健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
温泉|湯の峰温泉 つぼ湯(和歌山県) 小さな小さな温泉は“入浴できる世界遺産”

温泉|湯の峰温泉 つぼ湯(和歌山県) 小さな小さな温泉は“入浴できる世界遺産”

湯の峰温泉は、熊野三山のひとつ・熊野本宮大社に至る熊野古道 中辺路(なかへち)沿いにあり、開湯1800年を誇る温泉地で古くから熊野詣の旅人たちが道中にみそぎをし、疲れを癒やす「湯垢離場(ゆごりば)」として栄えてきました。その中でも「つぼ湯」は、熊野詣の参詣道の一部として世界遺産にも登録されています。現在は湯の谷川沿いに十数件の宿が並ぶ小さな温泉街ですが、昔ながらの風情を感じられる関西の名湯として多くの人に愛されています。


湯の峰温泉は、熊野三山のひとつ・熊野本宮大社に至る熊野古道 中辺路(なかへち)沿いにあり、開湯1800年を誇る温泉地。古くから熊野詣の旅人たちが道中にみそぎをし、疲れを癒やす「湯垢離場(ゆごりば)」として栄えてきました。現在は湯の谷川沿いに十数件の宿が並ぶ小さな温泉街ですが、昔ながらの風情を感じられる関西の名湯として多くの人に愛されています。

熊野詣の疲れを癒やす日本最古の湯

湯の峰温泉の名は、当地のお寺「東光寺」の本尊に由来するといわれています。源泉の周囲に湯の花が積もって薬師如来の形となったものが東光寺の本尊で、その本尊の胸から温泉が噴出していたことから「湯の胸温泉」、それが転じて「湯の峰温泉」となったのだとか。泉質は硫黄の香りが漂う重曹硫化水素泉で、リウマチ、神経痛、糖尿病、胃腸病、痛風、皮膚病などに効能があるとされています。
熊野に語り継がれる「小栗判官(おぐりはんがん)伝説」、小栗判官とその妻照手姫の波瀾万丈な人生を描いた物語の舞台でもある湯の峰温泉。温泉そのものにも伝説が残るのはもちろん、周辺には小栗判官が髪を結っていたワラを捨てた所に稲が生え、毎年実るという「まかずの稲」や、小栗判官が湯治の際、体力を試すために持ち上げたとされる「力石」といった史跡が残っています。また、熊野詣の道中に熊野の御子神を祀った「熊野九十九王子(くまのくじゅうくおうじ)」のひとつ、「湯峯王子(ゆのみねおうじ)」も有名です。

こぢんまりとした“つぼ湯”は不思議な七色の湯

湯の谷川のそば、茅葺き屋根の小さな小屋が目印の「つぼ湯」は、熊野詣の参詣道の一部として世界遺産にも登録されています。「小栗判官伝説」の中で、毒を盛られ、重い病に苦しむ(餓鬼阿弥<がきあみ>の姿で地獄から送り返されたとする物語もあります)小栗判官をよみがえらせたとされる名湯です。
天然岩の小さな湯つぼは2~3人も入れば満員になってしまうため、30分ずつ貸し切りで入浴するようになっています。世界でも類を見ない“貸切入浴できる世界遺産”を目指して訪れる人も多く、順番待ちになることもあるのだとか。1日に7回も色が変わるといわれる、なめらかで心地よいお湯も評判です。

公衆浴場にもぜひ立ち寄りたい

つぼ湯の入浴料金には、湯の峰温泉公衆浴場の料金も含まれています。「一般湯」と「くすり湯」のいずれかに入浴できますので、こちらにもぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
つぼ湯とくすり湯はシャンプーやせっけんが使えませんので、温泉浴の前後に髪や身体を洗いたいときは一般湯がおすすめです。くすり湯は、92℃にもなる高温の源泉を、水を足さずに自然に冷ました源泉100%の湯。湯の花の舞う名湯を存分に楽しめて、こちらもまた魅力的です。

温泉水や温泉卵をお土産に

湯の峰温泉公衆浴場には温泉くみ取り場もあり、10リットル100円で温泉水を持ち帰ることができます。そのまま飲むもよし、お茶やお料理に使ってみるのもまた一興です。湯の谷川沿いには92℃の源泉が吹き出す湯筒が湯けむりを上げていて、写真のように卵や野菜をゆでるのに利用されています。卵や野菜は近隣のお店で売られていますので、地元の方々に混じって、湯の峰温泉ならではのお土産作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

歴史ある温泉地、世界遺産の湯というだけでなく、優れた泉質で湯治場としても人気の高い湯の峰温泉。ロマンあふれる小栗判官伝説や古の熊野詣の様子に思いをはせながら、温泉好きをもうならせる名湯にゆっくりと浸かる贅沢なひとときを過ごしてはいかがでしょうか。

※掲載されている情報は平成28年5月現在のものです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。