健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|座り方で腰痛対策

健康習慣|座り方で腰痛対策

つらい腰痛、感じたことはありませんか? 慢性的な腰痛を放っておくと、心臓病などの疾患や肥満、ガンなどの病気のリスクが高まる可能性も。実は「座る」という姿勢が腰への負担が一番大きいといわれています。今回は、腰への負担が少ない座り方や、毎日の生活で実践できる、腰痛対策のための情報をお届けします。


つらい腰痛、感じたことはありませんか? 慢性的な腰痛を放っておくと、心臓病などの疾患や肥満、ガンなどの病気のリスクが高まる可能性も。今回は、毎日の生活で実践できる、腰痛対策のための情報をお届けします。

腰に一番負担がかかるのは座る姿勢

長時間イスに座ったあと、特にひどく腰痛を感じたことはありませんか? 「座る」という姿勢は、腰への負担が一番大きいといわれています。座っている時は、上半身の重さや動きの負担を受け止めるのが腰だけになってしまうからです。デスクワークやパソコンで仕事をすることが多い人が腰痛になりやすいのも不思議ではありません。少しでも腰への負担を減らす座り方を知っておけば、腰痛防止につながります。

座る時の基本姿勢

イスに座る時は、つい背もたれに寄りかかったり、前かがみになったりしてしまいますよね。座る時の基本姿勢は、首と背骨がしっかり伸びた状態。ポイントは、骨盤を起こすことです。おしりで座るのではなく、お尻の下にある骨がしっかりと椅子に立っているようなイメージで座りましょう。骨盤が傾いてしまうと背骨も曲がり、猫背になってしまいます。背筋を伸ばすことよりも骨盤の状態を意識することで、自然に背筋をピンと伸ばすことができます。そして、座っている時は、足の裏をしっかりと床につけましょう。こうすることで腰にかかる上半身の重みを軽減できます。足が床に届かない場合は台を用意して、そこに足をのせるようにしましょう。
座る時の基本姿勢は車の運転中やソファでくつろぐ時にも実践できるので、普段の生活に取り入れてみてください。

座りながらできる腹筋

腹筋を鍛えると、腰痛対策とシェイプアップ、一石二鳥の効果があります。「腹筋トレーニングはつらくてなかなか続かない……」という経験がある方のために、座ったままできる手軽な腹筋の鍛え方をご紹介します。
まず、座った状態で、上半身と垂直になるよう片足をまっすぐ伸ばしてください。10秒間伸ばしたままにした後、ゆっくりと下ろします。これをもう片方の足でも行い、それぞれ8回ほど繰り返しましょう。慣れてきたら回数や秒数を増やすとより効果的ですが、継続して行うことが一番大切。できる範囲で構わないので、毎日続けることを心がけましょう。外出先や自宅で座っている時など、ちょっとした時間にも気軽に行えるので、ぜひお試しください。

ちょっとした工夫で腰痛がラクになる

普段の立ち姿勢にも気をつけてみましょう。立っている時の姿勢が悪いことも、腰痛を引き起こす原因のひとつ。姿勢が悪い状態でいると、腰のまわりの筋肉を緩ませ続けてしまい筋肉が弱くなってしまいます。そうなると腰全体への負担も増え、腰痛になってしまうのです。また、背中が丸まっていたり、下腹が出ているような姿勢だったりすると見た目も良くないので、年齢以上に老けて見られてしまうことも。
正しい立ち方は、背骨はまっすぐ、両足に均等に体重がかかっていて、頭もまっすぐ伸びているという状態です。下腹が出ないようにお腹に力を入れると、さらに姿勢はよくなります。立ち姿がきれいだと、腰痛対策ができる上に若々しい印象を与えられます。
また、寝る時のおすすめの姿勢は横向きです。横を向いて、息を吐きながら両膝を抱えるような姿勢を試してみてください。それだけでも、ずっと腰がラクになります。

そして何よりも、腰痛対策には太り過ぎないことが大切です。体重が増えれば増えるほど腰への負担になりますし、太ることでお腹まわりの重心が前へ傾き、体が湾曲してしまいます。太り過ぎは生活習慣病など他の病気を引き起こす原因にもなりますから、体重管理も腰痛対策のための大事なポイントです。

座っている時にできるエクササイズや日々の姿勢を見直すことが腰痛対策になります。今日からでも少しずつ、正しい姿勢を意識してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。