健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
野菜の豆知識|夏バテ解消にうってつけ 「ゴーヤ(にがうり)」

野菜の豆知識|夏バテ解消にうってつけ 「ゴーヤ(にがうり)」

夏野菜の代表格のひとつであるゴーヤ(にがうり)は、日本では沖縄県や九州南部などで栽培されています。独特の苦味は食欲増進の作用があり、含まれる栄養素は夏バテ解消に効果的な組み合わせ。ゴーヤの栄養や食べ方についてご紹介します。


夏野菜の代表格のひとつであるゴーヤ(にがうり)は、日本では沖縄県や九州南部などで栽培されています。独特の苦味は食欲増進の作用があり、含まれる栄養素は夏バテ解消に効果的な組み合わせ。ゴーヤの栄養や食べ方についてご紹介します。

ゴーヤで食欲増進・暑気払い

ゴーヤは別称「にがうり」という名前の通り、独特の苦味が特徴の夏野菜。この苦味は胃液の分泌を促して食欲を増進させる働き(健胃作用)と、抗酸化作用があります。さらに、この苦味成分は肝機能を高め、血糖降下作用があることが明らかになっています。
漢方や薬膳の視点では、ゴーヤには熱を冷ます効果があり、暑気あたりを鎮め、喉の渇きを止めて、水分の摂りすぎも防ぐとされています。

発汗の多い夏にぴったりの栄養素

ゴーヤはビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどが豊富です。ビタミンCにはコラーゲンの生成を助けて皮膚や筋肉、血液、骨を強くする働きがあり、肌を傷める日焼けの時期にも摂っておきたい栄養素。また、カリウムは大量の発汗や下痢などがあったときに不足するミネラルで、筋肉の収縮を調整する役目があるので、不足すると筋力の低下につながることがあります。人の骨に多く含まれるマグネシウムも発汗で失われるため、カルシウムと合わせてとっておきたいミネラルです。こうして見ると、まさしく夏にふさわしい野菜といえます。

ゴーヤのビタミンCは加熱してもOK!

ビタミンCは熱に弱い特徴がありますが、ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴があります。疲労回復に役立つビタミンB1が豊富な豚肉や、良質なタンパク質である卵などと、一緒に炒めるのがおすすめです。

また、苦味を薄めるための下ごしらえとして、水にさらしたり、下茹ですることがあります。熱に強いゴーヤのビタミンCですが、水には溶け出してしまいますので、栄養の流出を防ぐためにできれば避けておきたいところです。

夏バテ対策にゴーヤジュース

ゴーヤに含まれるたっぷりのビタミンCと、苦味成分のもつ抗酸化作用は、夏バテを乗り切るためにぜひ日々の食生活に摂りいれたいもの。そこでゴーヤジュースを作ってみてはいかがでしょうか。細かくきざんだゴーヤを、りんごなど甘みのある果物と一緒にミキサーにかければできあがりです。苦味が気になるようであれば、はちみつやバナナ、牛乳などと合わせて飲みやすくすることもできます。

食べてみたい! 赤くて甘いゴーヤのタネ

私たちが普段食しているゴーヤは、未熟な実を野菜として利用しています。完熟したゴーヤはオレンジ色をしていて、なかには真っ赤な果肉に包まれたタネが入っています。この果肉はとても甘く、柿に似た味わい。昔は水菓子の代わりとして食べられていたのだそう。洗って炒った完熟ゴーヤのタネは、強壮効果が期待できるとされています。

ゴーヤの栄養や効能を見ていくと、季節と野菜には関連があるのだなと感心します。今やほとんどの野菜が通年食べられるようになりましたが、旬の野菜には旬である理由がありますね。たくさん汗をかいた日や、ちょっとバテてきたなと感じたときに、ぜひゴーヤを手にとってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。