健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
当て字|「おてんば」「かるた」 オランダ語・ポルトガル語由来説のある言葉

当て字|「おてんば」「かるた」 オランダ語・ポルトガル語由来説のある言葉

日本の中世から近世にかけて重要な貿易相手国であったオランダやポルトガルからは、様々な欧州の言葉と文化が流入しました。外国の言葉を日本に定着させようと、漢字が当てられ、それらは今では昔からある日本語のように使われるようになっています。今回は、オランダとポルトガルからやってきた言葉が由来という説の「おてんば」と「かるた」の当て字をご紹介します。


日本の中世から近世にかけて重要な貿易相手国であったオランダやポルトガルからは、様々な欧州の言葉と文化が流入しました。外国の言葉を日本に定着させようと、漢字が当てられ、それらは今では昔からある日本語のように使われるようになっています。今回は、オランダとポルトガルからやってきた言葉が由来という説のある当て字をご紹介します。

オランダ語説と日本語説とがあり「おてんば」

「おてんば(お転婆)」とは、若い女性や女児が、しとやかさに欠け、活発に行動することや、そのようす、そのような娘をさします。「おきゃん(御侠)」も同じ意味です。

この言葉の語源、実はいくつか説があり、正しい説ははっきりとはわかっていません。そのなかで有力とされる候補のひとつが、オランダ語の「慣らしにくい、御しがたい」という意味の「ontembaar(オンテンバール)」が語源という説です。

「お転婆」
オンテンバール / ontembaar

ontembaarには他に「野生の」とか「負けん気の」といった意味もあります。このオランダ語が「おてんば」となり、「お転婆・御転婆・於轉婆」の字が当てられたといわれています。

オランダ語語源説の対として、語源を日本語の「てんば」という言葉に求める説もあります。
「おてんば」は18世紀の中頃から使われているのですが、それより早い18世紀初頭には、同様の意味の「てんば」という言葉がすでに使われていたというのです。「てんば」の意味は、おてんばと同様、「つつましくない女」という意味で使われたり、男女を問わず「しくじること、粗忽であること」「親不孝で従順でない子」といった意味で使われていました。この「てんば」に接頭語の「お」がついて、「おてんば」になった、という説です。

他にこんな説もあります。江戸時代、宿場には人や荷物の輸送用の馬が置かれていました。その中でも公用にあたる馬を「御伝馬(おてんま)」といい、荷駄馬と比べて御伝馬は常に勢いよく跳ね回るところから、お転婆の語源になったという説。さらに、女の子の出しゃばって足早に歩く様子を「てばてば」といい、それに接頭語の「お」を付けて、「おてば」と言ったことが語源という説などがあります。

正しい由来ははっきりしませんが、オランダ語の「御しがたい、負けん気」の音と、日本語の「つつましくない、従順でない、活発な」という意味の語の音が偶然似ていたのだとしたら、おもしろいことですね。

ポルトガル語が由来「かるた」

日本のお正月の遊びとしてなじみ深い「かるた」。実は、ポルトガル語が語源なんです。

「歌留多」
カルタ /  carta

ポルトガル語で「手紙」や「カード」を意味する言葉が「carta」です。cartaは元々、南蛮文化のひとつとして日本に入ったカード遊びで、16世紀後半にポルトガル人によって伝えられ、流行した「天正かるた」、江戸時代の初期に同じくポルトガル人によって伝えられ、今でも熊本県人吉市に伝統的な遊びとして伝わる「うんすんかるた」などが知られています。江戸時代中期には今も子どもに遊ばれる「いろはがるた」が生まれています。

「かるた」には、「歌留多」「加留多」「嘉留太」「骨牌」など、さまざまな字が当てられています。先に紹介した3つは、ポルトガル語の音写ですが、「骨牌」だけは違います。中国の象牙や獣骨、角などで作った札のゲームを「骨牌(こっぱい)」というのですが、この漢語をそのまま当てはめたものです。

ポルトガルから入ったカードゲームは、日本に古くからあった「貝合わせ」などと融合して、文字札と絵札に分けて札をとりあう「かるた」として独自の発展を遂げます。そのルールのわかりやすさとおもしろさで、かるたは現代にいたるまで、小さな子どもから大人まで、幅広い人々を楽しませているのです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。