健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
冷え性対策|冬の肌着の素材にこだわる 快適に温かく過ごすコツは素材選び

冷え性対策|冬の肌着の素材にこだわる 快適に温かく過ごすコツは素材選び

冬の肌着というと、最近は特に保温機能をうたった化学繊維素材の製品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ただ、化学繊維素材の肌着の中には、肌の弱い方には不向きなものなどもあるようです。一方、昔から多くの人に愛用されてきた天然素材の肌着でも、選び方や着方などを工夫すれば、冬の寒さの中でも温かく過ごすことができるのです。 今回は、冬の肌着のおすすめ素材についてご紹介します。


冬の肌着というと、最近は特に保温機能をうたった化学繊維素材の製品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ただ、化学繊維素材の肌着の中には、肌の弱い方には不向きなものなどもあるようです。一方、昔から多くの人に愛用されてきた天然素材の肌着でも、選び方や着方などを工夫すれば、冬の寒さの中でも温かく過ごすことができるのです。
今回は、冬の肌着のおすすめ素材についてご紹介します。

「シルク」は1年中使える万能素材

シルク(絹)は蚕の繭からとれる天然素材です。人間の皮膚と同じタンパク質からできているので、人間の肌によくなじみ、刺激が少なく肌を傷めません。また、繊維に細かい穴がたくさん空いていることから、吸湿性・保湿性・放湿性を兼ね備えた、調湿性の高い素材でもあります。この湿気を調整してくれるメリットは、着心地のよさだけではなく、乾燥やムレから肌を守って健やかに保ち、細菌の繁殖も抑えてくれることです。
さらに、シルクの繊維の間には細かい気泡がたくさんあります。この気泡が、空気をたっぷり含んでいるため熱が伝わりにくくなっており、温かく軽いので、冬の重ね着にもおすすめです。また夏は湿気を逃してくれるので涼しく、快適に身につけられます。
シルクは洗濯などお手入れの難しい素材だと思われがちですが、そもそも乾くのが早く、また最近は“洗えるシルク”の肌着や、デリケートな衣類も扱える洗濯機、洗剤が増えてきています。おしゃれ着用の洗剤と、洗濯機の手洗いコースを使えば、家庭でも手をかけずにお手入れできる種類もあります。

実は冬におすすめの素材「コットン」

コットン(綿)は、アオイ科の多年草・ワタの種子からとれる天然素材。高級素材とされるシルクに対して価格が比較的手頃な製品が多く、伸びにくく丈夫で、吸湿性に優れていて肌触りがよいのが特徴です。
Tシャツなど夏物衣類のイメージが強いコットン素材ですが、実は冬の肌着にもぴったり。繊維の内部が空洞になっていて、外から入ってくる冷たい空気を通しにくく、身体の温かさを外に逃しにくい構造になっています。つまり保温性に優れ、体内の血行もよくしてくれるというわけです。
最近は、完全無農薬の農地で栽培されたオーガニック・コットンも人気を集めています。素材として特に普通のコットンと違いがあるものではありませんが、製品化するにあたっても化学薬品を使わず自然な風合いを生かした製品が多いことや、農薬を使わないため環境保全につながるということで注目されているようです。

シルクにコットンを重ね着で、冬の肌着は万全!

シルクとコットン、どちらの肌着を選べばいいか迷ってしまいそうですが、冬ならではのおすすめの着方はなんといっても“重ね着”。
まずは、肌触りがよく調湿性に優れたシルク素材の肌着をつけましょう。その上から、コットン素材の肌着を重ね着すると、身体の熱を逃しません。肌に触れる部分はより快適に、身体全体はより温かく過ごせます。重ね着で温かく過ごす方法については、下記の記事も参考にしてみてください。

重ね着で冷え性対策

重ね着をしすぎて見た目がやぼったくなる“着ぶくれ”という言葉もありますが、肌着の素材にこだわって上手に重ね着をすれば、少ない枚数でも十分温かく過ごせます。今年はぜひ、スッキリ見える重ね着でオシャレかつ快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。