健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|いものおづけばっと(青森県) 栄養豊かでじゃがいもを用いたモチモチお団子汁

郷土料理|いものおづけばっと(青森県) 栄養豊かでじゃがいもを用いたモチモチお団子汁

青森県東通村(ひがしどおりむら)の郷土汁「いものおづけばっと」は、モチモチのじゃがいも団子が味噌仕立ての汁のなかに入った素朴な味わいのおみそ汁。じゃがいもは腹持ちがよく、実は栄養面でも優れています。郷土料理として今も愛される、地域の知恵がつまった懐かしい味です。


青森県東通村(ひがしどおりむら)の郷土汁「いものおづけばっと」は、モチモチのじゃがいも団子が味噌仕立ての汁のなかに入った素朴な味わいのおみそ汁。じゃがいもは腹持ちがよく、実は栄養面でも優れています。郷土料理として今も愛される、地域の知恵がつまった懐かしい味です。

画像提供:東通村役場・安芸大田町観光協会

村に住む人の知恵が生んだ郷土汁

「いものおづけばっと」は、ネギ、しいたけ、ごぼう、白菜、豚肉などが入った味噌仕立ての汁に、すりつぶしたじゃがいもと片栗粉を混ぜた餅状の団子をちぎりながら入れて茹でます。じゃがいもの団子は、本物の餅のようにモチモチ。だしが染み込んで滋味深く、腹持ちも抜群です。

青森県の下北半島に位置する東通村は、春から秋にかけて「やませ」と呼ばれる冷たく湿った風が吹き、米が育ちにくい環境です。そのため、お米の代わりとして不作になりにくい芋類が重宝されていました。
「いものおづけばっと」は、東通村の風土のなかで暮らす人の知恵が生んだ郷土料理なのです。

「いものおづけばっと」とは聞き慣れない言葉ですが、「いもの=じゃがいもの」「おづけ=おみおつけ(みそ汁)」「ばっと=はっと=一口大の団子状のもの」と分解できて、「一口大のじゃがいも団子が入ったみそ汁」という意味になります。

意外に優秀 じゃがいもの栄養

芋類であるじゃがいもは、ご飯と同じく「主食」というイメージです。そのイメージどおり、野菜には分類されないのですが、意外にもビタミンCがたっぷり。100gあたりの含有量は35mgで、ビタミンが豊富な柑橘類の温州みかんを上回るのです。

ビタミンCは熱に弱く調理すると減ってしまうのは有名ですが、じゃがいものビタミンCはでんぷん質に守られているため加熱時の損失が少なく、ビタミンCを摂取するには最適です。じゃがいもは、おかずやおみそ汁の具材として頻繁に登場する食材。新鮮な果物をたくさん食べるのは骨が折れますが、じゃがいもなら効率的にビタミンCが摂れそうですね。

さらに、じゃがいもは「カリウムの王様」と呼ばれるほどカリウムが豊富で、その量はきゅうりの2倍以上。カリウムは体内の塩分を調整する働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防、むくみの解消などに役立ちます。

大間町(おおままち)の「べごもち」

画像提供:大間町産業振興課

下北半島地域の郷土料理をもうひとつご紹介します。お祝いごとには貴重で高価な食材が用いられますが、「べごもち」もそのひとつ。
北海道や東北地方の一部で、5月の端午の節句に食べられる和菓子で、かつて高価な食材だったうるち米やもち米、砂糖がふんだんに使われています。
「べごもち」の名前の由来は諸説ありますが、ひとつは「黒砂糖を練りこんだ黒と、白砂糖を練りこんだ白が、牛(べこ)のように見えるから」というもの。その由来どおり、一般的な「べごもち」は黒と白のまだら模様をしています。

ですが、東通村と同じく下北半島に位置する大間町の「べごもち」は特別。とてもカラフルで、もはやアート作品のような出来栄えなのです。1970年代に大間町の生活改善グループによって抹茶や卵黄を練りこんだ季節の花柄などが考案され、地域独自の発展を遂げています。
今ではパンダや牛の顔など、子どもが喜ぶ柄も出まわり、道の駅の人気商品となっています。
「いものおづけばっと」と同様、下北半島に伝わる「おばあちゃんが作ってくれた懐かしい味」です。

「いものおづけばっと」は、お米が容易に入手できるようになったことや、作り手の減少にともなって食べる機会も減りました。郷土料理は手間暇がかかるものが多くありますが、他の地域にはない特色があり、その土地だからこそ生まれたもの。便利になった現代だからこそ、残し伝えていきたいものですね。
「いものおづけばっと」は青森県の給食や郷土イベントなどで供される動きも出てきていますので、機会があればぜひ味わってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。