健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|「むちゃくちゃ」「ちゃらんぽらん」 音から生まれた言葉

語源・由来|「むちゃくちゃ」「ちゃらんぽらん」 音から生まれた言葉

日本語には響きやリズムの心地よい言葉がたくさんあります。音のつながりが可愛らしい「むちゃくちゃ」や「ちゃらんぽらん」も、その中のひとつ。今回は、よく使われるこの2つの言葉をご紹介します。


日本語には響きやリズムの心地よい言葉がたくさんあります。音のつながりが可愛らしい「むちゃくちゃ」や「ちゃらんぽらん」も、その中のひとつ。今回は、よく使われるこの2つの言葉をご紹介します。

むちゃくちゃ

「むちゃくちゃ」には「常識外れで乱暴な」というような意味があり、比較的よく使われる言葉ではないでしょうか。漢字にすると「無茶苦茶」となり、客人にお茶を出さない「無茶」や、出しても「苦茶」だったりするような非常識な様を表していますが、実はこの「無茶苦茶」は音に漢字を当てた字です。漢字の意味がぴったりなので、当て字だったとは驚きですね。

「むちゃくちゃ」の「むちゃ」の語源は、仏教用語の「無作(むさ)」であるといわれています。「無作」とは、まったく手の加わっていない自然なもの、不格好である、という意味。この「むさ」の発音が変化していき、「むちゃ」になったのだとか。続く「くちゃ」は、「むちゃ」からの韻を踏んだ後付けの音であり、「くちゃ」自体には意味はありません。ただ、「くちゃ」と続けることによって、「むちゃ」の意味が強調されるという役目を果たしているようです。

他にも「無作」から始まった言葉には、「むさくさ」や「むしゃくしゃ」や「むさ苦しい」などあります。同じ語源でも、長い年月を経て発音などが少しずつ変化して、複数の言葉ができたようです。

ちゃらんぽらん

「ちゃらん」「ぽらん」は、それぞれ語尾に「ん」がつく韻を踏む語感がいい言葉ですよね。ものごとを適当にこなしたり、いいかげんで無責任な様子を意味する「ちゃらんぽらん」は、日本の俗語であり、実は正しい言語ではありません。俗語とは、公的に使われない隠語であり、ある種の地域やグループによって作られた言葉を指します。
もともとの言葉は「ちゃらほら」で、「ちゃら」と「ほら」が撥音化し、語尾に「ん」がついたことから「ちゃらんぽらん」になったといわれています。それでは、「ちゃら」と「ほら」に分解して、それぞれ由来を見ていきましょう。

「ちゃら」は、でまかせやいい加減な態度や発言のことをいいます。江戸時代から使われており、現代でもよく耳にする俗語です。例えば、勘定などをなかったことにするという意味で「ちゃらにする」、または、口先だけのお世辞という意味で「おべんちゃらを言う」など。最近では、いいかげんで軽そうな外見や態度を指す「ちゃらちゃらしている」を略した「チャラい」という言葉も流行りました。

「ほら」は、「ホラを吹く」に由来します。この「ホラ」は「ホラ貝(法螺貝)」のことで、ホラ貝は昔、軍隊での合図に鳴らされたり、山中での獣除けや、仲間との連絡に使われていた道具です。見た目よりも大きな音が出ることから、「大げさな」や口ばかりの「嘘」という意味合いを持つようになりました。
このことから、現代では「ホラを吹く」ことは「嘘をつく」というネガティブなイメージですが、ホラ貝は神聖な法具としても使われ、仏教では説法が遠くまで届くよう、仏様の持ち物にもなっていました。そのため、本来は「嘘をつく」という意味ではなく、事実や伝えたいことをより遠くへ届けるために大きな声で伝えるという意味だったといわれています。

ちなみに、“ホラ吹き”が “大ぼら吹き”になると、違った意味を含むのもおもしろいところ。大ぼら吹きは夢語りともいわれ、大きなロマンや大志を持った人を表す言葉にもなります。「大」が付くことで、ニュアンスがガラリと変わるのも、日本語ならではの奥深い一面ではないでしょうか。

韻を踏んだリズミカルな言葉である「むちゃくちゃ」と「ちゃらんぽらん」は、共にルーツは古いものですが、現代でもとてもよく使われているなじみ深い日本語になっています。それぞれの語源や言葉の成り立ちを知ることで、使うのが楽しい言葉になりそうですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。