健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康法|白湯(さゆ)習慣で健康に 健康のススメ

健康法|白湯(さゆ)習慣で健康に 健康のススメ

芸能人などが実践していることが紹介され、有名になった「白湯(さゆ)」。白湯は内側から身体を温めてくれるため、血行が悪くなる原因の一つである腸の冷えを防ぐ効果があり、冷え性改善が期待できます。今回は、「白湯」の健康・美容の効果と、正しい飲み方をご紹介します。


芸能人などが実践していることが紹介され、有名になった「白湯(さゆ)」。今回は、「白湯」の健康・美容の効果と、正しい飲み方をご紹介します。

白湯とは

白湯とは、水を沸騰させて50℃ほどに冷ましたお湯のこと。この温度は赤ちゃんが飲むミルクと同じくらいで、「湯冷まし」とも呼ばれます。一度沸騰させることにより不純物が取り除かれ、口当たりもまろやかになります。
白湯は、もともと約5000年もの歴史があるといわれ、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」という健康法として用いられていました。アーユルヴェーダは、自然界の3つの要素である水・火・風をバランスよく保つことが健康につながるという考えに基づいた医学です。白湯は、この3つの要素を満たしていると考えられていたようです。
白湯は内側から身体を温めてくれるため、血行が悪くなる原因の一つである腸の冷えを防ぐ効果があり、冷え性改善が期待できます。また、白湯を飲むことによって内臓の温度を上げる働きを助けるため、本来内臓を温める際に使われるエネルギーが消化促進にまわされます。そのため新陳代謝が活発になり、老廃物を排出しやすい身体になるため、肌荒れや便秘改善のほか、基礎代謝アップによるダイエット効果もあるといわれているのです。

白湯の正しい作り方

白湯の作り方はとても簡単。まずはやかんに水を入れ、強火にかけます。沸騰したらやかんのフタを取り、大きな泡がブクブクと立つ程度に火加減を調節し、10分ほどそのままにしておきます。10分経ったら火を止め、人肌より熱めの約50℃まで冷ましてください。冷ますために水を加えるのではなく、自然に温度が下がるまで待ちましょう。
火を使う時間がない場合は、耐熱カップに水を入れ、500Wの電子レンジで1分半ほど温める方法もあります。

白湯の正しい飲み方

白湯は、通常飲むホットドリンクよりも少しぬるめ。そのため一度にたくさん飲めてしまいますが、これは身体に負担がかかってしまいますので避けましょう。あくまでもゆっくりと、10分ほどかけてコップ1杯分の白湯を飲むようにしてください。味がついていないお湯は、最初のうちは飲みにくいと感じることがあるかもしれません。その場合は、しょうがやハチミツなどを少量加えると飲みやすくなります。
白湯を飲むタイミングは、朝一番がいいといわれています。起きたばかりで水分が不足している身体にしみわたって、内臓が温まりやすくなるためです。また、消化吸収を助けてくれるので、食事の際に1杯ずつ飲むのもおすすめ。就寝前に白湯を飲むと、就寝中に整腸効果、安眠効果が期待できます。
白湯を習慣づけ、身体に溜まった毒素が排出されると、白湯の味がだんだんと甘く感じられるようになるようです。
ただ、白湯は飲み過ぎると胃液が薄くなってしまったり、腸内の必要な栄養まで流してしまう場合があります。1日約800ml、コップ約5杯分を目安にしましょう。また、時間が経って冷めてしまった白湯を沸かし直すとアーユルヴェーダの3要素のバランスが崩れてしまうため、水から作り直すようにしましょう。

特に材料を必要とせず、水道水から簡単に作れる白湯。日々の生活に取り入れて、健康維持に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康法|自転車で「一石二鳥の運動」を!

健康法|自転車で「一石二鳥の運動」を!

5月は「自転車月間」と国土交通省でも定められ、自転車での健康づくりにより注目が集まるはずです。過ごしやすい爽やかな時期だからこそ、ご近所の移動だけでなく、行動範囲を広げてサイクリングに散歩、ウォーキングを組み合わせる方法をご紹介。自転車によって得られるメリットについても触れています。


健康習慣|寿命を延ばすスポーツ第1位はテニス、その理由とは?

健康習慣|寿命を延ばすスポーツ第1位はテニス、その理由とは?

人生100年時代に向けて寿命の捉え方も変化し、日常を制限なく生活できる期間とされる健康寿命への関心が高まっています。健康的な人生の時間を延ばすには、どんな生活を送るといいのでしょう。近年の研究では、テニスをする人はまったくしない人に対して死亡率が47%少なく、習慣化している人は平均寿命が9.7年も長いことが分かっています。今回は、テニスの習慣化による健康効果や寿命を延ばす理由について解説します。


最新の投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

夏の魚といえば、川に生息するアユです。アユは水のきれいな川に生息する天然ものと養殖ものの2種類があり、栄養を豊富に含んでいます。今回は、アユの基本的な情報と豆知識、栄養価や食べ方についてご紹介します。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。