健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|濃厚!あんこうを使った幻の漁師汁どぶ汁(茨城県)

郷土料理|濃厚!あんこうを使った幻の漁師汁どぶ汁(茨城県)

酒の肴として愛酒家に愛されるあん肝。このあんこうの肝をふんだんに使い、水を一切使わず味噌で味付けしたものがどぶ汁です。濃厚で身体の芯から温まる一品で、なかなか食べられるお店がないことから「幻の鍋」といわれています。


酒の肴として愛酒家に愛されるあん肝。このあんこうの肝をふんだんに使い、水を一切使わず味噌で味付けしたものがどぶ汁です。濃厚で身体の芯から温まる一品で、なかなか食べられるお店がないことから「幻の鍋」といわれています。

「幻の鍋」どぶ汁とは

提供:(一社)大洗観光協会

独特な風貌をしたあんこうは、「西のフグ、東のあんこう」と称されるほどおいしい魚。江戸時代には5大珍味「三鳥二魚(鳥はツル、ひばり、バン。魚はあんこう、タイ)」のひとつに数えられていました。特に肝は海のフォアグラといわれる珍味です。

どぶ汁はあんこうの肝と野菜から出る水分だけでつくられるお鍋。あんこうの肝をじっくり鍋で炒っていると、肝から油(肝油)が出てきます。そこに味噌、あんこうの身や皮、ネギや大根を入れ、煮込んでできあがり。あんこうの味がぎゅっと濃縮された濃厚な味わいが特徴です。高価なあんこうの肝が大量に必要な上、焦げやすく技術が必要なため提供しているお店は多くないので、「幻の鍋」といわれています。

完成したどぶ汁は肝油で表面が濁り、その様子が「どぶろく」のようなのでどぶ汁と呼ばれるようになった説と、「どぶ」には「全て」という意味があり、あんこうの「全て」を入れたことからという説があります。

提供:(一社)大洗観光協会

船上のまかない汁として

今はおいしいことが知られ高級魚とされているあんこうですが、昔は猫もまたいで通るぐらいの価値がないという意味で「ねこまたぎ」といわれていました。茨城県ではあんこうの水揚げが多く、売れないあんこうを船上で調理して食べていたのだそうです。値のつかない魚を利用できて、貴重な水を使わずに作れるので、どぶ汁は漁師の合理的なまかない汁だったのです。

どぶ汁は漁師の冷えた身体を温めててくれる濃厚スープだったのですが、そうはいっても冬の船上ではいつもどぶ汁。飽きた漁師たちは船頭に気づかれないように海に捨てていたといいます。今では考えられないお話ですね。

あんこうの吊るし切り

あんこうは軟骨が多く、表面にはヌルヌルした粘液が出てくるので、まな板でさばきにくい魚です。そのため、下アゴにカギをひっかけてぶら下げ、口から水を入れて胃袋を膨らませ、これを重しとしてくるくる回すようにしてさばく「吊るし切り」が用いられます。季節になると常磐沿岸地域の飲食店や魚屋などの軒先や店裏では、あんこうを吊るし切りしているところを見かけることがあり、冬の風物詩のひとつとなっています。

提供:(一社)大洗観光協会

あんこうは「7つ道具」と呼ばれる部位に解体されます。「7つ道具」は肝・皮・水袋(胃)・ふんどし(卵巣)・エラ・ヒレ・身の7つ。あんこうは硬い骨、歯、目と腸以外は全部食べられる、捨てるところがない魚です。また、あんこうは餌を丸飲みするため、運が良いと胃袋の中にたくさんの魚が入っており、新鮮なものは食べられることから「宝袋」ともいわれています。

旬が冬のあんこうは鍋にぴったり

春に産卵を迎えるため、冬のあんこうは栄養をたっぷりと蓄えて肝も太っています。冬に旬を迎えるあんこうは、鍋にぴったりの食材。あんこう鍋は前述の7つ道具と野菜、割り下をいっしょに入れます。醤油仕立てと味噌仕立てがあり、7つ道具が鍋に入っていればあんこう鍋です。どぶ汁は大変に濃厚な味わいがありますが、クセがあるため食べにくいと感じる方も。鍋ブームが起きたとき、どぶ汁を食べやすくしたのがあんこう鍋といわれています。

提供:(一社)大洗観光協会

どぶ汁はなかなかお目にかかれない品ですが、あんこう鍋ならご家庭でも楽しめます。あんこう鍋は淡泊な身とプルプルした食感が楽しく、肝のうまみが溶け出したごちそう鍋。冬の寒い日のあんこう鍋は格別です。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。