健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|「ヘチマとそうめんのおみそ汁」(鹿児島)

郷土料理|「ヘチマとそうめんのおみそ汁」(鹿児島)

おみそ汁にヘチマとそうめんの組み合わせ。意外? と思いきや、実は鹿児島では夏のおみそ汁として、へちまとそうめんのおみそ汁はとても一般的な食べ方なのです。夏野菜のヘチマと、食欲のない時にもつるりと食べられるそうめんは、おみそ汁との相性もぴったりです。


おみそ汁にヘチマとそうめんの組み合わせ。意外? と思いきや、実は鹿児島では夏のおみそ汁として、とても一般的な食べ方なのです。夏野菜のヘチマと、食欲のない時にもつるりと食べられるそうめんは、おみそ汁との相性もぴったりです。

ヘチマは鹿児島・沖縄の夏野菜

ヘチマは古くは江戸時代から食べられてきた野菜で、旬は7月から9月。鹿児島や沖縄ではごく一般的な野菜として、夏になると食卓にあがります。沖縄では「ナーベラー」と呼ばれ、多くの沖縄料理に使用されています。

大きく成長すると繊維が硬くなり食べられないので、食用には20cm未満の若いヘチマを使います。上記以外の地域ではあまり食用というイメージがないヘチマですが、ふんわりとした甘みがあるおいしい夏野菜です。

ヘチマはカリウムなどのミネラルを豊富に含んでおり、利尿作用があります。咳や痰をとめる民間薬として、薬膳料理の食材にも古くから使用されていました。中国では美容効果も期待できるとして人気の食材です。火を通すととろりとしたゼリーのような食感になるので、夏バテ気味で食欲のない日にもおすすめですよ。

おみそ汁にそうめんを入れる?

関西から西の地方では、夏になるとそうめん入りのおみそ汁がよく登場します。あたたかいだし汁にそうめんを入れる「にゅうめん」も奈良県が発祥といわれているので、みそ汁にそうめんを入れるのは西の食文化のようです。

夏は熱い食べ物を身体が受けつけないときがありますが、冷たいものばかりでは胃によくありません。冷房のきいた部屋で身体が冷えてしまったときには、つるりといただける温かいそうめん入りのおみそ汁で、身体を温めてみてくださいね。

もっと食べたい! ヘチマ料理

本記事でヘチマとそうめんのおみそ汁を紹介しているように、ヘチマはお味噌との相性が抜群。ヘチマの青臭さを味噌が抑え、味噌に含まれるビタミンBとヘチマのミネラルは疲労回復に効果があるといわれています。暑くなるこれからの季節にぴったりの組み合わせなのです。

茹でたヘチマを酢味噌でいただく「ヘチマの酢味噌かけ」、豚肉と一緒に炒めて、味噌をいれた濃いめの調味料で味付けする「ヘチマの味噌炒め」、豆腐や卵と一緒に炒めて「ヘチマチャンプルー」など、バリエーション豊かなメニューが楽しめます。

炒めもの、煮物とさまざまな食べ方がありますので、もしスーパーなどで見かけたら夏バテ対策の料理としてぜひチャレンジしてみてくださいね。

ヘチマは優秀なエコ素材

昔はお風呂で身体を洗ったり、台所用品として使われていたヘチマたわし。最近は見かけることが少なくなりましたが、大型雑貨店などではかわいらしい形のヘチマたわしが販売されています。根強いファンがいるようですね。

ヘチマたわしは水分を吸うととても柔らかくなり、身体を洗うと繊維が適度な刺激を与えてくれます。使い込んでへたってしまったら、小さく切ってお掃除用のたわしに。食器洗いや浴槽のスポンジとして活用できます。燃やしても有毒なガスは発生しません。

また、ヘチマは丈夫で成長が早いつる性の植物なので、日除けと遮光性の良さから流行した「緑のカーテン」にも用いられています。ヘチマは食べてよし、使ってよし、環境にも優しい万能植物なのです。

夏といえばそうめん。お歳暮でたくさんいただく方もいらっしゃるのでは? いつものそうめんに飽きてしまったら、おみそ汁に入れると目先が変わって違ったおいしさを楽しめますよ。若いヘチマが手に入ったら、鹿児島の夏のおみそ汁をぜひ試してみてくださいね。

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。