健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
冷え性対策|身体を温める野菜 「にんにく」

冷え性対策|身体を温める野菜 「にんにく」

日常的に食べている野菜の中には、身体を温める効果を持つものが意外に多くあります。とくに身体の冷えが気になるこの季節は、食材に少しだけ気を配ることで身体を温めることができます。今回は、そんな温め効果を持つ「にんにく」について、ご紹介します。


日常的に食べている野菜の中には、身体を温める効果を持つものが意外に多くあります。とくに身体の冷えが気になるこの季節は、食材に少しだけ気を配ることで身体を温めることができます。今回は、そんな温め効果を持つ「にんにく」について、ご紹介します。

冷え性にも効果あり!にんにくパワーのすごさ

にんにくが独特の強い香りを持ち、滋養強壮にいいスタミナ食材であることは多くの方がご存じでしょう。このにんにく、実は冷え性にも効果を発揮する万能食材なのです。にんにくを食べることで活力が湧き、その結果身体が温まるようなイメージを持つかもしれませんが、にんにくの冷え性効果はそれだけではないのです。

にんにくには、香り成分である「アリシン」が含まれています。これは長ねぎにも含まれる成分です。アリシン自体には新陳代謝をアップさせて血行をよくする効果があるといわれています。にんにくを加熱すると、そのアリシンが「アホエン」と「スコルジニン」という物質に変化します。アホエンには血液をサラサラにする効果があり、ほかにも美肌効果や抗菌作用など、さまざまな効用を持っています。さらに、スコルジニンは末梢血管を拡張し、血液の循環をよくしてくれます。にんにくを加熱調理して摂取すれば、アホエン、スコルジニン二つの成分の効果によって血の巡りをよくすることができ、冷え性改善が期待できるというわけです。

冷え性に効く成分を効果的に摂取できる「アホエンオイル」

アホエンを摂取するには、にんにくを加熱する必要があります。しかし、100℃以上の温度で加熱するとアホエンは壊れてしまうので、摂取が困難でした。ところが、そんな成分を効果的に摂取できるという「アホエンオイル」が話題になっています。

その作り方は意外に簡単。湯せんであたためたエクストラバージンオリーブオイルに、細かく刻んですりつぶした4片ほどの生にんにくを加えます。お湯が沸騰したらすぐに火を止めてオイルを冷ました後、にんにくを濾せば完成です。密閉容器に入れれば約1ヶ月は保存可能なこのアホエンオイル。1日小さじ1杯程度、ドレッシングや調理時にオリーブオイルと同じように使用すれば、効率よく摂取できます。

スコルジニンもアホエン同様、にんにくを加熱することによって生まれる成分なので、調理したにんにくで摂取するのがおススメ。フライパンでオリーブオイルを熱し、薄切りにしたにんにくを入れカリカリになるまで火を通します。ここに塩こしょうで下味をつけた豚ロース肉を入れて両面を焼きます。肉とにんにくを一旦取り出し、フライパンにしょうゆとバルサミコ酢、粗挽き黒こしょうを追加。とろみが出るまで煮詰めて肉にかければ、にんにくの栄養と風味を活かした豚ロース肉のソテーの完成です。

にんにくのにおいが気になるときは

にんにくに含まれる成分「アホエン」は、1984年に発見された、まだ比較的新しい成分です。この名前は、スペイン語でにんにくを意味する「ajo(アホ)」に由来しています。 にんにくを食べる時に一番気になるのは、やはりにおい。食べた後のにおいが気になる時には、カテキンを含む緑茶や青汁のほか、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂りましょう。においの元であるアリシンがアホエンと結合して、気になるにおいが抑えられます。

にんにくは、加熱すればにおいを抑えることもできます。体調を崩しやすいこの時期、栄養たっぷりの美味しいにんにく料理で寒さを乗り越えましょう。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。