健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
当て字|「トウモロコシ」「アボカド」 日本で人気になった海外発の食材

当て字|「トウモロコシ」「アボカド」 日本で人気になった海外発の食材

外国の言葉を日本に定着させたり、生物に日本語の名前(和名)をつけたりするために、先人たちはさまざまな工夫をしてきました。代表的なのは、漢字の音から転用したり、意味から転用したりする「当て字」。当て字の由来を探れば、思わぬ知識を得られることも。 今回は、日本で人気になった海外発の食材「トウモロコシ」「アボカド」の当て字をご紹介します。


外国の言葉を日本に定着させたり、生物に日本語の名前(和名)をつけたりするために、先人たちはさまざまな工夫をしてきました。代表的なのは、漢字の音から転用したり、意味から転用したりする「当て字」。当て字の由来を探れば、思わぬ知識を得られることも。
今回は、食物として日本にやってきた植物にまつわる当て字をご紹介します。

ポルトガル渡来の穀物

トウモロコシ

トウモロコシといえば、焼いたりゆでたり、料理の材料に使ったりと、日本の食卓ではおなじみの穀物。定着しすぎて日本古来のものであるような気もしますが、実は16世紀にポルトガル人によって伝えられました。トウモロコシを漢字ではこのように書きます。

「玉蜀黍」
トウモロコシ / corn(米) maize(英)

ちょっと難しいこの漢字。いったいどうしてこの字があてられたのでしょう。
トウモロコシが渡来するより先、中国から「モロコシ(蜀黍、唐黍)」と呼ばれるイネ科の穀物が入ってきました。現在では「タカキビ(高黍)」といったほうが通りがいいかもしれません。自然食志向の方や、ベジタリアンの方に人気の食材で、外来語の呼称として「コーリャン」とも呼ばれます。

▲タカキビ

その後ポルトガル人によってもたらされた新しい穀物は、先に中国からきた「モロコシ」に似ていたので、「唐(舶来の意)のモロコシ」という意味で、トウモロコシと名付けられました。しかし、漢字で「唐蜀黍」「唐唐黍」では意味が重なってしまいます。そこで、トウモロコシには「玉黍(タマキビ)」という別名もあったため、「玉」を用いて「玉蜀黍」となりました。

ちなみに、トウモロコシのことを「トウキビ」と呼ぶ地域もあります。漢字で書くなら「唐黍」。本来ならばタカキビの名称だったはずですが、すっかりトウモロコシのことを指すようなりました。

ちなみに、玉蜀黍は秋の季語。つやつやと金色に美しく並ぶトウモロコシの粒は本当に玉のよう。冷凍品など加工品が一年中食べられるとはいえ、やはり、旬にいただきたい食べ物ですね。

あの爬虫類に似ていると名付けられた

アボカド

メキシコ、中央アメリカ原産の植物「アボカド」。黒っぽい皮の見た目を裏切り、カットすると、明るい緑色の果実が現れます。独特のコクがあっておいしく、メキシコ料理でよく使われるほか、日本でも「森のバター」などと呼ばれ、人気の食材です。
アボカドは英語でavocadoと書きます。アボカドは「アボガド」とも表記されますが、英語表記からすると、「アボカド」が近いですね。現在ではそのまま日本語化していますが、実は、意外な和名を持つのです。

鰐梨
ワニナシ /  avocado  または alligator pear

アボカドの皮の黒くてゴツゴツした様子がワニの肌に似ていることからついた名前のようです。実はアボカドの英語での別称として「alligator pear」という言葉があり、直訳して「鰐梨」という言葉ができたともいわれています。一般的にはあまり使わない「ワニナシ」という言い方ですが、アボカドを図鑑などで調べると「クスノキ科ワニナシ属」とされており、今もその「和名」は生きています。

洋梨に似たコロンとした愛らしい形、中の美しい緑色を知っている人にとっては、アボカドと恐ろしい爬虫類、ワニとはすぐにはつながりませんが、初めてこの果実を見た人にとっては、ゴツゴツとした外見はなんとも奇妙に見えたことでしょう。

アボカドには脂肪分が含まれていますが、うれしいことにそのほとんどが善玉と呼ばれる不飽和脂肪酸。ビタミンEも多く含まれており栄養豊かな食品です。あらためて、アボカドを手に取って、名前の由来を思いつつ、味わってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。