健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
文化|「体育の日」 秋晴れの下、気持ちよく汗を流したい

文化|「体育の日」 秋晴れの下、気持ちよく汗を流したい

「体育の日」と聞くと、秋晴れの空の下、走る子どもたち、色とりどりの万国旗……そんな運動会の情景が目に浮かぶ方も多いのではないでしょうか?ですが近年では、「体育の日=運動会」のイメージが変わってきてるのだとか。今回は、そんな「体育の日」にまつわる由来や意味、運動会の今と昔の違いなどをご紹介します。


「体育の日」と聞くと、秋晴れの空の下、走る子どもたち、色とりどりの万国旗……そんな運動会の情景が目に浮かぶ方も多いのではないでしょうか?ですが近年では、「体育の日=運動会」のイメージが変わってきてるのだとか。今回は、そんな「体育の日」にまつわる由来や意味、運動会の今と昔の違いなどをご紹介します。

体育の日の由来・意味

国民の祝日である「体育の日」は、10月の第2月曜日。2000年のハッピーマンデー制度によって移動する前は、毎年10月10日で固定されていました。10月10日に設定されていたのは、この日に東京オリンピックの開会式が行われたことを記念としていたからです。

体育の日は、祝日法によると「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。そのため、スポーツ施設が無料で開放されたり、地方自治体によるスポーツのイベントが行われたりなど、体を動かすイベントが目白押しです。

体育の日に込められた願い「絶対に晴れの日を!」

体育の日のもととなった、1964年の東京オリンピック。10月10日が開会日という日程は、夏季オリンピックとしてはかなり遅いように感じます。この日が選ばれたことの発端は、日本オリンピック委員会が「日本の戦後の復興を世界に見せるために、絶対に晴れる日を開会式に選びたい」と、気象庁に調査を依頼したことです。

まず、晴れの日の多い5月前後と10月前後のうち、ヨーロッパの選手が寒いと感じる5月は避け、さらに、晴れの特異日(特定の気象状態が高確率で現れる日)として、10月14日と11月3日が挙げられました。この2つの日はいずれも平日だったため、さらに気象庁の統計や専門家の意見を合わせて、最終的に土曜日の10月10日が選ばれたのです。

結果、開会式当日は素晴らしい快晴。大相撲の実況を得意とし、「相撲の北出」といわれた名アナウンサー・北出清五郎氏による、テレビ実況の冒頭「世界中の青空を全部東京に持ってきてしまったような、素晴らしい秋日和でございます」 は、この日の空を印象的に描写した名言として語り継がれています。

春の運動会が増えている、その理由は?

体育の日のあたりは、運動会のシーズン。ただ、最近では5月に行う学校が増えてきています。また、農作物の収穫時期や秋に悪天候が多い関係で、北海道などの一部地域など、もとから春に行われている地域もあります。

秋から春に時期を変えた理由は、「熱中症対策で、練習が夏季にあたるのを避けるため」「1学期に運動会、2学期に文化祭や発表会、3学期に卒業式など、行事をバランスよく配置するため」「進学受験に影響のないよう、学年の早い時期に済ませる」など。地域や学校によって理由は異なるようです。
秋の季語にもなっている運動会ですが、現代の事情に合わせて少しずつ変化しているのですね。

「代々木公園」を歩く

画像提供:公益財団法人東京都公園協会

東京都渋谷区にある都立代々木公園は、かつての東京オリンピックで選手村として一部が使用された場所を再整備して開園しました。およそ東京ドーム11個分という広大な敷地を持ち、都民の憩いの場所として有名ですが、当時の面影が残されていることはあまり知られていません。

公園の東側、淡いブルーグリーンのペンキで塗られた窓枠と扉が印象的な建物は、オランダの選手宿舎であったもの。この地が選手村であった記念として、たったひとつだけ残されました。

画像提供:公益財団法人東京都公園協会

また、この建物のそばには、オリンピック参加国のうち22 カ国から自国の代表的な樹木の種を持ち寄って育てた「見本園」があります。現在でも残っているのはオウシュウトウヒ、ヒマラヤゴヨウなど13種51本の樹木。後世に伝えていけるよう、大切に維持されています。オリンピック記念の宿舎とあわせて、代々木公園に来たら一度は見ておきたいスポットです。

体育の日の前後は、気持ちのよい秋晴れの日が多い印象があり、また連休なのもうれしいところ。いつもより多めに体を動かしたくなりますね。今年の体育の日は、地域のイベントなどに出かけて、スポーツや健康に目をむけてみる日としてはいかがでしょうか。

※掲載されている情報は平成29年9月現在のものです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。