健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|「暖房病対策」 “かくれ脱水”が頭痛や吐き気のもとに

健康法|「暖房病対策」 “かくれ脱水”が頭痛や吐き気のもとに

「“冷房病”はよく聞くけれど、“暖房病”はあまり耳にしない」という方は多いのではないでしょうか。冷房病とは、冷房の効いた室内と暑い室外との激しい気温差によって自律神経が正しく働かなくなってしまうのですが、暖房病はかくれ脱水による、頭痛や吐き気のもとにもなります。今回は暖房病にならないための対策についてご紹介します。


「“冷房病”はよく聞くけれど、“暖房病”はあまり耳にしない」という方は多いのではないでしょうか。冷房病とは、冷房の効いた室内と暑い室外との激しい気温差によって自律神経が正しく働かなくなってしまうこと。では暖房病はその逆かというと……実は、まったく違う症状なのです。

冷房病については、こちらの記事を参考にしてみてください。

暖房病の症状は“頭痛・吐き気”

暖房の効いた室内に長時間いる際に、肌や目、喉の乾燥、頭痛や吐き気を感じたことはないでしょうか。実は“暖房病”は正式な病名ではなく、これらの症状を総称するもの。一見、さまざまな症状があるようにみえますが、その原因はいずれも“脱水”にあるとされています。

“かくれ脱水”が暖房病を引き起こす

肌や目、喉の乾燥はともかく、汗をかくことの少ない冬に頭痛・吐き気がするほどの脱水状態が起こるとは、少々イメージしにくいかもしれません。深刻な脱水症に至る一歩手前の状態は“かくれ脱水”といわれ、実は冬にも起こりやすい症状なのです。そしてこのかくれ脱水が、暖房病の原因になります。
湿度が低くなる冬には、汗のように目に見える形ではなく、意識しないうちに皮膚や粘膜、呼吸を通して水分が蒸発する「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」が増えます。暖房で乾燥しがちな室内では、さらにこの不感蒸泄が増え、体内の水分量が減ってしまいます。体内の水分量が減ると、血液もドロドロで流れにくい状態に。やがて血流が悪くなり、頭痛や吐き気を引き起こしてしまいます。

冬は毎日習慣づけたい!暖房病対策

「脱水が原因なら水を飲めばいいのでは?」と思うかもしれませんが、水分の摂り方にも工夫が必要です。他の対策も併せることで、より効果的に暖房病を防いでいきましょう。
それでは、おすすめの「暖房病対策」をご紹介します。

水分(経口補水液)をこまめに摂る

冬は夏に比べて水分補給の機会や量も減りがちです。食事時を含めて1日8回(※)程度を目安に、こまめに水分を摂るようにしましょう。水だけでなく、利尿作用のあるお茶やコーヒーも、適量(1リットルを超えない程度)であれば水分補給になります。ただし、すでに暖房病と思われる症状が出始めている場合は、普通の水よりも体内に水分をとどめやすい経口補水液がおすすめです。

※起床時、朝食時、午前10時、昼食時、午後3時、夕食時、入浴時、就寝時がおすすめです。1回に摂取する水分の目安はコップ1杯程度。

室内の湿度を調整する

不感蒸泄を減らすために、室内の湿度を高める工夫をしましょう。加湿器を使ってもいいですし、洗濯物の部屋干しなどでもよいでしょう。また、空気そのものを入れ替え、比較的湿度の高い外の空気を取り込むことも重要です。職場などで自由に加湿や換気ができない場合は、自分が屋外に出る時間をこまめに作ってみましょう。
湿度管理や室内の換気については、下記の記事も参考にしてみてください。

肌の露出を抑える

不感蒸泄は、肌の露出が多いほど増えてしまいます。暖房をうんと効かせて薄着をしていると、肌からはどんどん水分が出ていくことに……。暖房を控えめにし、着るもので温かく過ごす工夫をする“ウォームビズ”は、エコなのはもちろん、肌の露出を抑えられて暖房病対策にもなるので一石二鳥です。

肌の露出を抑える方法については、下記の記事も参考にしてみてください。

耳慣れない“暖房病”、しかもその原因が脱水にあったとは、驚いた方も多いのではないでしょうか。夏場の水分補給は多くの方が意識されていますが、“冬場の水分補給”も同じように大切です。特に、脱水状態に気づきにくいとされるご高齢の方は、ぜひ水分補給を習慣にしてくださいね。

関連する投稿


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。


健康習慣|骨密度って何だろう? 検査方法や気をつけたい生活習慣

健康習慣|骨密度って何だろう? 検査方法や気をつけたい生活習慣

肌や髪の毛をはじめ、人の体のなかの組織は、新陳代謝によって日々生まれ変わっています。それは骨も例外ではありません。骨は加齢とともにもろくなってしまうものですが、生活習慣とも密接に関係しています。今回は、骨密度を調べる検査方法や、骨を丈夫にするために心がけたいことをご紹介します。


健康習慣|しわを招く紫外線は春からピークに! 春の紫外線対策

健康習慣|しわを招く紫外線は春からピークに! 春の紫外線対策

日本国内で紫外線量に注意が必要な時期は真夏と思われがちですが、実際は3月頃から紫外線量は急激に増加します。「春は夏よりも紫外線量が少ないから、対策も軽いものでOK」というわけではなく、紫外線量が増えはじめる春からしっかりと紫外線対策を行うことが大事です。今回は、春の紫外線の特徴と対策についてご紹介します。


健康習慣|「春の眠気対策」 簡単にできるスッキリ過ごすための工夫

健康習慣|「春の眠気対策」 簡単にできるスッキリ過ごすための工夫

少しずつ春のあたたかさを感じられる季節になりました。「春眠暁を覚えず」といいますが、寝心地がよく、朝になっても気づかないほどぐっすりと眠り込み、つい寝坊をしてしまうことがあるかもしれません。しかし、1日中寝ぼけたままぼんやりしているわけにはいかないもの。そこで今回は、春の眠気を吹き飛ばしてスッキリ過ごすための工夫や、健康な生活習慣作りに役立つ、眠気対策についてご紹介します。


健康習慣|健康診断の受け方。検査の目的や結果の活用方法を知ろう

健康習慣|健康診断の受け方。検査の目的や結果の活用方法を知ろう

会社や自治体から送られてくる、定期健康診断の案内。「なんとなく受診して、結果を見たらまた来年……」となっていませんか?年1回の健康診断は、自分の健康状態を知る貴重なチャンス。生活習慣病のように自覚症状のない病気を予防することにつながるうえ、疾患の兆候を発見できる場合もあります。しっかりと受診して、健康管理に役立てましょう。


最新の投稿


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


おいしく健康をサポート お酢のチカラ

おいしく健康をサポート お酢のチカラ

お酢は、昔から日本人の食に欠かせない調味料。<br>料理の味を引き立てるだけでなく、健康に良い調味料として改めて注目されています。<br>お酢の種類や健康効果を知り、食卓に賢く取り入れましょう。


美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。<br>塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。<br>ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。<br>そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。


健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

おみそ汁やスープなど、近年は多彩なメニューがフリーズドライとして販売されています。フリーズドライ食品は料理をそのまま乾燥させたもので、お湯を注げばすぐにおいしく食べられますが、調理方法は知っていても、どのような製法で作られているか知っている方は案外少ないもの。そこで今回は、フリーズドライの製造方法や栄養価、フリーズドライ食品についての情報をご紹介します。