健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|具材たっぷり! 一品でおなかが満たされるひっつみ(岩手県)

郷土料理|具材たっぷり! 一品でおなかが満たされるひっつみ(岩手県)

岩手県の郷土料理ひっつみは、団子入りで野菜たっぷりのすまし汁。具材がたっぷりなので、一品でおなかが満たされるおかず汁です。 すいとんによく似ていますが、お団子の作り方が少しだけ違います。ちょっと肌寒い日や、最近野菜不足だなというときにおすすめしたいごちそう汁です。


岩手県の郷土料理ひっつみは、団子入りで野菜たっぷりのすまし汁。すいとんによく似ていますが、お団子の作り方が少しだけ違います。ちょっと肌寒い日や、最近野菜不足だなというときにおすすめしたいごちそう汁です。

具材たっぷり、体あたたまるおかず汁「ひっつみ」

ひっつみは小麦粉を練った団子以外に決まった具材はなく、野菜がどっさり入っています。ごぼうやにんじん、大根などの根菜や、しいたけ、里芋、ネギといった季節の野菜、さらには、鶏肉や豚肉、カニや魚を用いる場合もあり、各家庭でレシピが違う、まさに「おふくろの味」です。

つねって引っ張るから「ひっつみ」

ひっつみに欠かせない団子は、小麦粉と塩を水で練ったもの。たっぷりの野菜を煮込んだすまし汁のなかに、団子の生地を薄くちぎりながら入れていきます。岩手県の北地方ではちぎることを「ひっつまむ」「ひっつむ」といい、これが「ひっつみ」の語源となっています。

冷害が多い地域の知恵

ひっつみが誕生した岩手県は、今でこそ米どころとして有名ですが、かつてはたびたび冷害に見舞われてきた土地です。米が不作のときでもおなかいっぱいになるよう、小麦粉を使ったひっつみが盛んに作られたと考えられています。

現代では米の品種改良が進み、ビニールハウスを活用して田植えの時期をずらすといった技術の向上もあって、冷害を受けることは少なくなりました。しかし、生活の知恵から生まれた郷土の味・ひっつみは、体の芯からあたためてくれるごちそうとして、今でも愛され続けています。

作ってみよう ひっつみのレシピ

具材をたくさん入れたひっつみは、それだけでおなかが満たされるおかず汁。あとはご飯があれば、おなかも栄養バランスもバッチリです。ひっつまんだ団子が入っていればひっつみですから、半端に残った冷蔵庫の野菜や、安くなった旬の野菜をたっぷり入れて作ってみてください。

団子の生地は練ったあとにしばらく寝かせることで、もちもちした食感が出ます。また、練れば練るほどコシの強い団子に。お好みの団子作りを試行錯誤してみるのも楽しいですよ。

<材料(2人分)>
団子の材料…小麦粉1カップ、水1/3カップ
具材…お好みの野菜、鶏肉や豚肉を入れても○
だし汁、調味料(酒、しょうゆ、塩)…適量

<作り方>

1. ボウルに小麦粉を入れ、水を少しずつ加えながら耳たぶぐらいのかたさになるまで生地を練ります。水は適宜増減してください。ひとつにまとまったら、ぬれぶきんをかけて2時間ほど寝かします。

2. そのほかの具材を食べやすい大きさに切るなど、下ごしらえをします。

3. だし汁を沸かし、煮えにくいものから順番に具材を入れていきます。

4. アクをとりながら、具材に火を通します。

5. 具材に火が通ったら、調味料を入れて味を調えます。

6. 団子生地を薄くのばしながら、手でちぎって鍋のなかへ。手に水をつけながらちぎると、生地が手にくっつきにくくなりますよ。

7. 団子が浮き上がれば、煮えたサイン。出来上がりです。

各家庭で微妙に具材や味付けが違うのは郷土料理の特徴のひとつで、ひっつみにもきっちりしたレシピはありません。スープはすまし汁ですが、お味噌を入れてもおいしいですよ。ぜひ「ウチのひっつみ」を作ってみてくださいね。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。