健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|法度汁(はっとじる/栃木・宮城) 野菜たっぷり!お団子入りの満腹みそ汁

郷土料理|法度汁(はっとじる/栃木・宮城) 野菜たっぷり!お団子入りの満腹みそ汁

小麦粉を練った団子と、たっぷりの野菜が入った法度汁(はっとじる)。そのお味は、美味しすぎて作るのがご法度になったほど!? 栃木県北部や茨城県北部、その近隣で広く食べられているおみそ汁です。


小麦粉を練った団子と、たっぷりの野菜が入った法度(はっと)汁。そのお味は、美味しすぎて作るのがご法度になったほど!? 栃木県北部や茨城県北部、その近隣で広く食べられているおみそ汁です。

たっぷり野菜とお団子入り、おかずになるおみそ汁

法度汁は小麦粉を練った団子と数種の野菜が入ったおみそ汁。栃木県北部や茨城県北部の郷土料理です。栃木県旧葛生(くずう)地区では「とっちゃなぎもち」と呼ばれています。そのほか、福島県や宮城県など、広い地域で食べられています。

「小麦粉を練った実入りの汁物」といえば、すいとんやほうとうが有名ですが、法度汁はこれらから派生しているとされています。法度汁の団子は練った小麦粉を「寝かせ」、「汁に入れる前に、熱湯で茹でる」のが特徴です。

(画像はほうとう)

食べちゃだめ? 法度汁の由来

法度汁のいわれは諸説ありますが、最も有名なのが徳川光圀(みつくに)公由来の説。水戸黄門でおなじみの徳川光圀公がこの地域を治めていたころは、質素倹約が奨励されていました。野菜をたっぷり使って、しかも団子まで入っている贅沢なこの汁を「美味しくて何度もおかわりをしてしまう」という理由からご法度(禁止)とされたということです。

このほか、米がとれず飢饉にみまわれた際に、隠し持っていた(上納するべき=持っていてはいけない=ご法度)小麦粉で作ったからという説。米の代用食として用いていた小麦料理であるのに、あまりの美味しさに米の生産をなまけるのではないかと危惧したお殿様が、小麦料理をご法度とした説。法度汁の起源と考えられている「ほうとう」がなまったとの説もあります。

小麦の団子を使った汁物

ほうとう、すいとんなど団子を用いた汁物はバリエーション豊富。ここで一部をご紹介しましょう。

ひっつみ……岩手県北地域。小麦粉を練ったものをひっつまんで(つまんで)平たくしたものを、醤油味の汁物に入れる。「つめり」とも。

みみ……山梨県南巨摩郡(みなみこまぐん)。練った小麦粉を平らなワンタン状にして、みそ汁に入れたもの。見た目が耳に似ていることに由来するという説があります。

じょじょきり……愛知県渥美半島。小麦粉を用いた5センチぐらいのうどん状の麺をお汁粉に入れたり、醤油味の汁物に入れたりします。「じょじょ」とはうなぎのことで、その麺のかたちがうなぎに似ていることから由来しています。

上であげた「じょじょきり」のように、小麦粉で作るもっちりした団子は甘く煮た小豆にも合います。ほうとうには小豆ぼうとう、または粉ぼうとうと呼ばれる甘味があり、これも甘くした小豆汁に入れていただきます。

提供:あいちの伝承料理400選

(画像はじょじょきり)

法度汁、ほうとう、うどん、共通するルーツとは

肉・魚介・野菜などを細かく刻んだ餡(あん)を、うすい皮で包んだワンタン。ワンタンは広東(かんとん)語ですが、標準的な中国語では「餛飩」と書き、「ふんとぅん」「うんどん」「ほえとえ」などと発音します。
日本に伝来したときに上記の発音がなまって、「うどん」や「ほうとう」になったのでは? とされています。であれば、ほうとう・すいとんのバリエーションである法度汁もワンタンがルーツといってもよいかもしれません。

法度汁は小麦粉の団子をおみそ汁に入れる以外、特に決まった作り方はありません。冷蔵庫の余り野菜をたっぷり入れて作れば、冷蔵庫の余り野菜を使って作れば節約料理にもなりますね。小麦粉の団子は腹持ちがよく、栄養も満腹感も両方得られる優秀なおみそ汁です。小麦粉を練るときに少し白玉粉をまぜると、よりもっちりとした食感が楽しめます。ぜひ試してみてください。

関連する投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。