、明治5年のこと。その業務が「お金を扱う店」ということから、お金、すなわち金や銀、それに中国語で店や商人組合を意味する「行」を組み合わせた「金行」「銀行」という案が検討されました。とすると金行でもよかったように思いますが、なぜ、銀行が採用されたのでしょうか。実は当時、国内では金より銀の流通量が多かったということ、隣国の中国が銀本位制をとっていたこと(本位貨幣とは、国の貨幣制度の基本となる貨幣)、さらに、発音のしやすさから「銀行」が採用されたといいます。

それでは、貨幣としての「銀」の歴史に目を向けてみましょう。
江戸時代には金貨、銀貨、銭貨の三種類が並行して流通していました。ちなみに、このうちの銀貨の鋳造、銀の地金の売買を担った場所につけられた名前が「銀座」です。東京の銀座が有名ですが、当時は京都の伏見銀座、静岡の駿府銀座など、各地に銀座がありました。現在では、銀座は繁華街の代名詞となり、全国に数多くの「○○銀座」ができるに至ります。

日本では、明治4年に「金本位制」が採択され、当時1円=純金1.5グラムと換算されて金貨が発行されています。しかし、その頃、海外との貿易には銀貨が使われていました。明治11年には一般にも1円銀貨が通用することとなり、明治18年には事実上、銀本位制となりました。「銀行」という言葉も当初は官庁などで使われる専門用語だったのが、明治10年頃から一般にも定着するようになります。やがて明治30年に貨幣法が制定され、金本位制が正式に採用され、銀貨は補助貨幣となりました。

激動の明治時代、欧米先進国に追いつくべく、近代的な貨幣制度の確立が目指されるなか、銀は日本の貨幣制度変革の過渡期を支えていた存在だったといえるでしょう。「銀行」に残された銀の字から、歴史に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。