健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|かに汁(鳥取) カニの旨みがとけこんだ漁師汁

郷土料理|かに汁(鳥取) カニの旨みがとけこんだ漁師汁

11月から12月にかけて、鳥取では「セイコガニ」の漁期を迎えます。このカニから出る旨みたっぷりの出汁とお味噌でいただく「かに汁」。シンプルながらも濃厚な味わいのあったか郷土汁です。


11月から12月にかけて、鳥取では「セイコガニ」の漁期を迎えます。このカニから出る旨みたっぷりの出汁とお味噌でいただく、シンプルながらも濃厚な味わいのあったか郷土汁です。

出汁が決め手のシンプル汁

鳥取のかに汁は、「セイコガニ」と呼ばれる松葉ガニのメスを使って作るおみそ汁。具材はカニと大根のみとシンプルです。大根は味の邪魔をせず、主役のカニの旨みをたっぷり吸収してくれるので、あますところなく堪能できる取り合わせというわけです。

かに汁の発祥は、カニ漁獲高日本一(松葉ガニと紅ズワイガニ)を誇る境港(さかいみなと)市の漁師料理だといわれています。地元では冬の家庭料理として愛され続け、地元イベントでは看板メニューとして大人気です。

どうしてメスのカニを使うの?

オスの松葉ガニとくらべて身は小さい「セイコガニ」ですが、腹側の卵(外子・そとこ)と甲羅側の卵(内子・うちこ)を持っていて、この卵独特の旨みがおみそ汁にぴったりなのです。身を食べるなら松葉ガニ、出汁を味わうなら「セイコガニ」といったところでしょうか。

カニの内子・外子について、ここでちょっとした豆知識をご紹介。内子・外子とは、どちらもカニの卵子のこと。甲羅側にある内子は受精前の卵子で、コクと濃厚な味わいが特徴。塩漬けにして、お酒のお供やご飯にのせると大変おいしくいただけます。腹側に抱えている外子は受精卵になった卵子です。「とびこ」のような食感が楽しめます。

呼び名がいっぱい! ズワイガニ

先ほどから「松葉ガニのメス=セイコガニ」とお伝えしていますが、実は「松葉ガニ=ズワイガニのオス」だということをご存じでしたか? つまり、「セイコガニ」は正確にいうとズワイガニのメスなのです。

なんだかややこしいのですが、日本各地で水揚げされるズワイガニは、地方によって呼び名が変わります。

例を挙げると、ズワイガニのオスは、鳥取県をはじめとする山陰地方では松葉ガニ、福井県では越前ガニ、京都では間人(たいざ)ガニなどと呼ばれます。一方、ズワイガニのメスは、山陰地方ではセイコガニ・セコガニ・親ガニ、石川県では香箱(こうばこ)ガニ、新潟県ではコッペガニなどなど……。呼び名は違っても、実は全て同じズワイガニなのです。

カニを使った郷土汁いろいろ

鳥取県に限らず、カニが水揚げされる地域では、カニの汁物がいろいろ作られています。

北海道根室市では、身が詰まった太い脚が特徴の花咲(はなさき)ガニを使った「鉄砲汁」が有名です。旬は夏から秋にかけて。カニの脚をつついて身を取り出すしぐさが、鉄砲の弾詰めの様子に似ていることから、この名前がつけられたそうです。

大分県では、淡水産のツガニ(モクズガニ)を使った「がん汁」。こちらはダイナミックにカニを殻ごとすりつぶします。その後、布巾などでこして火にかけ、澄んだ汁になるまで丁寧に灰汁(あく)をとり、醤油や味噌で味を整えます。最近では家庭でも食事処でもあまり見かけなくなっていますが、大変濃厚な出汁を味わえる汁物です。 (画像はがん汁)

提供:宇佐市役所

「セイコガニ」は漁期が11月上旬〜12月下旬と大変短いためか、地元以外ではあまりなじみがありませんが、他のカニでも十分おいしく作れます。カニ料理の新しいレパートリーとして、かに汁にチャレンジしてみませんか? カニの出汁とみそとの絶妙な取り合わせに、感動すること間違いなしです。

関連する投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。