健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
おみそ汁|えのきだけのおみそ汁 健やかなお肌づくりを助けてくれる

おみそ汁|えのきだけのおみそ汁 健やかなお肌づくりを助けてくれる

和えものや鍋料理など、普段は副菜的な使われ方が一般的なえのきだけ。見た目も味も淡泊ではありますが、実はおみそ汁に入れると自然で健やかなお肌づくりを助けてくれる存在でもあるのです。今回は、えのきだけのおみそ汁の栄養についてご紹介します。


和えものや鍋料理など、普段は副菜的な使われ方が一般的なえのきだけ。見た目も味も淡泊ではありますが、実はおみそ汁に入れると自然で健やかなお肌づくりを助けてくれる存在でもあるのです。今回は、えのきだけのおみそ汁の栄養についてご紹介します。

えのきだけの食物繊維と味噌の乳酸菌が美肌に役立つ

えのきだけには、脂肪の吸収を抑え、老廃物の排泄を助け、お通じも整える食物繊維と、肌荒れを防ぐパントテン酸が含まれています。それだけでなく、体内の余分な塩分を排出し、むくみを抑えるカリウムも豊富。
そして、味噌には食物繊維と一緒に摂ることで腸内環境を整え、より美容効果を高めてくれる乳酸菌と、新陳代謝を促す働きのあるポリアミンがたっぷり。えのきだけと味噌は、お肌の健康的な美しさを保つことに役立つ組み合わせなのです。

切る前に水洗いし、加熱時間は短めで

えのきだけのパントテン酸とカリウムは水に溶けやすいので、調理する際は包丁を入れる前、石づきがついた状態のままで洗うのがコツです。また、カリウムは熱にも弱く、えのきだけ自体も火を通しすぎると食感が落ちるので、加熱時間をなるべく短めにします。味噌も香りと乳酸菌をキープするには加熱時間が短い方がおすすめです。おみそ汁の場合は、火の通りにくい具から煮始めて、えのきだけと味噌は仕上げにサッと加えるようにしましょう。

えのきだけのおみそ汁+αのバリエーション

どんな味にもなじみやすいえのきだけは、おみそ汁で組み合わせる具にもさまざまなものが見られます。続いては、味だけでなく栄養面からも、ぜひえのきだけのおみそ汁と組み合わせたい具のバリエーションをご紹介しましょう。

えのきだけと油揚げのおみそ汁で高血圧予防

高血圧の予防に欠かせないポイントが「塩分を摂りすぎないこと」。先に説明した通り、えのきだけのカリウムには余分な塩分を体外へ排出する機能がありますし、油揚げのたんぱく質もまた、体内の塩分が欲しくなる作用を抑え、薄味でも満足できるように働いて摂り過ぎを防いでくれます。シャキシャキしているえのきだけとやわらかい油揚げで、対照的な食感を楽しめるのもうれしいですね。

えのきだけのおみそ汁+生ネギで疲労回復&美肌効果アップ

えのきだけにはビタミンB1とパントテン酸、ネギには辛み成分のアリシンとビタミンCが豊富に含まれています。
まず、「疲労回復ビタミン」と呼ばれるえのきだけのビタミンB1は、ネギのアリシンと一緒に摂ることで吸収されやすくなります。また、えのきだけのパントテン酸はネギのビタミンCがコラーゲンをつくるのを助け、髪やお肌が健康的になる効果が期待できるのです。さらに、ビタミンCは味噌に多く含まれる鉄分が体内に吸収されるのを助けますから、貧血が気になる方にもおすすめです。
ネギのビタミンCは熱に弱いので、おみそ汁に入れる場合はできれば煮立てるようなことはせず、生で刻んで薬味として加えましょう。ネギの栄養については、下記の記事も参考にしてみてください。

生のネギが苦手な方はえのきだけとかぼちゃのおみそ汁も

ネギのビタミンCが熱に弱いのに対して、かぼちゃには熱に強いビタミンCが豊富に含まれています。もちろんネギと同じように、かぼちゃのビタミンCもえのきだけのパントテン酸がコラーゲンをつくるのを助け、味噌の鉄分吸収をサポートしてくれます。

他のきのこと比べて背の高いえのきだけは、保存する際も冷蔵庫に袋ごと立てて保存した方が長持ちします。火の通りも早く使いやすい食材ですから、おみそ汁はもちろん、ここでご紹介した組み合わせを参考に、さまざまなレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。