健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|柿のパワーで秋風邪を防ごう 豊富なビタミンやカロテノイド色素がうれしい

健康メニュー|柿のパワーで秋風邪を防ごう 豊富なビタミンやカロテノイド色素がうれしい

昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれます。これは、柿を食べることで病気にかかる人が減り、医者は商売にならなくなるという意味。つまり柿は医者いらずになるほど、ビタミンや栄養素が豊富というわけなのです。 柿が赤くなる頃といえば、季節の変わり目に差しかかり、風邪がはやり始める時期ですが、柿に含まれる栄養素は風邪予防にも役立ちます。ではさっそく、柿の持つパワーについてご紹介します。


昔から「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれます。これは、柿を食べることで病気にかかる人が減り、医者は商売にならなくなるという意味。つまり、柿は医者いらずになるほど栄養が豊富というわけなのです。
柿が赤くなる頃といえば、季節の変わり目に差しかかり、風邪がはやり始める時期です。そしてもちろん、柿に含まれる栄養素には風邪予防に役立つものもたくさんあります。ではさっそく、柿の持つパワーについてご紹介します。

免疫力を高めるビタミンAのもと、βカロテン

緑黄色野菜に多い栄養素として知られている天然色素のβカロテンは、果物である柿にも豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに作りかえられ、皮膚や粘膜を強くしたり、免疫力を高めたりして、風邪を防いでくれるのです。ビタミンAは他にも、体の成長を促進したり、視力や目の角膜を健やかに保ったりといった働きをします。

βクリプトキサンチンは骨粗しょう症や生活習慣病も防ぐ

柿には、こちらも天然色素のひとつであるβクリプトキサンチンが含まれています。βクリプトキサンチンもまた、体内で必要に応じてビタミンAに作りかえられるため、風邪予防に役立ちます。さらに、βクリプトキサンチン自体にも、骨粗しょう症のリスクを下げたり、肝機能障害や糖尿病などの生活習慣病リスクを下げたりする働きがあることが分かっています。

柿1個で1日分のビタミンCが摂れる!

ビタミンCを多く含む食品というと、まず柑橘類やイチゴなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。実は柿も、ビタミンCの豊富な果物なのです。中くらい~大きめの柿1個で、1日に必要な量のビタミンCが摂れるとされています。
ビタミンCはお肌や骨、筋肉などを強くする働きや、血液を健やかにする働きに加えて、免疫力も高めてくれます。さらに、ビタミンAやEと一緒に摂ることでお互いの働きを助け合うため、ビタミンAとC両方を摂れる柿は、まさに免疫力アップにぴったりの食べ物なのです。

カリウムや食物繊維、酵素の働きも見逃せない

れしい成分がたっぷり。また、柿に含まれるカタラーゼやタンニンといった酵素は、アルコールを分解してくれるので、お酒をたしなむ方にもおすすめです。酒席の前後に食べておくと、悪酔いや二日酔いを防ぐ効果が期待できます。
ただし、タンニンには鉄分の吸収を阻む働きもあるので、貧血が気になる人は食べ過ぎに気をつけましょう。

干し柿も加熱もおすすめ!料理にも上手に取り入れて

そのままで食べてもおいしい柿ですが、いつも同じ食べ方では食べ飽きてしまいがち。デザートだけでなく食事に取り入れられるよう、柿なますや白和え、サラダなどアレンジを工夫して、自然に食べ続ける習慣をつけたいところです。

熱に弱いビタミンCのことを考えると柿は生食した方がいいように思われますが、実はそうとも限らないのです。干し柿にはβカロテンが生柿の約2倍含まれており、食物繊維もより効率的に摂れます。また、柿を加熱すると、血流を促して冷えを防ぐシトルリンや、リラックス物質であるGABAなどの成分が増えるのです。加熱といっても時間をかけて焼いたり煮たりする必要はなく、電子レンジやトースターで温めるだけでOK。体を温める助けにもなるので、ぜひ試してみましょう。

もともと栄養豊富な柿ですが、旬の時期を迎えると、栄養も味もさらに豊かになってきます。この秋は、赤く色づいた柿をおいしく食べて、風邪予防をはじめとする健康づくりに役立ててみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。