健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|いとこ汁(京都府) 邪気を払い、子孫繁栄をもたらす縁起料理

郷土料理|いとこ汁(京都府) 邪気を払い、子孫繁栄をもたらす縁起料理

いとこ汁は京都府の上賀茂(かみがも)地方の「さんやれ祭」、長岡京市(ながおかきょうし)の「おしょらい(精霊)さん」で供される行事料理。あずきと里芋などが入った白味噌仕立てのおみそ汁で、邪気払いや子孫繁栄の願いが込められている縁起料理です。


いとこ汁は上賀茂(かみがも)地方の「さんやれ祭」、長岡京市(ながおかきょうし)の「おしょらい(精霊)さん」で供される行事料理。あずきと里芋などが入った白味噌仕立てのおみそ汁で、邪気払いや子孫繁栄の願いが込められています。

祭事に欠かせないあずきがはいった精進料理

いとこ汁とは、あずきと、いも類・根菜・かぼちゃなどの野菜、こんにゃくなどを入れた白味噌仕立てのおみそ汁。あずきは必ず入り、その他の具材は上賀茂地方では里芋、長岡京市では特産物のナスと多少異なります。精進料理であるため、肉・魚類は一切用いません。上賀茂地域の伝統行事「さんやれ祭」や、長岡京市の一部集落に伝わる「おしょらい(精霊)さん」など、神様に供えた食物を煮ることから始まったとされています。

「いとこ」の由来は諸説あり、

それぞれの具材を別々に(=めいめいに)煮ることから、“姪と姪=いとこ”がひとつのお椀に入るから
火の通りにくい材料から順次(=追い追い)煮ることから、“甥(兄弟姉妹の子ども)=いとこ”が転じて
兄弟姉妹・いとこたちが一堂に会する冠婚葬祭の席で出されるから
肉なしで野菜ばかり(=近親関係)を煮るから
などが伝えられています。

農家の成人式だった「さんやれ祭」

画像提供:上賀茂神社さま

さんやれ祭は幸在祭と書き、上賀茂神社で毎年2月24日に行われるお祭り。15歳になる男子の氏子(うじこ)を対象にした元服(成人)の儀式です。古くは上賀茂地域の農家を中心に行われた行事で、この日を境に男子は里仕事や行事、祭礼で一人前の大人として扱われるようになります。さんやれ祭に参加する子どもたちは、前日から集まって夜を明かします。24日には列を作り、太鼓や笛囃子(ふえばやし)で山の神・大田神社・上賀茂神社に参拝して、成人になったことを奉告します。このとき供されるいとこ汁には里芋が入っていますが、これは里芋が親芋のまわりに子芋・孫芋・ひ孫芋と連なる様子から“子孫繁栄”をもたらす縁起物とされているためです。

色に秘密あり、邪気を払うあずき

あずきは「古事記」「日本書紀」にその名が登場していることから、すでに8世紀には日本で栽培されていたようです。古来、赤い色には魔力があり、魔除けや邪気払いの力があるとされていました。赤飯が慶事だけでなく、葬儀などの良くないことがあった時にも食べられるのは、厄払いの意味が込められているためです。また、天然痘が大流行した江戸時代、天然痘を運ぶ疱瘡神(ほうそうしん)は赤い色が好きだと考えられていて、疱瘡神を喜ばせて帰ってもらうために、赤い紙や置物を置いたり、赤飯を食べたりしたという記録も残っています。医学が進歩してからの赤飯は、良くないことが起きたときの厄払いとして残り、さらには厄が払えた(=良くなった)ことが転じて、お祝いの時にも食べるようになったのです。

邪気を払うあずき、子孫繁栄の里芋が入ったいとこ汁。その他に用いられるかぼちゃ(=なんきん)は「ん(=運)」が2つもつき、ナスは「成す」に通じる縁起物です。縁起物ばかりが入ったお椀をいただくと、お祝いの気持ちがいっそう華やぎそうですね。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。