健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|「十八番」「うちわ」歴史を深く知る楽しみ

語源・由来|「十八番」「うちわ」歴史を深く知る楽しみ

言葉のなりたちを知ることは、歴史や文化を深く知ることにつながります。今回は、歌舞伎から生まれた言葉「十八番」と、夏の風物詩の「うちわ」の語源をお届けします。


言葉のなりたちを知ることは、歴史や文化を深く知ることにつながります。今回は、歌舞伎から生まれた言葉と、夏の風物詩にまつわる言葉の語源をお届けします。

一番得意なものに十八番?「十八番」

「彼はいつもカラオケで最後に十八番の歌を歌う」。
その人の一番得意とすることや、得意な芸のことを、「十八番(おはこ)」といいます。一番得意な演目なのに「十八番」と書くのも妙なら、「おはこ」と読ませるのも不思議です。「十八番」とはどのような由来のある言葉なのでしょうか。

その由来は江戸時代にさかのぼります。天保3年(1832年)、歌舞伎役者の家系のひとつ、市川家(成田屋)七代目・市川団十郎が、市川家の得意とする演目、いわば「お家芸」を十八本選び、「歌舞妓狂言組十八番(かぶき きょうげん くみ じゅうはちばん)」として発表したことで「十八番」という言葉が世に広まったといいます。得意な演目がひとつではなく十八本選ばれたから、ということ由来でひとつ謎が解けました。

続いてふたつめの謎。「十八番」のそもそもの呼び方は、そのまま「じゅうはちばん」だったわけですが、これを「おはこ」と読むようになったのはなぜでしょうか。いくつかの説がありますが、そのうちのひとつは、市川家は家宝ともいえる歌舞伎十八番の台本を箱に入れて保管してしたから、というもの。別の説もあり、書画・茶器などを入れた箱に、中身が「真作」であることを認定する鑑定者の署名を添えることを「箱書き」というのですが、そのことから「認定された芸」の意味で十八番を「おはこ」というようになった、ともいわれています。

歌舞伎十八番として選ばれた演目は次のとおり。



「外郎売(ういろううり)」
「嬲(うわなり)」
「押戻(おしもどし)」
「景清(かげきよ)」
「鎌髭(かまひげ)」
「関羽」
「勧進帳」
「毛抜」
「解脱」
「暫(しばらく)」
「助六」
「蛇柳(じゃやなぎ)」
「象引(ぞうびき)」
「七つ面(ななつめん)」
「鳴神(なるかみ)」
「矢の根」
「不動」
「不破(ふわ)」

特に有名どころといえば、「助六」「勧進帳」「暫」などでしょうか。現在の歌舞伎にも欠かせないこれらの演目。舞台で観賞し、「十八番」と呼ばれるふさわしいに芸に浸ってみたいものですね。

あおぐ以外の用途があった 「うちわ」

あおいで風を起こす道具、うちわ。うちわは、今でこそ、送風の道具として使われています。しかし、もともとは涼をとるためのものというよりは、権威の象徴として威儀を示す行列の道具であったり、「はらう」「かざす」ためのものだったといいます。貴人が顔を隠すためにかざしたり、害虫をおいはらったりするのに使ったわけです。また、室町時代には、軍配団扇も戦いで使用されるようになりました。軍配は今も相撲で見ることができますね。

うちわの語源をたどると、もともと「打ち羽」の意だったといわれています。前述のように、ハエや蚊などの害虫を打ち払うことから、この言葉が生まれたという説や、鳥の羽を材料に作られたものだったという説があります。うちわを漢字で書くと「団扇」。これは中国由来の熟語で、「だんせん」という読み方もします。「団」には「丸い」という意味があり、平安時代から、円型の扇を「団扇」と呼ぶようになったといわれています。

涼風はもっぱらエアコンまかせとなった現代でも、うちわは、夏祭りをはじめ、野外のイベントには欠かせないアイテムですね。他にも、広告媒体であったり、アイドルのコンサートグッズなどとしても使われ、私たちにとっては、今も身近な道具のひとつです。この夏、時々うちわの風で涼をとり、日本らしい風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。