健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|「あっぱれ」「びっくり」 感情を表す言葉

語源・由来|「あっぱれ」「びっくり」 感情を表す言葉

驚きや感情の高まりを表す言葉で、褒める時などに使われる「あっぱれ」と、驚いた様子の「びっくり」。これらの言葉を発する状況と同じように、言葉の響きにもインパクトがありますね。ではこの2つの言葉、どのように生まれたのでしょうか。意外な由来をご紹介します。


驚きや感情の高まりを表す言葉、「あっぱれ」と「びっくり」。これらの言葉を発する状況と同じように、言葉の響きにもインパクトがありますね。ではこの2つの言葉、どのように生まれたのでしょうか。意外な由来をご紹介します。

ほめるとき以外にも使われた言葉 「あっぱれ」

「敵ながらあっぱれである!」といった言い回しに使われる「あっぱれ」。漢字では「天晴れ」と書くこともありますが、これは当て字で、国字(中国にはない、日本で独自に作られた漢字)では「遖」とも書きます。
「あっぱれ」とは驚くほど立派であるさまや、見事なさまを称賛する言葉であり、また、「すばらしい!」「見事だ!」「でかした!」と感心したり驚いたりしたときに発する言葉です。

この言葉、今では感動したときのほめ言葉として知られていますが、実はほめるときだけの言葉ではなかったのです。驚き、嘆き、期待、決意などの気持ちを含めて「ああ……」「おお……」と嘆息するときの感嘆詞としても使われていました。

「あっぱれ」の語源は「哀れ(あはれ)」。喜びも悲しみも心の底から湧き出る感情のすべてを表す言葉「あはれ」を促音化したのが「あっぱれ」なのです。

例えば、世阿弥の子である観世元雅が作った謡曲「盛久」に、平家の侍である盛久が源平の合戦ののちにとらわれ、鎌倉で幽閉されたとき、このように心中を語る一幕があります。

かくて存(ながら)え諸人に面を曝さんより、あっぱれ疾う斬らればやと思い候(生き続けて恥をさらすより、すぐにも斬られたいものだ……)

ここでの「あっぱれ」は、彼の決意や嘆きを表したものとなるため、あっぱれが称賛だけの言葉ではないということがわかります。

中世以降、「あはれ」は嘆きや悲哀を表す時に、「あっぱれ」は称賛する時に使われるようになりました。現代において「あはれ」と「あっぱれ」は、使いわけられるようになったものの、もともとどちらも心から自然に湧き出る感情、万感の思いを表す言葉だったのです。

驚いた時の動きから生まれた言葉 「びっくり」

「びっくり」は誰しもがよく知っているように、不意の出来事や意外なことに一瞬驚くさまのこと。ですが、実はもうひとつ意味があるのをご存じでしょうか。2つ目の意味は「わずかに動くさま」「びくり」という意味があります。通常はその後に否定を伴い、「びっくりとも動かず」といった使い方をします。実は「びっくり」は、「びくり」が促音化したものなのです。

「びく」は、「びくびくする」、「びくともしない」、などの言葉に使われるように、瞬間的に身を震わせるくらいのかすかな動きを表す擬態語です。「びっくり」も、驚く時に小さく動くことからこのように表現するようになったのでしょう。

また、「びっくり」にはおもしろい由来があります。「ドイツ語」にWirklich(ビルクリッヒ)という「本当」「事実」という意味の言葉があります。第1次大戦時に、ドイツの降伏を聞いたドイツ兵が「Wirklich(本当に?)」といったことから驚くことをさして「びっくり」という言葉ができたというのです。
実際のところ「びっくり」は、江戸時代の歌舞伎や浄瑠璃のセリフにも出てくるほど、もっと昔から日本で使われていた言葉。実際の語源ではないとはいえ、2つの言葉の音はたしかに似ていて、よくできた話として、まさにびっくりさせられます。

擬態語・擬音語には、促音の「っ」がよく使われます。また終わりに「り」がつくことが多いのも特徴のひとつ。「びっくり」「すっきり」「さっぱり」など……。数多い擬態語、擬音語からこうした作りの似た言葉を探してみるのもおもしろいかもしれませんよ。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。