健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
せたがや相談室~夏の不調~|第3回「脱水症状」とは?その症状と対策

せたがや相談室~夏の不調~|第3回「脱水症状」とは?その症状と対策

体調がイマイチだな、病院に行ったほうがいいのかな?ちょっとした体の不調は、なかなか人には相談できないもの。そこで今回は、消化器内科、消化管内視鏡、予防医学を専門にされている近藤慎太郎先生に、「夏の不調」をテーマに、夏場の体調管理についての心配や疑問、毎日を健やかに過ごすためのアドバイスをうかがいました。


今回の質問 家の中でも無意識のうちに脱水症状を起こすことがあるそうですが、どうすれば防げますか ?
●今回担当の専門家

近藤慎太郎 先生
日赤医療センター、東京大学医学部付属病院を経て、山王メディカルセンター内視鏡室長、クリントエグゼクリニック院長などを歴任。消化器内科、消化管内視鏡、予防医学専門。年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手がけ、これまで数多くのがん患者を診療する。

まず、脱水症状には原因や症状の違う3種類があることを知っておきましょう

脱水とは、簡単にいうと「体の中の水分のバランスが崩れる」こと。水分の浸透圧(体内の水分濃度を一定にするために水分が移動する力)の高低によって、次の3種類に分けられます。

・高張性脱水
一般的にイメージしやすい、熱中症や汗のかき過ぎなどで起こる脱水のこと

・等張性脱水
下痢や嘔吐などにより、本来体内で保っておくべき水分が排出されて起こる脱水のこと

・低張性脱水
水分は不足していないものの、電解質(イオン。細胞の浸透圧を調整するなどの働きがある)が不足して起こる脱水のこと

いずれも家の中で起こる可能性がありますが、無意識という意味で要注意なのは低調性脱水です。例えば高張性~等張性脱水になった際、水だけを大量に飲んでも、塩分などは不足したままなので、引き続き低調性脱水を起こしやすいのです。

また、脱水症状のひとつとして手足が冷たくなることがありますが、これは低張性脱水に多いといわれています。脱水状態にならないように水分をたくさん摂りすぎると、体内の塩分濃度が低くなって手足が冷たくなることがあるのです。

ただ「水・飲み物を摂る」だけではなくきちんと選んで飲みましょう

つまり、家の中での脱水を予防するためには、「ただ水を飲む」「なんでも飲み物を摂る」だけではだめだ、ということです。特に、水分が足りていない意識がある場合は、経口補水液やスポーツドリンクも適宜とりまぜて摂取しましょう。ただしこれも飲みすぎると糖分が過剰になってしまいますから、気をつけたいところです。

普段の生活では、お茶やコーヒーなど、カフェインを含む飲み物も要注意です。カフェインには利尿作用がありますから、せっかく摂った水分を体外へ排出してしまいます。
大人は1日1.5リットルの水分を摂るのが望ましいといわれていますが、カフェイン入り飲料をがぶがぶ飲んで、その分を差し引いて計算するとなると、収支が分かりにくくなってしまいますよね。そこで、カフェインを含む飲み物はできれば控えめにし、加えて「カフェインの入ってない水分をどれぐらい飲んでいるか」を意識するようにしましょう。水分をどれくらい摂ったかチェックする意味でも、手帳やメモなどに飲んだ量の記録をつけてみるといいかもしれません。また、アルコールも利尿作用が高いので、水分補給にはならないと考えておきましょう。

自分の感覚や客観的な指標も参考に「体の声を聴く」ようにしましょう

熱中症での脱水や、下痢・嘔吐による脱水は年齢に関係なく誰にも起こる可能性があります。しかし体の感覚が衰えていたり、薬の影響などで変化に気づきにくいことも。家の中で脱水症状を起こしやすいのは高齢者であり、特に盲点になるのは、就寝中かもしれません。

エアコンの設定温度の目安は「28℃」といわれますが、同じ設定でも家の構造などで実際の温度は違ってくると思いますし、就寝中にエアコンを使うのが嫌いな方もいるでしょう。そこで、自分の体の声を聴くように心がけてみてください。「気持ちいい環境かどうか」、「昨日と比べてどうか」は人によって全然違うはず。そういう感覚をちゃんと意識することは、とても大事なことだと思います。
そこで、エアコンがちょっと効きすぎると思ったらドライ(除湿)運転にしたり、扇風機を併用して体感温度を下げたりしてみてください。

体の声を聴く方法は、心地いいかそうでないかを意識する他にもあります。
例えば、高齢の方であれば毎日血圧を測っている方も多いと思いますが、脱水状態になると血管中の水の濃度が減るので、血圧はてきめんに下がります。また、トイレに立つ回数や尿の量が減って、色が濃くなります。こういったことも体の声が現れるマーカーとして、「いつもと違うぞ」という時は見逃さないスタンスが大事ですね。

あなたのお悩みは解決できたでしょうか?
せたがや相談室では、専門家の先生をお招きして、みなさんからお寄せいただく質問にお答えしていきます。あなたの質問、お待ちしています!
専門家がお答えします ご質問はこちらから!
※ご質問の受け付けは終了している場合もございます。予めご了承ください。
※お寄せいただいた質問は、選考の上、採用いたします。 すべてのお悩みに回答できないことをご了承下さい。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。